<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

■フライパン(北千住) 〜茶色はジャスティス!トレンドフルな茶色の王国で、極上会津ソースカツ丼を

0

    全国のファッショニスタ諸君よ、

    ヘロー。

     

     

    20160919 22

     

     

    秋といえば、気分はブラウンですよねー。

    いいよね、茶色。
    秋っぽくていいじゃない。
    何せファッション業界では、今シーズンは、キャメルやベージュが断然流行色です。
    そう、茶色が、トレンド。
    オサレピーポーなおじさまとしては、いち早くトレンドを押さえておかないと。

     


    てなわけで、この秋のトレンドフルな茶色、早くもおじさま、チャレンジしてまいりました。

     

     

    20160919 22

     

     

    場所は、トレンドタウン、北千住。
    「おっさんの渋谷」とも一部で言われるこちらは、その通り名に相応しいほどに、おっさんヘヴン。
    その中でも、今回押さえておきたい隠れた高感度アンテナショップが、こちら「フライパン」。

     

     

    20160919 21

     

     

    こんなオシャレな店構え、

    またの名を、「北千住の茶色の王国」。

    おおっ、この響き。
    この秋のトレンドにいかにもオサレピーポーがときめきそうな通り名じゃないですか。

     

    なんでもここに出される料理、

    揚げもの、焼きもの、そのほとんどが茶色であるという。
    でも、どの茶色を選んでも、美味い。正解。最高。
    余りの美味さにキャメルのチェスターも肩からずり落ちるで、ほんま。
    だから、茶色の王国。
    いや、茶色の聖地。サンクチュアリ。ヴァルハラ。

     

    そんな、たまーに行きたくなるのが、ここ「フライパン」。
    秋のトレンドに敏感なおっさんらと一部女子とで、
    前にも取り上げたことのあるこちらにまた皆で食いまくりに行こう、という話になりました。

     

     

    20160919 22

     

     

     

    トレンドステーション北千住駅西口から、颯爽と歩いて6〜8分。
    「ほんちょう通り」のトレンド商店街を抜けて、トレンディーに少し寂しくなったあたりにあるのが、このお店。
    ぽつんと黄色い看板が目印。

     


    さて、今回参加したトレンドピーポーは、計7人。
    小ぶりなお店は、奥の小上がりも9人が限界。
    一方、手前のカウンターは、多分10人入るともう一杯。テーブル席もなし。

    しかし!
    店内は狭いが、そのポテンシャルは限りなく凝縮されているのがこのお店。
    いやあ、とにかく濃いで、ここは。
    とにかく、ここに来たら頼まなきゃいけない(義務)のが、会津ソースカツ丼だ。

     

     

    20160919 15

     


    デミグラス…といっても所謂それじゃなく、甘口の濃いダレをたあっぷりかけたカツは、目くるめく濃茶色にして、極上美味。
    さっくりとした歯ごたえにからむソースの旨み。
    ジューシーでいて、しかし見た目ほどに全くしつこくのない、寧ろ軽めとすら錯覚する食感。
    しかも、一緒に食べるキャベツがまた名脇役この上なし。


    そんな会津カツ丼、種類は5つ。

    ライトなササミ、スマートなヒレ、ボリューミーなロース、
    それもいいけど、うーん、やっぱり一品にして逸品を選ぶとすれば、やっぱりここは基本の「チキン」だろう。

    さっぱりとしていて、コクがあり、食べやすい。

    まずはここから入ってみることをオススメしよう。

     

     

    20160919 20

     

     

    おっと、前置きはこの辺で。

    まずはビールで、茶色い世界に、乾杯ー。

     

     

    20160919 18

     

     

    お通し。
    ここのお通しは、大体3種。
    茶色をまとった煮込みもいいけど、このごまだれ冷しゃぶも悪くない。
    勿論、これも茶色だ。

     

     

    20160919 14

     

     

    最初の茶色は、レバ刺から。
    ああ、濃厚で美味い。
    とろっとしていて、新鮮。勿論ながら、臭みなどあるわけない。

     

     

    20160919 01

     

     

    続いて、特性から揚げ。
    甘辛に付けられた味付けが、食欲をさそう。

    勿論、美味し。

     

     

    20160919 16

     

     

    串もの、何食べようか。

    すると。


    「もうあれじゃね、ハシから全部頼んじゃっていんじゃね?」

     

    バカが言いやがった。


    ばっ、ちょっ、おまっ、それっ、正解!
    茶色い王国じゃ、それ正解。それジャスティス。

     

     

    20160919 04

     

     

    串焼きも、どれも美味いがやはりレバーが最高だ。
    新鮮で、ふわっとしていて、旨みが凝縮してる。

     

     

    20160919 08

     

     

    なんこつも肉が多くて、ウマー。

     

     

    20160919 07

     

     

    ハシ休めに、おしんこ。
    こういうのでも美味いから、素晴らしい。
    程よい漬け具合。

     

     

    20160919 19

     

     

    鶏刺し。
    これもなかなかだ。
    ノリとの相性もいい。

     

     

    20160919 17

     

     

    マカロニサラダ。
    いい感じに酸味が利いている。

     

     

    20160919 05

     


    さて、茶色から離れ気味なところで、もういっちゃおうか大本命。
    出し惜しみしていても仕方ない。
    チキンカツ、ロース、特大ロース、ささみ、ヒレ、どうする?
    どれ選ぼうか。

    すると。


    「もうあれじゃね、ハシから全部頼んじゃっていんじゃね?」

     

    バカが言いやがった。

    ばっ、ちょっ、おまっ、それっ、正解!
    茶色い王国じゃ、それ正解。それジャスティス。

     

     

    20160919 09

     

     

    すると、店員のママさんに、

     

    「あ、ロースは勿論、特大と二つね。」

     

    バカが言いやがった。

     

    はい、ジャスティスまた来ました。
    女神像も壊れるブラッケンドなジャスティスっぷり。
    おまっ、この量どーすんだオイっ!?

     

     

    20160919 06

     

     

    全部で5皿。

     

     

    20160919 12

     


    まるで怒れる王蟲の群れ。
    大気が怒りに満ちているよ。

    心のババ様が唸るように呟く。

     

    「こうなってはもう誰もも止められないんじゃ…」

    (自分の食欲が)

     

     

    20160919 11

     

     

    完全に、完食。


    ふう、食った。
    満腹だ。
    天晴れなり。

    見事、討ち取ったり。
    皆がそう確かに頷いた。

     

    すると。


    「ここのオムライスが絶品に美味いんだ。」

     

    バカが言いやがった。


    ばっ、ちょっ、おまっ、もう王蟲散々たいらげただろ!
    茶色き衣をまといて金色のソースにおりたってたやつ、たっぷり、たいらげたやろ!
    これから王蟲ライスなんて、ばっ、おまっ、

     

     

    20160919 03

     

     

    正解。

     

    こっれが、大正解。


    濃い口のチキンライスも、またまた正解。

    いやー、まあほんと美味かったーって、バカっ!
    ユパ様、あたし自分が怖い!
    食欲に駆られて、どんだけ食べるか判らない!
    もうこれ以上、でぶりたくないのに!
    (後の祭り)

     

     

     

    20160919 02

     

     

    最後は、いつもの差入れ。
    でもこれ、ただのイカくんじゃない。
    イカくんをイカ墨に漬けたもの。
    酒が進む。
    お腹は満腹でも、酒は何故か進む。

     

     

    まあねー、

    こんだけ飲み食いすりゃあね、相当いくよねー。
    と散財を覚悟したけれど、でも、あれれ、意外とリーズナブル。
    そんな懐にやさしいところも、この茶色い王国の素敵なところ。

    うん、また行きます、近くにね。
    でもその前にジョギング、ジョギング…
     

     

     

    ◆店名:キッチンフライパン
    ◆ジャンル:洋食屋、居酒屋、会津カツ丼
    ◆場所:東京都、北千住
    ◆住所:東京都足立区千住1-23-18
    ◆アクセス:北千住駅西口からほんちょう通りをぬけて右折、徒歩7分


    一歩一歩(北千住) 〜ニチヨルも対応可なよく出来た人気居酒屋で、炉端焼きと焼酎を

    0
      本日は、朝も早くからウキウキ日曜終日出勤。
      うわあい、やったー!ってやってられっかー!

      もうね、あったまきたので、夕方からあがって北千住で飲むことにしましたよ。
      ところが!
      ニチヨル北千住って居酒屋やってねーとこ、意外と多いのな。
      チェーン店ならまだしも、個人店は全滅。
      いつもの「徳多和良」さんも「えびかに家」さんも「千両」さんも、「酒屋の酒場」さんまで歩いても、やっぱりお休み。
      いつもの飲み屋街も活気ない。
      そんな中、ここだけはやっていましたよ。
      「一歩一歩」。

      接客が凄い、という噂のお店。
      いつも人気で、一度満席で入れなかったこちら。
      でも早いニチヨルなら大丈夫。なはず!
      開店同時に、2番手をゲット。


      20150210 01


      北千住の西口から宿場町商店街、サンロード商店街ていうんだっけ?
      そこを右折。
      しばらくいくと右側に見える名店「大はし」…は今夜はやっぱりお休み。
      その並びを進むと、セブンイレブンと小道を挟んで構えるのが見える、真っ黒な店がここ。

      古い民家の内装を飲食店用に改装した、ということだけど、
      作りは長細いカウンター席がズラリ。奥に2階(ロフト?)に分けて席がある。
      内装もこじゃれているし、女子会にも使えそうだけど、でもそんな大きな店じゃないから、人はさほど入らないかもしれないですね。
      ま、そんなことはどうでもよろしい。
      とりあえず、一人飲みで来るところじゃない。
      ここはやっぱり、仲間と楽しく語らいながら飲みたい。
      出来たら、願わくば、女子連れて飲みたい。
      ま、今日のお隣はうちのかみさんなんだけど。


      20150210 10


      早速カウンター席に通されて、荷物を入れるためのかごを足下に用意される。
      店員さんの対応も、とにかく丁寧。
      出来ておるのう。


      20150210 13


      まずは生から、かな。
      プレモル、500円。
      まあ、こんなもんか。
      とりあえず、乾杯。


      20150210 15


      すると出てくる、お通しのモロキュウ。
      見た瞬間、噴く。
      ぶはっ!
      何これwwwwwww





      酒池にキュウ林。

      でもこの器、ちょっと欲しいわー。
      かさばるけど、でも一つくらい、お客さん用に欲しい。
      どっか売ってないかな。

      しかもこのモロキュウが、美味しいんだ。
      新鮮なキュウリを、甘口の肉ミソにつけて食べる。
      うん、これだけで十分な酒のつまみだ。
      どうせお通し代取られるなら、こういうほうがいい。
      しかも、え?
      これ、おかわりできんの?(嬉)


      20150210 14


      ここは炉端焼きが得意らしい。
      野菜もこの通り、お好きなものをよかったら、と薦めてくる。
      それも結構揃ってる。
      お、タケノコかあ。そろそろ春だねえ。季節だねえ。


      20150210 09


      でも、それよりまずは、本日のお薦めから欲しいな。
      刺身1枚80円。
      一枚単位かよ。
      でもいいね、それ。よし、頼んじゃおう。
      え?どれ?
      いいよ、全部。全部いこう。


      20150210 07


      ブリ、ひらめ、すずき、カツオ。
      都内居酒屋でこの値段なら、全然悪くない。

      しかも、いずれも天然モノで、
      新鮮でしまっていて、美味い。
      好物のカツオもさることながら、
      ひらめ、このくにくにした歯ごたえがたまらんのう。

      ここのお醤油は、柴沼醤油さんのもの。
      ここは土浦の川沿いにある醤油やさんで、嘗て向こうの勤務のときには何度か行ったことがある。
      これは少し甘口で、魚にあう。


      20150210 11


      ほう、前割かあ。
      だが銘柄が限られる。
      うーん、寒いしここは焼酎のお湯割りで。


      20150210 12


      なかなか種類が揃っている焼酎。
      焼酎ダバダ火振、これいこう。
      あ、でもお湯はダバダバにしないでね。少なめで。


      20150210 04


      はあ。
      あったまる。
      ちゃんとお湯少なめという注文通りに対応してくれるのが嬉しい。
      結構無視されんだよな、そう言っても。


      20150210 08


      焼き物をそろそろ選ぼうか。
      海老豚焼き。
      エビを豚バラ?でくるんで焼いたもの。
      これもイケるぞ。
      うちでもマネしたい(笑)。


      20150210 06


      ふと厨房を見ると、なんか吊してあるのが見える。
      なんだろ、あれ。
      すごく気になってんだけど、さっきから。
      実はちょいちょいチラ見してんだけど、ずっと。


      20150210 03


      鶏の一夜干し、これじゃね?
      あ、そうなの、やっぱり?
      じゃあ、それ。


      20150210 02


      お、これ美味いじゃないですか。
      表面カリっとして、中はタレが染みている。
      甘酢のタレも美味いけど、シンプルにゆず胡椒で食べると、その味わいが伝わってくる。

      一時間、ちょい。
      少なめの滞在だけど、今日はここまで。
      最後まで細やかに対応してくれる、店員さん。
      でも時折見張られてるっつーか、迫ってくるっつーか。
      実は割と放置プレイが好きな、アンチかまってちゃん派としては、そんな「いきなり近いな!」感に少しばかりのうざさを思わないでもない。
      でも基本フレンドリーで活気に満ちているし、そういうの気にならない人にはいいのでしょうな。


      結論。
      「すごくよく出来た居酒屋さん」。
      わざわざ北千住までここに飲みに出かけよう!というところではないが、
      「え、北千住で飲むの?ならここもいいよ」、っていう感じのお店。
      確かにここよりハイコスパな個人店もこの周辺には多いんだけど、
      でも女子連れていける系の間違いのない居酒屋として、押さえてもいい。
      何せ酒は美味いし、豊富だし、
      接客は出来てるし、
      料理はどれも美味しいし、
      雰囲気も悪くない。
      つまり、誰が行ってもハズレクジがない。
      うん、そりゃあ人気出るだろうなあ。
      それがよく頷けるお店でした。
      また来ますね。



      ☆お店データ
      ◆店名:一歩一歩
      ◆ジャンル:居酒屋
      ◆場所:東京、北千住
      ◆住所:東京都足立区千住3-53
      ◆ご予算:4,000円
      ◆アクセス:北千住西口、サンロード商店街を入って左側

      フライパン(北千住)〜カツソースは飲み物!都内唯一の会津ソースカツが神すぎる

      0
        北千住の茶色帝国で、
        こないだ四谷で飲んでたはずが何故か終電後の大宮に瞬間移動したという話で笑っていて、
        で、気付いたら今朝、茨城に瞬間移動してるミステリーにおじさま遭遇。
        戦慄と驚愕と頭痛と吐き気を隠せないおじさま。

        いよいよ本格的に能力者に覚醒してきたな…。


        ということで、
        久しぶりの開催です、

        定例フライパン茶色祭り!


        北千住には名店が沢山ありますが、隠れた名店といえば、ここ。
        洋食屋さん?居酒屋さん?
        どっちでもオーライ。
        目玉は、なんといっても会津ソースカツ。


        20140920 10


        巨大なカツにデミグラス風の甘口ソースをたあっぷりかける。
        会津地方のB級グルメなのかもしれないが、
        ここのはB級どころか、味は超一級。
        美味い、そしてデカい!
        カロリー?何それ揚げられるの?
        茶色 is justice、
        NO 茶色 NO LIFE、
        そんな茶色びとにとっての通称「茶色い聖地」、それがここ「フライパン」。

        JR北千住駅から歩いて、およそ7,8分くらいかな。
        駅前商店街、「ほんちょう通り」を抜け、一本右に入った右側。
        黄色い旗と看板が目印の、このこじんまりとしたお店が、実はその聖地。
        ここで、我々の「ディスカウント」会が不定期で行われているのです。
        名前は、近くに住む友人のお店から拝借。
        でもまたの名を、「茶色祭り」。


        20140920 15


        この夜も、
        カウンターを抜けると、6、7人のメンバーがテーブルを囲んで先にやっているところ。
        まずは挨拶がてらに生一杯、そして、お通しを。


        20140920 14


        お通しもまた、嬉しい一品もの。
        豚の冷しゃぶ、かなこれは。
        タレも美味しい。

        すでに頼まれていたもので、軽くビールを流し込む。
        レバ刺しね、はいはい。
        そう、これもいつもここ来ると頼んじゃう。
        ここは生の茶色も美味しいからたまんない。


        20140920 12


        さあて、何にしよう。
        ソースカツのインパクトにかすみがちだけど、
        このお店はその他のメニューも充実していて、
        しかも何を頼んでも、皆美味しい。
        料理のレベルがかなり高い。


        20140920 11


        勿論、主役が後に控えていることを考えて、ここは生ものから。
        馬刺し。
        いやサクラのタタキ。


        20140920 05


        ここの馬刺しは、新鮮さもさることながら、
        マスター独自のタレが絶品。
        そして
        イカの一夜干し。
        ぷりぷりしたイカにつけだれが染みこんで、めっちゃ美味い。


        20140920 09


        あれ?でも、こんなん誰か頼んだっけ?
        へ、オーダーミス?
        うん、全然イイ。
        だって、美味しいから。
        無問題。
        あ、厚揚げ豆腐?
        うん、これもいいね。



        20140920 03


        とりわさ。
        柔らかな半生の具合もちょうどいい。


        20140920 02


        そしてディスカウント会ではマスターが必ず出してくれる、
        サキイカの墨漬け。
        これがなにげに、イケル。
        ついクセになっちゃう。


        20140920 06


        さあ、段々茶色づいてきましたよ。
        そろそろ例のやつ、いってみる?

        どーん。


        20140920 07



        はい、入りました、
        チキンカツ!

        そう、これこれ!
        これですよ。
        これを食べにきたのですよ。
        親のカタキみたいな大きさのカツ。
        分厚い衣には独自の酸味のある甘口ソースがたっぷり染みこんでいて、
        しかも濃厚だけど、そんなにしつこさがない。
        キャベツと一緒に食べると、なおさらグー。
        うん、
        これを食べるとよくわかる。

        「カツソースは飲み物!」

        いやいや(笑)。


        ちなみにここのソースカツ、
        種類は、チキン、ロース、ささみ、ひれ、とあるけれど、
        個人的にイチオシはやっぱり、チキン。
        ボリューミーでジューシーなロースも勿論美味しいけれど、ソースとの相性を考えるとやっぱりチキンが一番かな。
        更に、どさっと敷かれたキャベツの下には、本来ならご飯が。
        ソースに絡めて食べると絶品なんだけど、
        でもそれだけでお腹一杯になっちゃうのが、難。
        今回も、我々はごはん抜き。
        酒には寧ろ、そっちのが合うしね。


        ふう。
        結構お腹ずっしりしてきた。
        え、まだまだいける?
        じゃあ、今度はヒレで。
        しかも、禁断のご飯入り(おい)、カツ丼で。
        イキのよさそうなのが、4頭並んで出てきましたよ。


        20140920 08


        うん、美味い。
        これもいい。
        ハシで切れる、柔らかさといい、
        肉も衣も両方美味しい。
        あとすみません、
        ご飯美味しいです。

        途中で日本酒を頼んだり、しながらビールで続いてきたけど、そろそろ濃ゆいのも欲しくなる頃よね。
        え、過去のメンバーがボトル入れてる?
        ちょっと、ちょっと!
        早く言おうよ、そういう情報は!


        20140920 01


        たあーーぷり茶色いものを飲んで、食べて、
        すっかりご機嫌。
        さあて、次いきますか、次!

        て、
        …ここ、どこ?
        え、取手?
        え、茨城?
        え、次、ない?
        てか、次もう電車もない?
        え、二次会に向かう途中、トイレに行くと言い残して夜の街に一人で消えた?

        ああ…
        おじさま、ついに解放しちまったようだな、
        特殊能力をな…あとタクシー代で財布もな…

        (マスター、また来月もカツ食べに来まーす)



        ☆お店データ
        ◆店名:キッチンフライパン
        ◆ジャンル:洋食屋、居酒屋、会津カツ丼
        ◆場所:
        ◆住所:東京都足立区千住1-23-18
        ◆ご予算:夜2,000〜3,000円
        ◆アクセス:北千住駅西口からほんちょう通りをぬけて右折、徒歩7分



        1/1

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • ひとり屋(南柏) 〜昭和歌謡の情緒にひたってノスタルオヤジーに極上レバーをいただく
          三上 比沙子
        • ■おいおまいら!この夏は「枝豆ペペロンチーノでビール」が最強ですよ
          青いU
        • ■おいおまいら!この夏は「枝豆ペペロンチーノでビール」が最強ですよ
          のぶ
        • 【やってみた】すき家でちょい飲み
          はなちゃん
        • 爺爺(柏)〜接客最悪!これだったら二丁目酒場いくわ!
          クソ爺爺
        • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
          山口
        • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
          黒崎正刀
        • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
          山口
        • ■年始のご挨拶 2016
          葉っぱ
        • ■?(門前仲町) 〜リーズナブルで居心地よし、出来れば教えたくない隠れてないけど隠れ家的上質燻製バル
          オジサン

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode