<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

■立呑み魚平(茅場町) 〜茅場町界隈最強のセンベロ!ありえない100円台メニューに圧倒、圧巻

0

    VIP席。

     

     

    20170525 01

     

     

    かなり混雑した帰宅時間中の中央区なのに、

    恐るべし東西線。

     

     

    さて。
    そんな東西線で、門前仲町から1駅お隣の、茅場町。
    別部署の後輩Yがよく寄るという、立ち飲み屋に連れてってもらいました。

    こいつね、ほんと、金がないの。
    何せ、いい年こいた管理職が、新人部下にマックおごるの躊躇して悩むくらいだからね。

    金も甲斐性も度量もない。

    そんな甲斐性なしが連れてゆくというのだから、まあそんな店なのだろう。
    覚悟して向かう。

     

     

    場所は、茅場町から徒歩7、8分。

    シティエアターミナルからすぐのところ、

    だから、どちらかと言えば水天宮駅のほうが近いという、この「立呑み 魚平」。

     

     

    20170525 10

     

     

    「新鮮刺身160円」、とか恐ろしげな張り紙にたじろがざるをえない。

     

    ガラリ。

    入ってすぐの二人分の場所を陣取り、まずはメニューを確認。

     

     

    20170525 09

     


    いっやあ、すげーな、ここ。


    圧巻、とばかりに130円メニューが、ずらーっと並ぶ。

    壮観なり。

    何せ市場菜高くても200円台だ。

    お通しじゃねーんだから。

     

    で。

    あのさ、

    ぶっちゃけここ、味、どうなんよ?

    Yが即答。

     

    「いやあ、それなりに決まってるじゃないですかー。

    だって、自分がよく行くような店ですよ?」

     

    …あ、はい…ですよねー…。

     

     

    20170525 08

     

     

     

    とりあえず、瓶ビール行きましょう。
    まずは、乾杯ー。

     

    ぷはーっといったところで、はっと、気がついた。
    やばっ、

    俺コンビニでお金おろしてくるの、すっかり忘れてた!
    手持ちを見ると、3000円をきっている。
    しかも、今夜の相手はこの甲斐性なしときた。
    怖々とYにたずねる。
    お前、幾ら位今持ってる?

     

    「えーと、2000円…位ですかね」

     

    て俺より少ねーのかよ!

     

    「いや、でも多分大丈夫っすよ。

     いつもそんなんだし、意外と何とかなります、ここなら。」

     

    マジで?
    すげーな、さすが新鮮刺身160円。

     

     

    店内は大きめのコの字。
    まあ、いたって普通の立ち飲み屋といった趣だ。

     

     

    20170525 07

     

     

    アジ、180円。

    ジャンプより安い。

     

    …あれ、これ、悪くないやん。
    全然悪くないやん。
    確かに量は少なめだけど、ネタ自体はそれなりに新鮮だ。

    いや、これは明かに値段以上だろ。

     

     

    「いつも定番はこれですね」

     

    Yがもつ煮を頼む。

     

     

    20170525 05

     


    130円。
    缶ジュース並みの値段だ。

     

    「当たり外れの日があるんですけど、今日は割りと当たりですよ。」

     

    うん、確かによく染みた大根、
    臭みなく柔らかいモツは、決して不味いというものでは全然ない。
    これもお値段以上、間違いない。

     

     

    話も弾み、調子に乗って焼酎なども飲み始める。

    これも美味いんですよ、
    Yが頼んだのは、マグロの竜田揚げだ。
    180円。

     

     

    20170525 04

     

     

    あ、これヒットだ。

    いかにも揚げたてなさっくりした歯ごたえ、そして柔らかい中身。
    ボリュームもあって嬉しい。
    マヨネーズがよく似合う。

     

    本日のおすすめから、
    マグロキハダ刺。
    これも180円。

     

     

    20170525 03

     

     

    ああ、これ今日の一番かも。
    あぶらがのっていて、こりゃいいもんだ。

    値段隠したら、500円って言っちゃうかも。

     

     

    そうこうしてたら、程よく酔いも回ってくる。
    っておいおい、そういやそろそろ大丈夫なの?ふところのほう。
    これ、結構やっちゃったんじゃない?
    手持ち、ねーんだぞ俺ら。

     

    「えー?

     だーいじょーぶですよ、だーいじょーぶー。」


    ろれつが怪しくなってきたYが、赤ら顔で無責任に答える。

    マジかよ!?

     

    すんませーん、お勘定。
    カシャカシャ、チーン。

     

    3800円です。

     

    マジだったよ!!
    すげーなここ。
    すげーな茅場町センベロ界。
    さすがマックにも躊躇する甲斐性なしを喜ばせるだけはある。
    うん、こりゃ来たい。いや、是非とも来させてください。
     

     

     

    ☆お店データ
    ◆店名:立呑み魚平
    ◆ジャンル:居酒屋
    ◆場所:東京、中央区、日本橋、箱崎、茅場町、水天宮
    ◆住所:東京都中央区日本橋箱崎町21-6


    ■門前仲町の串屋横丁(門前仲町) 〜みそ焼きホルモン以外実は微妙!?それでもそこそこ使える大人のB級居酒屋

    0

      会議も終わったし、よっしゃー飲みいくべー。
      てことになりまして。

      職場の仲間と行ってきましたよ。

       

       

      20170208 07

       

       

      串屋横丁。

      前にここで挙げた後も、実は何度か行ってる、ここ。

       

      ■門前仲町の串屋横丁(門前仲町) 〜コスパ厨ご用達?安くてほどほどなモツ焼きで巨大ハイボールを

       

      知らなかったけれど、このお店が本店らしいです。

       

      で。

      賛否あんだけど、でもここ、そんな悪くない。
      そりゃあ諸手上げていい、とは言わないけれど、まあ意外と悪くはない。
      確かに、一見大人にしちゃあ少々品がないように思うだろうし、実際メニューの出来にムラがある。

      前にも書いたけど、微妙なもんもある。

      でもそれを差っぴいても、腹にもちゃんとたまるもの多いわ、それなりといえども食べれるわ、何よりお値段庶民にお優しい。
      なので、意外と使える。
      いや、そんな上から目線じゃ全然ないです。
      思いのほか使わせていただける。

      そんなお店です。


      入ると、2階績にご案内。
      小上がりの席は、丸テーブルで掘りごたつ式。
      狭い1階テーブルよりもこっちのがいいかも。
      お通しは、いつものたれキャベツ。

      別になんちゅーものじゃない。

       


      20170208 06

       

       

      まずはすぐ出てくる、ということで酢モツ。
      歯ごたえ、こりこり。

      そして、さっぱり。
      美味いかっつーと、それなりとしか言いようがないが、最初の酒の肴としちゃこんなもんだろう。

       

       

      20170208 05

       

       

      レバーフライ。
      これはジャンクだけど結構好き。
      レバーのクセが薄まってて、いいビールのアテになる。
      なんだろ、大人のビッグカツ、いや違うな、全然遠いな!でもそんな気分(笑)
      思いのほかボリュームもあるし、からしをつけてもアリだ。

       

       

      20170208 04

       

       

      煮込み。
      記憶に余りない。
      てか確かイマイチだった。
      さっぱりしていたような気がする。

      とにかく、良くも悪くも印象に残ってない。

      多分、後者。

       

       

      20170208 03

       

       

      みそ焼きホルモン。
      きましたね。
      もつ焼きセンターといったら、こいつ。

      これがチャンピオン。
      だって、そもそも味噌とマヨのコンビに酒が合わねーわけがない。
      で案の定、濃厚だ。

      出来ればもっとマヨが欲しい。
      てか米が欲しい(ぼそり)。
      え、玉子とからめる月見もあったって?
      今度絶対それにするわ。(あと半ライス)

       

       

      20170208 02

       

       

      ミノ焼き。
      うーん、これは…微妙だったかな。

       

       

      20170208 01

       

       

      炙りもつ。
      まあ、お値段レベルだけど、悪くはない。

      でも何か、物足りない。

      前に書いた感想通りで、美味い一歩か二歩前でだらけてる。

       

       

      以上、食ったり飲んだり。

      こうやって振り返って見てみると、みそ焼きホルモン以外さして美味いのがなかったね、という感じでもあるけれど(笑)、

      まあでもそういうお店ですよね、ここ。
      良くも悪くも(ほぼ後者な)大人のB級居酒屋。
      でも多分、また使わせていただきます。
       

       

       

      ☆お店データ
      ◆店名:門前仲町の串屋横丁
      ◆ジャンル:もつ焼き
      ◆場所:東京、江東区、門前仲町
      ◆住所:東京都江東区富岡1-6-10 富岡ヤマヤビル 1F


      ■五十鈴(門前仲町) 〜こじんまりとしてるが料理の美味い良店

      0

        久しぶりの、門前仲町飲み話ですよ。

        だってハナキンだもの。


        そうなんですよ、

        こないだお仕事の帰りにね、ちょーっと寄ろうかーつー話になりまして。

        ところが金曜の夜、どこに行っても満員御礼。
        お仕事帰りに一杯やってるおっさんばかり。
        ものの見事に、居酒屋難民。
        どうすんべ。

         

        ぶらぶらと永代通りの駅裏側を歩き、いつもの飲み屋通りをぬけて、ぽつんとやってたお店。

        「大衆割烹 五十鈴」。

        へえ。

        五十の鈴と書いて「いすず」だ。
        高柳家筆頭御庭番だ。
        あ、違うね、うん、全然違う。なんでもないこっちの話。

         

         

        こじんまりとした店内は、テーブルが3つか4つ、そしてカウンター。
        かなりこぶりで、言ってしまえば、狭い。
        店内の雰囲気は、いかにも常連ばかり、といった状況。

        ちょっと入りづらい感、ある。

        まあ飲んぢまえば関係ねーか。

        まずは生からもらおう。
        よーし今夜もパシャるでー…と思ったら、あららiPhoneが電源切れ。
        ああ、充電してくんの忘れちゃった。
        おかげで撮影がしづらい環境に。

        仕方ないので、会社支給携帯に変更。

        まだ余り使い方よく判ってない、AQUOSに。

         

        お通しは三種。
        なんだっけ、ええと忘れちゃった。

         

         

        20170207 07

         

         

        画像やたら縦長だなおい!


        ってことで、最初のオーダーは、芋煮。
        まずはこんなとこから。


        まあ、フツーですね、フツー。
        なんちゅーもんじゃない。

         

         

        20170207 06

         

         

        ここで飲み物はビールから焼酎に。
        黒糖焼酎、あるじゃないか。それもらおう。

         

         

        20170207 05

         

         

        ふぐのから揚げ。
        以前別のとこで食べたのとは違って、やわらかい。

        あっさりしているが、上品だ。

         

         

        20170207 04

         

         

        焼きサバ。
        あ、これはかなり美味いぞ!
        脂がのってて、たまらない。
        焼酎、こうなったらボトルでいこう。

         

        先の通り、店内はこじんまりしてるけど、でもここ、料理は悪くない。
        メニューも結構豊富だし、なんといっても魚が美味い。

         

         

        20170207 03

         

         

        アジフライ。
        なかなかのサクサクぶり。
        うん、いいじゃないか。

         

         

        20170207 01

         

         

        ハムカツ。

        って揚げ物ばっかだなおい。

        さっきからこいつ、揚げ物しかオーダーしてねーよ。

        まあ、美味しいですよねハムカツ。

        酒に合うしね。

         

         

        20170207 02

         

         

        カキフライ。

        ってまた揚げ物かよ!!

        カロリー摂取しすぎだろ。

        頼んだ6品中揚げ物4品って!

         

         

        結論。
        ああ、ここ、悪くないじゃないですか。
        料理もそこそこ美味いし、お値段も手ごろ、酒もそれなりだ。
        でも、居酒屋に望むレベルはしっかり達してる。
        時折寄るのには悪くない選択肢だぞ。

        揚げ物ばっかだったけど、今度は違うものも頼みたい。
        うん、また来るかと思います。

         

         

         

        ☆お店データ
        ◆店名:五十鈴
        ◆ジャンル:居酒屋
        ◆場所:東京、江東区、門前仲町
        ◆住所:東京都江東区門前仲町2-2-10 河田ビル 1F


        ■庄や 門前仲町店 〜以外と使える駅チカチェーン店居酒屋、こういうのでいいんだよこういうので

        0

          少しばかり更新が空いちゃってる間に、もう11月ですよ。
          11月。


          いい?
          もっかい言うよ、


          じ ゅ う い ち が つ 。

           

          しかも、もう後半戦、入っちゃってんの。

          今年も、もう1ヶ月ちょいやで。
          こないだまで、めっちゃ暑かったやん。
          覚えてる?
          ねえ、覚えてる?
          あのときのぼくたちを、覚えてる?
          うつろな目をしてだらしない体を一層ゆるめながら、まるで豚のような汗をだらだら流しまくっていた、あの頃のぼくたちを。

           

          それがなんですのこれは。
          寒いやん。
          フツーに、寒いやん。
          そういうの、違うから。
          秋、どこいったの?
          秋、なくなっちゃったの?

           

           

          20161019 06

           

          こんなんしてたら風邪ひくよ!

