<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

■三日月氷菓店(柏) 〜【衝撃】口の中で「溶ける」というよりは寧ろ「消える」!至高のかき氷が柏にあった!【今更】

0

    柏の駅前に、行列の出来る有名なかき氷屋さんがある。

     

    …という話はかねがね聞いていたのですけど。

    つってもねえ。
    だって…かき氷、でしょ?(笑)

    て、正直ナメてました。
    いやいや、かき氷で行列って。
    1杯800円以上とか。
    ないない、マジないでしょフツーに。

    そう思ってましたね、ぶっちゃけ。

    でも、少し調べてみるとこちらの、「三日月氷菓店」、
    東京どころか、全国屈指、とも噂高い名店であり、
    何でも食べログのかき氷ランキングでもトップランカークラスを誇る、とか。
    へえ、凄い。
    ミーハーなので少々気になり、こないだ娘ちゃんと一緒に行ってきました。
     

     

    20170529 09

     

     

    場所は駅前通りから、マクドナルドの小道を一本、入ったところ。

    駅から歩いてせいぜい5分内といったところか。


    例のタワーマンションが出来て以来、ここら辺周辺の開発がかなり進んでる。
    へえ、大阪王将かあ。
    かき氷より餃子でビールやりてーなー…。

     

     

    20170529 11

     

     

    それにしても、この行列だ。

    日曜午後ということもあってか、人が多い。
    え、これ何分待つの?

     

     

    20170529 10

     

     

    10分…

     

     

    20170529 10

     

     

    20分…

     

     

    20170529 10

     

     

    30分…
    っていい加減にせいや!


    かき氷食うだけに30分待ちとか、やってられっか!
    ディズニーのアトラクション待ちか!

     

    そう、心でツッコミながら、娘とにこやかに色々おしゃべりして待つパパ。

     

     

    20170529 08

     

     

    さて。
    ようやく入れた店内は、照度を落としたオサレ空間。
    小さめの作りは、15人も入れば満席といった感じ。
    ああ、こりゃあ混むわなあ。

     

     

    20170529 07

     

     

    厳選されたメニューは、全部で8品。

    まずは娘と一緒に、オレンジカシスを頼む。
    890円。
    へえ、かき氷で1杯890円かあ…。

     

    まずは温かい麦茶が提供される。
    これもかき氷に併せてのものか。

     

     

    20170529 03

     

     

    しばらくすると、大きめの器にのったかき氷がご到着。

    ほう、これが890円というかき氷ですかあ。

    見た感じ、薄い黄色。

    これはオレンジシロップのせいなのか。

    どうやらこのかき氷、上がオレンジに下がカシスという二層の作りで、その下の奥のほうにアイスがあるらしい。

    氷はかなり大きめで、細長め。

    見た目からしてざらつきがなく、シルクのような滑らかな繊維感があるというか、要は綿菓子のよう。

     

     

    20170529 04

     

     

    この通り、結構大きい。

    ちょっとした子猫くらいあるぞこりゃ。

     

    スプーンをさすと、さくっというより、ふわっといった柔らかな感触。
    すうっと上げると、溶けてしまいそうな繊細さ。
    で、口に入ると、すうーっという、溶けるというよりも消える、という表現が近いような食感。
    ほう、これが氷の美味さってやつか。
    そして、爽やかなオレンジのシロップが余韻を残す。
    涼やかで、優しく透き通るような風味が、今度は口の中で、確かに溶けていく。
    ああ、成程。
    こりゃあ確かに別物だ。
    今まで食べてきたジャンクでビビッドなかき氷とは、確かに別物だわ。

     

     

     

     

    ↑こういうのとは次元が違う。

     

     

    20170529 02

     


    子連れだったので練乳を頼んでかけたけれど、これはむしろいらなかったかも。
    その繊細さがボケてしまいそう。

     

    そんなオレンジを食べ進んでいくと、中から出てくる、濃厚な紫。
    そう、カシスだ。

     

     

    20170529 01

     

     

    白と黄色と紫のハーモニーや!

     

    カシスのほうは、オレンジとは逆に、濃厚でパンチが効いている。
    その力強い酸味は、少々溶けてきた氷を受けつつ、ダイナミックにアピール。
    先の残ったオレンジと、濃淡を渾然とさせる。
    繊細さが、ゆっくりとパワフルさに変わっていく。
    そして、
    そろそろ顔を出してきたアイス。
    これがそのカシスとまた合うんだわ。
    渾然一体に少しずつ進んでいく器の中、その味わいも同時に変化していく…。

     

     

    溶ける前に食べよう、と急ぐと、あっという間に食べきってしまった。
    うん、
    あれだね、
    こりゃあ確かに、人気出るよね。
    人気、つーか、美味いよね実際に。

    ああ、書いているだけでふと思い出してきちゃった。
    ああ、また行きたい。
    そんな柏の誇るかき氷の、確かな名店でした。
     

     

     

    ☆お店データ
    ◆店名:三日月氷菓店
    ◆ジャンル:かき氷
    ◆場所:千葉、柏、
    ◆住所:千葉県柏市柏1-5-5 谷澤ビル2F


    ■カフェ・ド・ジュアン(樹杏)(柏) 〜ボリューミーでデザートが3種もついてくる、お得なケーキ屋さんのランチ

    0

      ぼけーーーーーっ!

       

       

      としてたら、すっかり更新が滞ってしまいました。

      しかも世間じゃもうGWっすよ。連休っすよ。


      そんなぼけもんな黒崎さんですが、久しぶりの更新です。
      しかもそんなご無沙汰更新なのに、酒ネタじゃないっていうね!
      大丈夫、マイペース、マイペース。

       

      柏・我孫子の休日地元カフェめぐりシリーズ、
      今日はこちら、柏の「樹杏」さんをご紹介。

       

       

      201705 02

       


      柏の高島屋や柏の葉ららぽーとにも出店している、松葉町のスイーツの名店「樹杏」さん。
      そのカフェ店が、16号からちょっと入ったところにある。
      つーか、ウチからかなりご近所さんだったりする。

      つーか、いつものジョギングコースのすぐそばだったりする。

      にも関らず、一回も行ったことがない。
      もうここに住んでそろそろ10年だっつーのに、行ったことがない。
      そういや出来たなーなんて引っ越した頃思って、目の前いっつも走って通ってんのに、でも行ったことがない。
      いやね、なんだってわけでもないし、それなりに気にはなってたけど、何ー故ーか、行くタイミングがなかった。
      気にはなりながら、10年行かねーっつーね。
      タイミングスルーし続けて10年。
      まあ、酒飲みなんて別にスイーツさほど興味ないし、うん、あるあるそういうこと。

      そんなわけで、いい機会だから行ってきた。
      お目当ては、デザートも付くというここのランチ。

      娘ちゃんがね、急にケーキ食べたいっとか言いだしやがったので、じゃあランチでもってな流れであります。

      じゃないとなかなかいかないわなー、10年くらいは。

       

       

      201705 16

       


      場所は、柏中央高校そば、柏警察の交差点を逆に入って少し行った右側。
      ちなみに柏駅からは多分30分くらい歩くことになりますね。

      外装はこの通り、オサレな田舎のカフェといった趣。
      つってもぶっちゃけ、ご近所なので完全に見慣れてる感ありありなんですけど(笑)。

       

       

      201705 15

       

       

       

      店内は、思いのほか広めで、キレイ。
      まずはショーケースのケーキがお出迎え。

       

       

      201705 13

       

       

      名物?

      カシワニのシュークリームも。

       

       

      201705 03

       

       

      ランチコーナーは、その奥に。
      明るく吹き抜けの心地よい空間。

       

       

      201705 11

       


      こういう暖かな日は、外で食べるのも気持ちよさそう。

       

       

      201705 10

       


      なお、大堀川のドッグランと近いせいか、こちらのテラスではワン公連れも可なのだとか。

       

       

      201705 14

       

       

      ランチはパスタやカレーといったオーソドックスなもの。
      いずれもサラダとスープ、デザート、ドリンク付き。

      パスタからカルボナーラを選ぶ。
      あ、デザートを先にね。
      娘と一緒に食べるから。
      (娘は来る前におうちで軽く昼飯済み)

       

       

      201705 09

       

       

      しばらくすると、サラダとコンソメスープが到着。
      具はシンプルに、きのことタマネギ。

      まあ、フツーですな。

       

      まもなくデザートが到着。
       

       

      201705 08

       

       

      なんと!
      3品もあるじゃないですか!
      3品も!

      オレンジのゼリーと、ケーキと、アイス。
      軽めのデザートじゃない、しっかり本格派なのはケーキ屋さんならでは。

      というかこいつがここのランチの、影の主役。

      いや、影でもないかな。

       

      一口ずつ娘から味見したけど、ケーキ!
      これがしっとりやわらかくてダントツに美味い。
      さすが、柏界隈では名の高いケーキ屋さんのものだけはある。

       

       

      201705 07

       

       

      しばらくしてると、先にクロワッサンが。
      あ、これサックサク!
      カリサクな歯ごたえに、中身もふわっ。
      加えてバターの香り濃厚で、かなり美味い。

      娘も気に入った様子で、カルボナーラ来る前に完食しかねない勢い。

       

       

      201705 06

       

       

       

      そうこうしてると、メインのカルボナーラが。

       

      って、でっけえなおい!

      かなりのボリューム。
      通りで最初に取り分け皿が出てきたわけだ。
      多すぎるので、娘にも取り分けて、では、いただきまーす。

       

       

      201705 05

       

       

      うむ、

      濃厚な生クリームは、さすがケーキ屋さんならではか。
      このソースが、美味い。
      具は、ベーコン、ほうれん草。
      ただまあ全体的にこれについては…うーん、平均点レベルかな。
      いや、不味くはないです。

       

      娘に1/3位取られながらも、そこそこ満腹。
      そしてドリンクはホットコーヒーが。

       

       

      201705 04

       

       

      器、でかっ!
      こんなに飲めるか?

       

      ふう、満腹。
      これ、甘いの一杯食べられないような飲兵衛には、子供と1セットでいいな。
      しかも、それでいて「樹杏」のケーキも食べられるし、ランチも美味いし、いわゆるハイコスパってやつ。
      わがままをいえば、あと少しメインを頑張ってくれたら満足度もうちょい高かったと思うんだけど、でも3品のデザートがそれを補って余りある。


      うん、近いしまた来ます。
      今度は10年しないうちに。

       

       

       

      ☆お店データ
      ◆店名:カフェ・ド・ジュアン (樹杏)
      ◆ジャンル:ケーキ
      ◆場所:千葉、柏、柏の葉、北柏
      ◆住所;千葉県柏市松ヶ崎812-2


      ■カフェガパオ(柏) 〜春の休日にテラスでタイビール&タイ料理(まだ寒い)

      0

        先月お店まで行ってみたら何と急遽のお休みだった、「カフェ・ガパオ」。

         

        インフルエンザって!

         

         

        20170205 10

         

         

        …い、いやね、そりゃね、

        まあね、そりゃ仕方ないっすよね、病気じゃあねえ…。

         

         

        さて。

        そんな悔しい思いを抱いたまま、本日!
        ようやくそのリベンジを果たしてきました。
        いえーいパクチー大好きー!

         

         

        場所は、昔でいう沼南町。
        ここは今、「手賀の杜」といわれて、かなり大規模な新興住宅地エリアとなってます。
        あちこちに新しい分譲住宅が一杯。
        ちなみにうちの嫁さん、「てがのしゃ」って言ってました。
        「しゃ」じゃねーよ、「社」じゃ。どこの企業だよ!

         

         

        20170304 15

         

         

        外観は一見すると、普通のおうちと変わらない。
        ぱっと見モダンな一軒家といった趣。


        そう、
        手賀沼周辺はいいカフェが多い。
        しばしば伝えられるそんな話ですが、ここもその一つ。

         

        尤もこちらはカフェというか、いやそりゃ全然カフェなんですけどっつーか、もう「カフェ・ガパオ」つってるくらいなんだから勿論その通りカフェなんですけど。

        でもどっちかといえば、アジアン料理メインのカフェといった感じ。

        ただし営業は、土日限定。
        それもランチタイム。
        (11:00〜16:00)
        それでも、美味しいガパオライスやカレーが食べられる、ということで地元でも結構な人気をほこっている様子。
        この日も、お昼前に着いたにも関らずお店の中は予約で一杯。

        ただしテラス席ならまだ座れますということで、お外に陣取ることに。

         

         

        20170304 14

         


        さて、まずは気になっていたガパオライスをオーダー。
        いえーいパクチー大好きー!

         

         

        20170304 13

         


        しかもプラス200円で、生春巻とドリンク、デザートが付いてくるというではないですか。
        こりゃお得!
        頼まない手はない。

         

        …と考えたが、いやちょっと待てよ、

        ビールセット。
        そんなものもあるのか!

         

         

        20170304 04

         

         

        ビールと生春巻で600円。

        ふむふむ、

        テラスで、パクチりつつ休日ビールかあ。
        そりゃあ悪くない、いや最高だな。

        よっしゃ、そいつでいこう。

         

         

        20170304 12

         

         

        春の休日にテラスで、生春巻とタイビール。

        なんてステキなんだ。

        運転は嫁さんがしてくれる、
        そんじゃあまっ昼間っから、頂いちまいますぜ!
        乾杯ー。

         

         

        20170304 11

         

         

        ちなむとこのビール、かなりあっさりしてます。
        コクや苦味が薄く、喉越しにちょいキレがある。
        スパイシーなタイ料理には寧ろぴったり。

         

        一方、生春巻のソースは、3種。
        チリは勿論、ピーナッツが意外と合っていて美味い。
        甘味噌は、まあ普通かな。
        もっちりしていて、美味しい。
        ガパオライスへの期待が俄然高まる。

         

         

        20170304 10

         

         

        んでね、

        あのね、3月のテラスビールね、
        これやってみた感想を一言で言うと、

         

        めっちゃさみいー!

         

         

        20170304 09

         

        (さみいいいいいいー!)

         

         

        まだ春といっても3月のバリバリ上旬、風も全然冷たい。
        もう少し春も進まないと、正直、テラス席はちょっとつらい。
        でも逆に暖かくなってきたら、テラスビールは最高だろうなあ。

         

         

        20170304 07

         

         

        なーんてビールかっくらいつつやってると、
        メインのガパオライスの登場。
        正式名、「ガイ・ガパオ・ラーカオ」。
        プラス50円でパクチー追加しました。

        追いパクガパオ。

         

         

        20170304 06

         


        お、ちゃんとタイ米でありますよ。
        細長さが特徴的な、いわゆるインディカってやつ。

        そしてこの目玉焼きが、実にいい具合。
        黄身は勿論のこと、白身もほんの少しだけ半熟で、とろみが残ってる。
        早速割って、まぜまぜ。

         

         

        20170304 05

         

         

        さてこのガパオライスが、また美味なのですよ。
        豚肉を使っているためずっしりとパワフルで、そしてスパイシー。
        程よくしっかり炒められて、肉の旨みを引き出されている。
        しかもこれに加わる大量のパクチーがまた、たまんない。
        一方、ご飯はといえば、ほどほどに固め。ジャスミンの香りがこれまたいい。
        これがひき肉のナンプラーに混ざって、なんともいえない風味になる。
        ご飯ものだけど、全然ビールのツマミにイケるぞこれは。

         

         

        20170304 08

         

         

        一方、嫁さんはカレーを。
        これはどうも週替わりとのこと。
        今週はちなみに、こちら。

         

         

        20170304 01

         


        一口、頂くと…

         

        かれええええーーーーーっ!

         

        ゲホッ、
        ゲホッ、
        ゲホッー!

         

        咳き込む辛さ。
        でも、複雑に折り重なった香辛料の風味が、後をひく。
        そしてまろやかなココナッツミルクのコク。
        チキンもめっちゃ柔らかくて美味し。

         

         

        20170304 03

         

         

        デザートは、3種。
        今回は、マンゴープリンと杏仁豆腐を。
        ああ、この杏仁豆腐、おいしいなあ。
        マンゴープリンも濃厚で悪くない。

         

         

        20170304 02

         

         

        ご馳走様。
        極上ガパオライスに生春、ドリンク、デザートついて、1000円いかない。
        何このコスパ。
        何この懐への優しさ。
        こりゃあ人気出るはずだわ。
        是非また行きたい。
        今度はフォーも食べたい。
        あと暖かくなったテラスでタイビール飲みたい。

        また晴れた暖かな週末昼に、寄らせていただきます。

         

         

         

        ☆お店データ

        ◆店名:カフェガパオ

        ◆ジャンル:タイ料理、ガパオライス、カレー、カフェ

        ◆場所:千葉県、柏、逆井、手賀沼、手賀の杜、我孫子
        ◆住所:千葉県柏市手賀の杜5-6-6


        ■Cafe Garden Hasegawa(我孫子) 〜こんなとこでビール飲みてえ!こんな店持ちてえ!男心くすぐられる手賀沼ほとりの隠れ家カフェ

        0

          手賀沼周辺にはいいカフェが多い。
           

          例えばレジェンド、ストリームヴァレー、
          代表格、North Lake Cafe & Books、
          或いは、キナリカフェ、手賀カフェ、ブーランジェリーカフェ・ペジーブル、

          こないだしくじった小綬鶏、少し離れるけれどガパオ、
          更には、鈴木正美さんの店もある。


          そんなカフェ天国の手賀沼近辺の中でも、最も隠れ家的な、しかしシチュエーションは断然トップのお店に行ってきました。

           

          あー、もうね、ここ紹介するの、ほんと勿体ない。
          みんなもう読まんといて!
          もう知らんといて!
          そんな独り占めしたくなるような、ステキシチュエーションのまさに隠れ家的カフェであります。
          その名も、

          「Cafe Garden Hasegawa」。

           


          こちらのお店、場所は手賀沼公園すぐそば、手賀沼ほとり。
          車だと、手賀沼公園に停めるのが一番ええと思います。
          (ちなみにお店用の駐車場もあるらしいです、場所わからないけれど)

          実はちょっと前に住所をグーグルマップで検索して行ってみたことがあるのですが、そんときは辿り付けませんでした。

          全く見つけられませんでした。
          つーか判るかこんなとこ!

          普通に住宅やん。
          (それでええです、みんな判らんといて!)

           

           

          20170214 03

           

           

          なので。

          まあ、こっちからも入れなくもないですが、どうせなら。
          手賀沼公園に停めて、そこから徒歩で向かいましょう。

          そのほうが、このお店のシチュを堪能出来るはずです。


          ていうか、まずは公園、お散歩しましょう。

          手賀沼の風情を楽しみましょう。

          このお店はそこから始まります。

           

           

          20170214 01

           


          2月とは思えない小春日和。めっちゃ気持ちええ。

           

           

          20170214 02

           

           

          近付くと噛み付いてくる、意外と凶暴な白鳥。

           

          さあ、ひとしきりお散歩、しましたか?

          手賀沼ってええとこやなー、と実感しましたか?

          少しお腹が減りましたか?

          そうなったら、ここでようやく、お店にゴー。
          遊歩道を手賀沼のほとりづたいに歩いていきます。

           

          すると、すぐに…

          なんだここは!?

           

           

          20170214 18

           

           

          鬱蒼と繁った木々の中から、かすかーに流れてくるジャズ。
          そして「HASEGAWA」という看板。

           

           

          20170214 16

           

           

          ええ!こんなところにカフェが!?
          まさに隠れ家カフェ。
          入るのもドキドキ。
          調べてから行かないと多分、躊躇するはず。

           

           

          20170214 05

           

           

          ウッドデッキを登って店内に。
          アメリカンな雰囲気の店内は、お酒も一杯。
          夜はこのカウンターで飲むことも出来るのかな。

           

           

          20170214 04

           


          2月とはいえ、春のような陽気の週末。
          折角なら、この自慢のウッドテラスでランチを頂きたい。
          そんなわけで、外の席に陣取る。
          大丈夫、ブランケットも借りれます。

           

           

          20170214 06

           

          (実はこの後、風邪ひいちゃいました…。

          教訓、テラスは春を待ってから!)

           

           

          ランチメニューは概ね1,000円前後。
          いわゆる普通の喫茶店のランチって感じ。
          今回は、「本日のパスタ」から、ボンゴレを。1,200円。

           

           

          20170214 13

           

           

          先にコーヒーをいただく。
          いたって普通のアメリカン。
          でも器、いいなこういうの。

           

           

          20170214 14

           

           

          沼を眺めながら、一服。
          ああ、ええとこやあ。ここ、めっちゃええとこやあ!

           

          まず、すぐ向こうが手賀沼というシチュエーション。
          木々に囲まれたテラスは、向こうからはほとんど誰も気付かない。
          ていうか、ここにカフェがあることに皆、気付かない。
          しかも、名ばかりの遊歩道、人通りは相当に限られる。
          さらに周囲の木々には鳥がとまってさえずっており、また耳障りにならない程度の音量で音楽が流れる。
          ウッドで出来たテラス席は、いかにもアメリカンで、ここ日本!?それともハワイ?といったおもむき。

           

           

          20170214 10

           


          こんなとこで、沼の上を雲が流れるのをまったり眺めながら、いただくコーヒーが、最高じゃないわけがない。
          ああ、もっと温かくなったらこれ、ほんと最高だろうなあ!

           

           

          20170214 12

           

           

          咲き始めた梅。
          もうすぐ春ですねえ。

           

           

          20170214 11

           

           

          やだ何、このバーカウンター、ステキ過ぎ。

          男のロマン、かき立てすぎ。
          こんなとこで夕暮れにビールや酒飲めたら…うっわあ、たまらないだろうなあ!

           

           

          ああ、こういうところで俺も店やりてーなー。
          夕方は、もう早くからバーカウンターで常連さんと一緒に飲んでさー、

          好きな音楽や映画とか流してさー。

          くっそー、幸せだろうなあ。
          ヤロウなら恐らくはそう憧れるような、そんなロマンのあるテラス。

           

           

          20170214 09

           

           

          おっと、うっとりとしているうちにサラダとスープが。
          お味は、うん、普通の喫茶店って感じ。

           