           

           

          仕方ないからね、過ぎ去りし秋をしのびつつ、大人はね、飲むんだこういうときゃ。
          ゆとり、飲み行くぞ。
          こいつ、彼女が出来てから、つきあいホント悪い。
          げへへっ、今夜はコイツ(小指)でして、みたいな感じで、つきあいホント悪くなった。
          だけど、今日はハナキンだ。
          たまには、強制的にも連れていく。
          え、金がねえ?
          バカヤロウ俺だってねえよそんなもん。

           

           

          「庄や」。
          限界LOVERS。
          ちげーよ、私は嵐でもねーよ。


          なんてこたあ、ねえ。
          ただのチェーン店安居酒屋。

          はいよろこんじゃう、あの「庄や」。
          こういうところでも、いんだよ別に。


          でもね、
          「庄や」は、意外と、使える。
          とくに柏じゃ、使える。
          尤も、ここは、門仲。
          それでも使えるチェーン店居酒屋、「庄や」。
          こういうところで、今日はいい。

          ビールから始める。
          どうせ職場飲みだ、気取っても仕方ない。
          トリナマ。
          とりあえず、生。
          まずはこいつからだ。

           

           

          20161118 02

           

           

          お、お通しが煮込みだ。
          嬉しいねえ、寒くなったら欲しいよね、煮込み。

           

          さあ、何食べよ。
          実は入ったときからチェックしてた。
          ほうぼうの刺身。
          これ、いこう。

          こういう嬉しいメニューがあんだよね、意外と「庄や」って。

           

           

          20161118 03

           

           

          うん、くにくに、さっぱり。

          いいじゃないか、海鮮もの、もっといこう。

           

           

          20161118 08

           

           

          子持ち昆布。
          ぷちぷちの食感。
          いいねえ、ビールおかわり。

          今度は瓶ビールで。

           

          って

          おーい、そこのおば、いやお姉さんー、聞こえてるかなー。

          瓶ビール1本と、グラス2つ。

          なる早でお願いねー。

           

           

          20161118 06

           

           

          はい、

          グラスだけ、なる早で出てきました。

           

          いや、

          中身がないとね、飲めないんだよねビールってさあ…。

           

          そんなところも「庄や」クオリティ。

          いいのいいの、気にしない。

           

           

          20161118 01

           

           

          気を持ち直して、カキフライ。
          いいねえ、こないだの「栄」の思い出すなあ。
          美味かったっけ。


          え、これ?
          うん、フツー。
          フツーに美味い。
          値段相応に、適当に美味い。
          でもいい、それが「庄や」だ。

           

           

          20161118 07

           

           

          トマトスライス。

          あれだよね、こういうのだと焼酎欲しくなっちゃうよねえ。
          いつもの一刻者、入れちゃおうボトルで。
          うん、どうせなら赤がいい。

           

           

          20161118 04

           

           

          瓶ビールをチェイサーに、話は弾んで仕事バナからラブバナへ。


          いやあ、女子がいると、こういう話の華やかさが違うね。
          何ナニ、髪切ったの、どんな理由よ?
          おっさんが部下に聞く。
          いやいや昭和かよ、と。
          いまどきそんなんで切らねーから。
          それよりあれだよ、
          冬のこのくらいの肩丈は、マフラーのポフがキレイに出来るんだ。

          あのポフ、いいよねえ。
          あのポフを嫌いな男子なんていません!(心の大野さん)
          あれに、おじさま、生まれ変わったらなりたい。
          7つのボール集めたら、神龍にお願いしたい。

           

           

           

          これこれ!こんなやつ!

          マフま研参照)

           

           

          と、こんな安っぽくて下らない話がマッチして盛り上がるのも「庄や」ならでは。

          いいよね、使えてほんと。

           

          そんなこんなで夜がふけていく、寒い11月のハナ金でありました。
           

           

           

          ☆お店データ
          ◆店名:庄や 門前仲町店
          ◆ジャンル:チェーン店居酒屋
          ◆場所:東京、門前中町
          ◆住所:東京都江東区富岡1-8-14 門前仲町レジデンス壱番館1・2階


          ■山幸(門前仲町) 〜出切れば初夏に来たかった!門仲で鮎の塩焼きで日本酒を

          0

             

            20161009 01

             

             

             

            門仲で鮎を食べてるはずが、

            気付いたら埼玉の僻地にいた。

             

             

             

            20161024 01

             

             

            (家庭に)嵐を呼ぶオラの瞬間移動。

             

             

             

            おでんで飲みたい。
            そんな話になったんですね。
            ほら、夜、結構冷えるようになったじゃないですか。
            するとそろそろ暖かいのが、欲しくなる。
            ようやく夏のクソうだるあっちーの終わって、湯気出るのが恋しくなる。
            おでん、
            ほっこりとそういうので飲みたい。
            そんな話になった。

             

            「おでん」といえば、ここ(門仲)じゃあ「千松」だ。

            そうそう、ここ、ここ。

             

             

            20161024 13

             


            がらっと入ると、あらら、まさかの満席。

            困った。
            どこにいこう。

            おでん難民や。


            おでんを求めて、飲み屋通りを歩く。
            すると目に入ったのが、このお店。

             

             

            20161024 12

             

             

            店先のメニューをチェック。

            あるじゃないか、おでん。
            よし、ここにしよう。

             

             

            20161024 02

             

             

            狭い店内は、カウンターと2つのテーブルのみ。
            しかも、囲炉裏のテーブルだ。

            女性二人がきりもりしてる。
            静かな落ち着いた店内。

             

             

            20161024 09

             


            いいねえ、囲炉裏。
            うちにもあるんだ実は囲炉裏。
            ちゃぶ台代わりに、和室にある。


            囲炉裏の前に腰掛け、まずはお目当てのおでんだ。

            え、

            もう売り切れ?
            売り切れって、まだ夜の7時だよ!?

            いつ売り切れたんだよ。

            あー、

            参ったな、

            おでん、食べられないの?


            実はお店入ってから知ったが、どうやらここは、鮎のお店らしい。
            へえ、鮎、かあ。
            少々時期じゃあないけれど、鮎、ねえ。
            成る程、よく見れば確かに内装にも「鮎のお店」感が漂ってる。

             

             

            20161024 06

             


            しかもメニューには、甘露煮からうるかまで揃ってる。

            どうしよう、
            じゃあ、鮎のつみれ鍋。
            これもらおうか。
            あとビールね。
            瓶、1本。

             

             

            20161024 11

             


            お通しは、ツナサラダ、かな。
            うん、そんな感じ。

             

             

            20161024 10

             


            落ち着いた店内は、時間が止まったような感じ。
            うん、いいじゃないか。
            もれなく出された、鮎のつみれ鍋。

             

             

            20161024 08

             


            うん、おでんじゃないけれど、こういうのが欲しかった。
            暖かいものが欲しかった。
            こういうので一杯やりたかった。
            んじゃ、いただきまーす。

             

             

            20161024 07

             


            ダシのきいた汁に、野菜の甘み。
            そしてほろほろのつみれが、美味い。
            ほんのりきいた苦味も、いい酒の肴だ。
            うん、これは濃い酒だな。
            どうやら日本酒も揃っているご様子。
            でも、今日は焼酎飲みの人と一緒なので、そちらにあわせて焼酎に。
            どうせなら1本入れよう。
            ロックでね。

             

             

            20161024 05

             


            あと子持ち鮎の塩焼き、いただこう。
            鮎専門店に来たら、そりゃあもう頼むでしょ。


            しばらくやってると、焼いた鮎をもって誰かがお店に。
            どうも別で焼いているようだ。
            たっぷり卵の入った、ふくれた鮎。
            あの独特の香りはそうはないから、養殖なのかな。
            どっちでもいい。どうせわかんねーから。

             

             

            20161024 04

             


            蓼酢でいただく。
            身はふっくらで、やわらかい。
            時期ハズレでも十分にいける。
            こいつをゆっくりとハシでつつきながら、焼酎を飲む。
            これがたまんない。
            いつまででもやってられる。
            ホントは日本酒なところだろうけど、でも、いいの今夜は。
            焼酎ロックで、鮎。全然、いい。

             

             

            20161024 03

             


            でもそのせいで、案の定、深酒。
            瓶1本空けるころには、もう大虎。
            ものの見事に埼玉行き。
            でもいいの、ハナキンだもの。
            また来たいなあ、でも出来れば旬に。
            初夏に、ここ来たかった。
            しかも、できれば日本酒で。
            鮎といったら、そりゃあ日本酒だ。
            来年の6月、また来ます。勿論、今度は日本酒で。

             

             

             

            ☆お店データ
            ◆店名:山幸
            ◆ジャンル:居酒屋、鮎、
            ◆場所:東京、門前仲町
            ◆住所:東京都江東区富岡1-4-5
             


            ■雷電(門前仲町)(4) 〜行ってないのか「雷電」!?門仲の三面軒の一角といえばここ

            0

              バトル要員がやっと加わったのはいいけど、随分設定古臭いなおい!

              (今週の挨拶)

               

               

              はい、いい加減「朝霧JAM」ネタからはもう離れますねー。

               

               

              20161010 42

               

              (ポケスポットかよ!)

               

               

              こないだのこと。

              会議の後だし、ちょっと寄ってくかー?
              なんて話に職場でなりましてね。


              そんなわけで、今回は門前仲町ネタなんですけどね。

              お店、さて、どうしようかと。

              こういうときはゆとり、
              お前どっか決めろよ、行く店を。
              え、どこも空いてない?
              じゃああそこにしよう、「雷電」。

               

               

              ■雷電(門前仲町)(3) 〜「雷電」童貞のための、正しい「雷電」攻略法

               

               

              うん、久々の「雷電」だ。

              いつぶりだろう、かなり久しぶりだ。

               

              って、

               

              行ってないのか「雷電」!?

               

               

              20161014 11

               

               

              行ってないのだ、「雷電」。

               

              いや、別にバトル要員ってわけじゃないんですけどね。
              そういえば行ってないんだよね、最近こっちの方面。

               

              門前仲町の駅裏通りの飲み屋街。

              その一角に名店がひしめいている。

              なかでも「三面軒」つったら、ここらじゃ

               

              「雷電」、

               

              「(夕)月光」、

               

              「飛燕で坊」

               

              のことだ。

               

               

              20161014 10

               

               

              うん、嘘。
              ごめん、完全にウソ。今考えた。
              でもね、門前仲町の名店は、確かにここら一角に固まってる。
              それは、ほんと。

               

              店はせまいが煮込みが美味い「夕月」、

              何頼んでもフツーに美味いが嬉しい「ひで坊」

              そして、ここ「雷電」も、イイ。


              「雷電」ときたら、あーた、刺身、ミートボール、それから天ぷら。
              なかでもここの天ぷらが、美味い。
              名物油風呂で揚げってから。

              うん、それも勿論、ウソ。

              いやもうそんなつまんねーこたあいいや、入った入った。

              小粋な縄のれんをくぐって、扉を開ける。

               

               

              20150515 04

               


              早速、靴を脱いで小上がりに。
              そう、これがいいんだ。
              おばあちゃんち。
              完全に田舎の、おばあちゃんち。
              これが、嬉しい。

              まずはビールで乾杯だ。

               

               

              20161014 09

               


              うん、暑かったし、もう今日はみんな生でいいよね?
              んじゃ、乾杯だ。

              お通しは、厚揚げ。
              シンプル。
              いーんだよ、お通しはこういうので。

               

               

              20161014 08

               

               

              まずはマグロの中トロからだ。

              これが、美味いんだ。
              いいとこ、使ってる。

               

               

              20161014 07

               

               

              「シメサバ」。
              ちょっと、見てくださいよ。

              この輝き。

              夏の海辺の童貞の目くらい、ギラッギラしてる。

              真ん中のいいところがきましたよ。
              しかも、脂がよくのってる。
              こりゃあ美味い。
              ごめん、いつもそんな大して美味いと思ったことなかったけど、
              今日は当たりだ、大当たりだ。

               

               

              20150515 06

               

               

              「ミートボール」。

              写真取り損ねたから、前のを再利用。
              ごろっ、とくるんだ、ここのミートボール。
              酸味の利いた甘辛のソースをからめて食べる。
              ぎゅうっと凝縮した肉汁が、じゅわっと染みる。
              美味いねえ。

              濃いのが、つい飲みたくなる。
              焼酎ロックもらおう。

               

               

              20161014 06

               


              「マカロニサラダ」をつつきながら、ちびちび、いただく。

               

               

              20161014 05

               


              そうこうしてると、本命の「キス天」だ。

              さっくさくで、これが本当に美味い。
              塩でぜひいきたい。

              でもそろそろおっさん連中、オイリーさに負けてくる。
              え、歳だって?
              やかましいわ!!
              大人はな、そろそろまったり行くもんなんだよ。

               

               

              20161014 01

               

               

              「お漬物」。
              いい漬け具合だ。

               

               

              20161014 03

               

               

              「らっきょう」。
              ハシ休めにいい。

               

              え、ゆとり、腹減った?
              お前さっき、天ぷら食ったじゃん!
              仕方ねーなあ、腹ぁたまるやついっとけよ。

              え、焼きそば?

              んカーっ!

              やっぱセンスっつーもんがないねお前は。

               

               

              20161014 04

               

               

              「焼きそば」。
              オーソドックス。
              だけど、こういうのはこれでいいじゃないか。

              え、さっきdisったばかり?

              うっせーなあ、お約束だよ、お約束。

               

               

              20161014 02

               

               

              以上、久しぶりの「雷電」。
              いやあ、さすがやね。
              さすが三面軒だ、民名書房ミシュラン店だ。
              うん、勿論ウソだけど。
              また来ます。
              今度はもうちょっと間をあけずにね。

               

               

               

              ☆お店データ
              ◆店名:雷電
              ◆ジャンル:居酒屋、
              ◆場所:東京、江東区、門前仲町
              ◆住所:東京都江東区富岡1-3-10


              ■クロモジヤ(門前仲町) 〜門仲の出来たてホヤホヤバルで、塩レモンサワーと大山鶏を

              0

                ルース・ベネディクトの「菊と刀」を和製GUNS N' ROSESとかいうのやめろよ!
                (9月最後の挨拶)

                 

                なんだか9月が終わっていくようですけど、こんな暑いやつもういいです。お前なんてもう知らん!

                 

                 


                いつもの「栄」にね、行こうとしたんですよ。

                 

                「栄(門前仲町) 〜門仲の穴場名居酒屋。やべっ、うわ、ここあれ、マジここウマwwwww!!」

                 

                うちの職場のゆとりのバカがね、彼女呼んでもいっすかあ?とかヌカしやがるんで、じゃあってな流れになりまして。
                いつも、つっても実んとこ、ここ2ヶ月くらい行ってない。
                ナニゲに久しぶりだよねー、この時間だと混んでっかなー、とか話しながら向かったらですね。
                で、
                その手前並びに新しいお店が出来てるんですわ。

                 

                 

                20160930 08

                 

                 

                黒もじゃ?

                え、「黒文字屋」?

                 

                いわゆるバルといった感じだ。

                へえ、なんてちょろっと覗いてみる。
                ここ、いつ出来たんですか?

                 

                「数日前からです。」

                 

                スタッフさんが答える。
                あれ、ここ前なんだったっけ、思い出せない。
                てかここ、そもそも何のお店なんですか?

                 

                「大山鶏と塩レモンサワーがおいしいお店です。」

                 

                塩レモンサワー?
                大山鶏?
                よくわかんねーなそれ。美味さ伝わりづらいなーそれ。
                でも、こじゃれた感じ。
                若者達が来る前に、一杯二杯、冷やかしで頂いていきますか。

                 

                 

                20160930 03

                 

                 

                少し詳しいお店紹介を。
                門前仲町の駅から出て木場方面に永代通りを少し歩き、薬屋さんの角を左折。
                そこからおよそ数十メートルといったところか。
                富岡八幡宮門前、ラーメン屋さんの隣、
                いつもの(最近ご無沙汰だけど)「栄」の少し先にあるのが、新しく出来たこちら。

                店内は奥に長い作り。
                1階はカウンターと奥にテーブル席。
                それから二階はテーブル席が数席といったところか。
                内装はウッドを活かしたこじゃれた感じ。照明はやや暗めで、この位が丁度いい程度。
                うん、雰囲気は悪くない。


                さて、じゃあもらおうか、そのご自慢の「塩レモンサワー」とやらを。

                 

                 

                20160930 02

                 

                 

                ほほう。
                ソルティードッグ的なやつが出てくる。
                そう、グラスの淵に塩ついてるやつ。
                へえ、これがそのご自慢の「塩レモンサワー」ですか。


                では、乾杯。
                ぐび。

                 

                ああ、成る程。
                フレッシュなレモンサワーに、塩が加わることで一層すっきりかつ味わいの強調がなされてる。
                暑い夏とかに飲みたいやつね。
                ふーん、成る程。

                まあ…、

                一杯飲めばいいかな、うん。
                おっちゃんはそんなもんより焼酎いきたい。
                黒霧でいい、ロックでもらおう。

                 

                 

                20160930 05

                 

                 

                お通しの、ポテサラ。

                 

                 

                20160930 01

                 


                「栄」じゃ出なそうな、オサレなやつや。
                菊、あっからね。ルース・ベネディクト。

                 

                あ、つまみのオーダーね、はいはい。
                うん、あと何つったっけ、大山鶏。

                そう「おおやまどり」。
                え、「たいぜんどり?」っていうの?
                何すかそれ、お兄さん。

                 

                「北のほうとかじゃないです。」

                 

                消去法かよ!

                いやいや、お兄さん。
                それ答えになってねーから。
                自分のお店のウリくらい覚えていこうよ!

                 

                まあいいや、それ頂戴。
                皮とレバー。おいしいとこ、頂戴。

                 

                 

                20160930 10

                 

                 

                あらら、彩り豊か!
                菊とか飾っちゃってますわよ。ルース・ベネディクト。


                大体串焼きで言うとこの、2〜3串ぐらいな量でありましょうか。
                それを薬味とお花ふんだんにオサレに飾ったら、一皿600円ですよ奥様。
                あ、でもね、

                確かに美味いわこれ。
                脂ののった厚めの皮も美味いけれど、柔らかくてふんわりとしたレバーが、とくにイケる。
                そういう意味じゃあ、値段相応といえるのかも。
                お皿も、盛りつけもキレイで女子には受けそう。
                うん、お皿がいいってのはポイント高いよね。こういうところでは。

                 

                 

                20160930 09

                 

                 

                レバー、美味い。

                美味いから、焼酎お変わりしちゃおう。

                 

                 

                そうこうしてると、若者バカップルのご入場。
                バカップルっつーか、フツーにバカだからね、この彼氏は。
                こないだ信号待ちしていて、あれーフロントガラス汚れてんなー、ハンドル横のレバーをカチャカチャ。
                あれ、ウォッシャー液出てこねーなー、切れてんのかなー、

                カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ…
                いきなり前のワンボックスから勇ましく踊り出てきたヤンキーに

                 

                「テメエ!何パッシングくらわしてんだコノヤロウ!!!」

                 

                危うくボコられそうになる位のバカだからね。
                ほんと、バカ。ザ・バカ。人の形をした、ゆとり。
                いいよもう、ほらおまいら、鶏でも食えよ。
                皮、余ってっから。お前のと同じだよ、いや、何でもないから食えよ。
                で、塩レモンサワー飲んでろや。

                うん、フツーに美味いでしょ、フツーに。

                 

                「でも一回飲めばいいやつっすねー。」


                判る、判る、さっきやったそのくだり。
                もうそれ終わってっから。

                で、バカのくせにいい子、連れてんだ。
                愛想のいい勿体ない子、連れてんだ。
                まあ、いいや、飲めや。うん、俺らおっさんも飲むから。
                焼酎もらおう。
                てか、ボトル入れようよ。

                 

                「すみません、ボトル、やってないんです。」

                 

                えー、じゃ、今日からやろうよ。

                 

                「すみません、ボトルまだないんです」

                 

                えー、じゃ、今からやろうよ。

                 

                「すみません、一升瓶しかないんです」

                 

                えー、それ準備不足じゃないの?

                もういいよ、ロックもらう。
                あとおまいら、何か食え。

                 

                 

                20160930 06

                 


                豚の角煮
                トッロトロ。
                箸で切れる。
                柔らかくて、しかも美味い。
                豆腐も一緒に食べると、一層に美味い。
                厚手の黒い皿もいいじゃないか。

                 

                 

                20160930 04

                 

                 

                焼きそば。
                太麺の塩焼きそばで、さっぱりしている。
                ごろっとした野菜もいいし、食いでもある。
                薬味もネギってのがいい。
                そしてやっぱり、お皿もいい。
                うん、これも悪くないぞ。って糖質やん!
                大山鶏より一品もののほうが充実度高いあるくらいだ。

                 


                結構、飲んだ。
                でもまだ全然飲み足りないくらいだ。
                だからボトル入れてくれって言ったんだ。
                4人で2万円弱。
                少しいったな。ま、いいや、楽しかったし。
                でもねえ、なんていうかもう少しインパクト、欲しいわなお店的には。
                次は…どうだろう、「栄」、行っちゃうかも…なあ…。
                 

                 

                 

                ☆お店データ
                ◆店名:クロモジヤ
                ◆ジャンル:バル
                ◆場所:東京、門前仲町
                ◆住所:東京都 江東区 富岡1-11-7


                ■りっかさい沖縄(門前仲町) 〜過ぎゆく夏の夕べに三線聴きつつ沖縄料理で泡盛を

                0

                  おいおい、二週目でニセコイが数年かけたことチャッチャと通り過ぎちゃったよこの短命感しかないエロマンガ要員!(今週の挨拶)

                   


                  さて、そんなわけで8月も終わっていくわけですけどね。
                  あれだよねえ、夏って、その最中では「もうええわー、夏!」とか言っちゃってるくせに、終わっていくとほんのり寂しくなるもんすよねー何故か。
                  夏の、終わり。
                  過ぎ去っていく夏をほんのり惜しみつつ、飲む。

                  そんなちょっとセンチな夜にぴったりなのが、沖縄料理飲みですよ。
                  夏の終わりの、沖縄料理で一杯。

                  出来たら店内で三線弾く沖縄民謡の生演奏とか時折あったりしてさ。

                  で、それに耳傾けながら泡盛いただくの。

                  いや、ちょっとこれ、かなりアリじゃないですか!

                   


                  いやね、実を言うとこないだ職場の歓送迎会がありまして。
                  で、行ったお店が丁度そんな感じの沖縄料理屋さんだったんですわ。


                  場所は、門前仲町。
                  永代通り沿い、「博多劇場」のおとなり。
                  なんでも最近出来たらしい。
                  そういえば、以前葛西にボルダリング行ったときに寄った、葛西駅前の「利葛西」。
                  ここは、そこの姉妹店だとのこと。
                  こっちはひらがなで、「りっかさい」。
                  へえ。
                  まあ行ってみましょうや。

                   

                   

                  20160831 16

                   

                   

                  今回は、コースで40000円のやつ。
                  飲み放題つき。

                   

                  ふーん、コースねえ。
                  だって、居酒屋のコースものなんて、キホン大して期待出来ないじゃない。
                  鍋があってさ、刺身の盛り合わせがあってさ、あとは何?
                  テキトーなサラダとか揚げ物とかな。
                  で、安酒チューハイで飲み放題。
                  大体、どこでもそんなイメージじゃないすか。
                  所詮はみんなでのイベントだからね、こういうもんだよね、文句つけてもしゃーないよね、と。

                  でもここはちょっと違った。
                  勿論イイ意味で。

                   

                   

                  20160831 15

                   

                   

                  引き戸をくぐると、奥に長い作りの店内。
                  入り口からずらっと並ぶ泡盛。
                  内装は、うーん、葛西のほうが広いしオシャレだったかな。
                  まあいいや、そんなの。

                   

                   

                  20160831 13

                   

                   

                  テーブルにつくと、いきなり出てきた、もずく酢と、海ぶどうのサラダ。
                  いかにもだねえ、沖縄だねえ。

                   

                   

                  20160831 14

                   

                   

                  メニューをチェック。
                  飲み放題のお酒も、ビールからしっかり泡盛まで入ってる。

                  てか、泡盛が結構充実してるっぽい。

                  正直、何がいいのか悪いのかよくわかんないけど、でも種類は豊富だ。

                   

                   

                  20160831 12

                   


                  まずは沖縄といえば、オリオンビールでしょ。
                  定番。
                  苦みの少ないスッキリビール。
                  まずはこいつで乾杯だ。

                   

                   

                  20160831 11

                   


                  次にドカンと出てきた、天ぷらの盛り合わせ。
                  沖縄の天ぷらって、こっちよりなんていうか、衣がモコモコしてる。
                  これもそんな、よくあるサックリほろほろのものではなく、ぼってりとした衣の分厚い天ぷら。
                  なんつーか、これ…フリッター?
                  とまあそんな感じで、衣に味も少しついている。
                  だから食いでがあるし、ビールの肴にあう感じ。

                   

                   

                  20160831 17

                   

                   

                  具は、ええと、イカに、ゴーヤに、紅いもに、もずくのかき揚げに、

                  この白身魚は…なんだろ。
                  まあいいや、塩で食べる。
                  へえ、もずくのかき揚げ、美味しい。
                  あとゴーヤの天ぷらも、いいかも。
                  苦みがいい肴になる。

                   

                   

                  20160831 10

                   

                   

                  さて、沖縄料理といえば、ゴーヤチャンプル。

                  これも定番だ。

                   

                   

                  20160831 09

                   


                  勿論、お肉はスパム。
                  そして、ゴーヤがこれでもかっつーくらいに、たっぷり。
                  今夜はゴーヤ尽くしだ。
                  泡盛、早くもいっちゃおう。

                   

                   

                  20160831 07

                   

                   

                  すると、お店の入り口付近にセットされた椅子に、三線を抱えたおっちゃんが登場。
                  沖縄三線ライブが始まる。

                   

                   

                  20160831 08

                   

                   

                  ああ、これこれ。

                  これですわ。
                  三線で沖縄民謡聴きながら、沖縄料理でゴーヤつつきつつ泡盛一杯。

                  島唄よぉー風にのりぃー、なんてあわせて口ずさんじゃったりしてさ。

                  で泡盛、くいっとやっちゃう。

                  これ、気分がいい。
                  めっちゃいい気分だ。

                  夏の終わりに、これがやりたかった。

                   

                   

                  20160831 06

                   


                  お刺身の盛り合わせ。
                  うん、まあフツーだねこれは…

                  って、
                  真ん中のこれ、何?
                  え、コブダイ?
                  コブダイって、

                  あの北斗の拳のZ(ジード)みたいなやつ?

                   

                   

                  20160831 18

                   

                   

                  へえ…。
                  うん、味は…
                  …うーん(笑)。
                  まあ、珍しい…から…ってことで…ね…。

                   

                   

                  そんなこんなしてると、お、ようやく出ましたよ、豚肉様。
                  いいねえ、アガるねえ、らふてー。
                  らふてーっ!らふてーっ!(METALLICAのパペッツ調に叫んで)

                   

                   

                  20160831 05

                   


                  て、え、これ一人につき一皿くれんの?
                  マジで!?
                  こりゃあ泡盛飲まないと。
                  泡盛ロック、おかわりね。


                  すだちをかけて、それでは。
                  うわ、肉、柔らかっ!
                  ハシがするっと入る。
                  うん、美味しい。

                   

                   

                  20160831 03

                   

                   

                  これは…ええと、豆腐とトマトと…え、へちま?
                  だって、ヘチマだよ?
                  だってもへちまもないの、あのヘチマだよ?


                  恐る恐る…。

                   

                   

                  20160831 02

                   

                   

                  へえ、味噌味だ。
                  やや甘口の味噌炒めだ。
                  で、その味噌にからむヘチマは、とろっとろ。
                  しかもトマトの酸味も程良く効いてる。
                  ああ、これはアリだ。
                  ヘチマの炒めもの、アリだ。
                  え、なーべらーって言うの?
                  初めて知った。
                  向こうでは割と知られた食材なんだ、へちまって。


                  ふう、さすがにそろそろお腹も一杯だ。
                  40000円のコースもので、このクオリティとボリュームはいいじゃないか。
                  〆に沖縄そばが来る。
                  もう一杯くらい、泡盛いっちゃおうかな。

                   

                   

                  20160831 01

                   

                   

                  最後のデザートはシャーベット。
                  (写真取り損ねてしまいました)
                  これは女子にお渡し。
                  スイーツと酒はちょっとねえ。
                  それにいい加減糖質取りすぎた。

                   


                  全体的に、料理は気取らない沖縄家庭料理って感じですかな。

                  こじゃれてはいないけど、リーズナブルで親しみやすい。

                  そんなお店のような気がしたかな。
                  何より、お店開店したばっかりだから、今んところサービスも料理もしっかりふるまってくれる。
                  このクオリティ、ずっと保って欲しいねえ。
                  今回は職場の飲み会だったけど、今度は少人数で来たい。
                  島唄とか三線で聴きながら、ゆっくり飲みたい。
                  泡盛片手にね。
                  また来まーす。

                   

                   

                   

                  ☆お店データ
                  ◆店名:りっかさい沖縄
                  ◆ジャンル:沖縄料理
                  ◆場所:東京、門前仲町
                  ◆住所:東京都江東区富岡1-6-3 佐藤ビル 1F


                  ■串かつでんがな(門前仲町) 〜金欠金夜なら全然アリ!意外と楽しい、格安チェーン店で串カツビール

                  0

                    あたしね、

                    一昨日、MBのニコ生見ながらウチで飲んでいたんですよ。
                    普段賑やかな家の中が、何故かこの日の夜だけシーン、としてましてね、

                    やだなー、寂しいなーって思ったんですよ。
                    そこでMBがですね、今期のユニクロのデニムシャツの出来がすごくいいなー、とか言い出したんですね。
                    何でだろ、不思議なことにあたしも何故かそれ欲しくなっちゃった。
                    で翌日、早速お店行って買ったんだ、ええ。
                    あたしもすっかり嬉しくなっちゃってね、その翌日に着ていった。
                    でもね、
                    なんかおかしい。なーんかおかしい。
                    街中でいやーな視線を感じるんだ。
                    おかしいなー、変だなー。
                    何かあたしの後ろにいるのかなーって、段々怖くなってきちゃった。
                    で、ウチに帰って服脱いだら、そこであたしもうビクー!って驚いちゃいましてね。
                    ああ、見ちゃった…わかっちゃったんだ…。
                    あたしの首の後ろにね…

                    あったんですよ、

                     

                     

                    20160824 09

                     


                    サイズシールが…!

                     

                    「ギャアアアアアー!」

                     

                     

                    って、前置きなげーよ!
                    さあ、そんなドMなユニバレ&性癖晒し羞恥プレイはさておいて、8月下旬ですよ。

                    それでもまだ続く、暑い日々。

                    もうオマエらいい加減いいだろ、夏は、と。

                    正直、もう飽きただろ夏は、と。

                    たいがいにしとけよと。
                    そんなコボしたくなるような夜はもうあれだ、串カツビールだ。
                    少し疲れちゃった体に、カツ入れないと。

                    夏に打ち勝つためにクシカツ入れないと。

                     

                    場所は門前仲町。
                    永代通りから一本入った通りにある、こちら。
                    最近ここらにもちょいちょい見る、串揚げチェーン店「でんがな」。

                    木場駅のすぐそばにも、実はある。(行ったことないけど)

                    え?チェーン店?

                    バッ、違うの!いいんだよ、お財布が寂しいときは、こういうとこで。

                    金欠の金夜は、こういうとこが一番いんだよ。


                    店内は全体的に安っぽい。

                    オッケー、アリアリ。そう気張って構えるところじゃない。
                    壁にズラリと貼られまくるメニュー。
                    さあて、どこから片付けてやっか。
                    でも何はさておき、まずはビールだ。
                    瓶でいこう。
                    まとめて4本、いってみよう。

                    一人1本やっつけてこう。

                     

                     

                    20160824 08

                     

                     

                    壮観なり。達観なり。

                    気分がいいね。のってきたよ、おっちゃんも。
                    んじゃ、盛り合わせ、ある?
                    あ、5本セットね、それでいこう。

                    あとは、おい、ゆとりとアニオタ、オマエら下っ端で適当に頼んどけや。

                     

                     

                    20160824 07

                     


                    牛、チキン、ウインナー、もち豚、メンチカツ他。

                    まずは適当に、各自食べたいものを選んでいくとしよう。
                    牛、

                    うん、まあこんなもんでしょ。
                    チェーン店の串揚げ屋だ、別にそんな大層なもの求めてない。
                    美味いとこ行きたかったら他所にいけ。
                    そんな感じだ。


                    へえ、夏のセットものもある、それいこう。
                    はも串、いいねえ、じゃあそれも。
                     

                     

                    20160824 06

                     

                     

                    どんどん出てくる。

                    ああ、賑やかだねえ、
                    段々楽しくなってくる。
                    ん、味?
                    だからあれだよ、フツーだ、フツー。

                    これつって別に書くことないレベルのフツーっぷり。

                    ザ・フツー。

                     

                    さて、こうなるとあれだ、頼まずにいられないのが例のブツだ、紅生姜だ。
                    これがイケるんだよねえ。

                    あとは、え?エリンギ?

                    いいねえ、それも人数分で。

                     

                     

                    20160824 04

                     

                     

                    野菜もいっとこか。
                    アスパラ、いいねえ、夏やねえ。

                     

                     

                    20160824 03

                     

                     

                    そろそろ濃いのが飲みたくなる頃合いだ。
                    一刻、いっこく?

                     

                     

                    20160824 05

                     

                     

                    え、「いっこもん」?

                    バッ、し、知ってるよ!そういうアレじゃねーし!(大慌て)
                    ボトル、うん、入れようよ、どうせなら。

                     

                    煮込み。
                    誰だよ頼んだの、
                    え、アニオタ?お前判ってるじゃないの、三次元のこと。
                    しかもこれ塩煮込みだって。いいねえ、美味いねえ。
                    でかしたよ、アニオタ。童貞のくせに。
                    柚子胡椒効かせるとなかなかイケる。

                     

                     

                    20160824 02

                     


                    肉吸いうどん。
                    あ、これ美味しい!
                    さっぱりとしてて、するっと入る。
                    え、糖質?
                    しょうがないよ、するっと入っちゃうんだもん、
                    不可抗力、不可抗力。

                    どうせハナキンだ、
                    どんどん行こう。もっと行こう。

                     

                     

                    20160824 01

                     

                     


                    え、もう焼酎なくなっちゃった?
                    バカヤロウ、頼めばいいんだよ、あともう1本。
                    いや、2本にしよっか。
                    いいの、いいのどうせハナキンだ。

                    え、あと職場から二人合流?

                    いいじゃないの、ハナキン、ハナキン。


                    …てね、
                    そんな感じであたしやってたらねえ、
                    もう…とっくに終わってたんですねえ…終電が…

                     

                    「ギャアアアアー!」

                     

                     

                     

                    ☆お店データ
                    ◆店名:串かつでんがな(門前仲町店)
                    ◆ジャンル:串揚げ・串かつ(チェーン店)
                    ◆場所:東京、門前仲町
                    ◆住所:東京都江東区富岡1-3-3 富岡塚本ビル 1F


                    ■ひで坊(門前仲町)(3) 〜今回は少々オーダーミスあり。でも基本「フツーが美味い」安定の居酒屋

                    0
                      2016年3月、日本は年度末の炎につつまれた…。
                      しかし社畜は死滅していなかった!

                      クライアントの指先一つで…


                      20160328 02






                      てことでこのクソ忙しい中、もう死んでいるのに「ひで坊」行って飲んできましたよ。

                      ひでぼぅっ!


                      20150320 02


                      以前にもとりあげたことのある、こちらの、ひでぼっ。
                      (てかこのお店の外観写真自体、そのときの使い回しですハイすんません…)

                      場所は、門前仲町の駅裏。
                      飲み屋ひしめく通りのなか、知っているのか「雷電」や孤独のピーマングルメ「庄助」、「夕月」や「太陽」などなど名だたる名店の一角に一緒にあるのがこの、「ひで坊」。
                      いちいちフツーなんだけど、いちいちフツーに美味い。
                      別段驚くようなものでもないんだけど、でもなんとなく、美味い。
                      何を頼んでも「フツーよりちょい上狙い」が嬉しい、そんな安定のひで坊クオリティ。
                      しかも安めというのも、嬉しい限りだ。


                      ひで坊(門前仲町) 〜安くて量もあり値段以上に普通に美味い、そんな普通が嬉しい王道居酒屋 | フリーライター黒崎正刀の、飲んだくれ手記
                      フツーに美味しい、フツーにいい下町居酒屋(勿論いい意味で!)


                      この「ひで坊」に、今夜は同僚3人で、ご来店。
                      なおスペード様は経絡秘孔「クレーム対応」を突かれて(突貫)、すでにご臨終。


                      20160328 01


                      ヒャッハー、麦水だあー!
                      乾杯ー。





                      ここに来たら何故かいつも頼んじゃうのが、チョリソー。
                      ビールに合うんだ、これが。
                      くうう、たまんねえ。
                      酒、うめえよおおおおおー!(心のハート様ご乱心)


                      20160328 09


                      ビールおかわり。
                      もうね、ダメ!
                      全然、ダメ!
                      年度内に報告書仕上げてやんよとか息巻いていたけどね、
                      あーもー絶対、ムリ!
                      出来ない!飲む!飲んでやる!

                      (リハク)「虚勢、モツか…」


                      20160328 06


                      そう、「ひで坊」といったら、煮込みですよ。
                      ここの煮込みは、マジ美味い。
                      正直、向かいの「雷電」に、これだけは勝ってる。
                      遙かに圧勝。
                      思わず二皿、頼んじゃう。


                      20160328 08


                      タコ刺。
                      そう、ここは刺身が旨いのね。
                      でこれもまた新鮮で、美味い。こりゃあ濃いやつ欲しくなるなあ。
                      焼酎もらおうか。
                      ん?まだ何か誰か頼んだの?


                      20160328 07


                      タコの塩だれ。
                      ってバカ!かぶってんじゃんか、完全に!
                      誰だおいこんなん頼んだの。
                      考えてオーダーしろよ。
                      いやちゃんと食べるよ、食べっから。

                      ん?
                      いやこれ、ネギと塩だれがマッチしてんじゃん。
                      うん、焼酎にばっちり合うじゃないか。
                      これヒットだよ。
                      誰だおいこんなん頼んだの、美味いじゃないですか。





                      まぐろぬた。
                      これもなかなか。
                      まあ、でも普通っちゃ普通…かな。


                      20160328 04


                      エリンギ炒め。
                      普通…ですね、うん。

                      ここら辺から、オーダーを皆下っ端にまかせたのが失敗。
                      どうもこいつ、わかってない。
                      飲みってのを全然判ってない。
                      ファミレスきてんじゃねーよ、バカ。


                      20160328 05


                      ハンバーグ?
                      はあ?
                      これで何飲むの?
                      サイゼリヤのドリンクバー?


                      20160328 03


                      なにこれ、グラタン?
                      なんかのチーズ焼き?

                      うーむ、
                      このお店がっつーよか、オーダー頼んだ下っ端のセレクトミス。
                      修行が全然足りてない。


                      まあでもここ、一つ一つが小ぶり気味なせいか、お腹減ってるヤロウだけだと物足りないかもしれないけど、逆におっさんにはこのくらいの盛りが丁度いい。
                      気取らず、あくまで下町大衆居酒屋で、だけどフツーに美味い。
                      そういうね、わかる人にはわかる、できる居酒屋が、ここ「ひで坊」なのです。
                      また来ますね。



                      ☆お店データ
                      ◆店名:ひで坊
                      ◆ジャンル:居酒屋
                      ◆場所:東京、門前仲町
                      ◆住所:東京都江東区富岡1-1-7 土屋ビル1F
                      ◆ご予算:3,000円くらい?
                      ◆アクセス:地下鉄東西線門前仲町駅2番出口 徒歩2分



                      1/7 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • ひとり屋(南柏) 〜昭和歌謡の情緒にひたってノスタルオヤジーに極上レバーをいただく
                        三上 比沙子
                      • ■おいおまいら!この夏は「枝豆ペペロンチーノでビール」が最強ですよ
                        青いU
                      • ■おいおまいら!この夏は「枝豆ペペロンチーノでビール」が最強ですよ
                        のぶ
                      • 【やってみた】すき家でちょい飲み
                        はなちゃん
                      • 爺爺(柏)〜接客最悪!これだったら二丁目酒場いくわ!
                        クソ爺爺
                      • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
                        山口
                      • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
                        黒崎正刀
                      • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
                        山口
                      • ■年始のご挨拶 2016
                        葉っぱ
                      • ■?(門前仲町) 〜リーズナブルで居心地よし、出来れば教えたくない隠れてないけど隠れ家的上質燻製バル
                        オジサン

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode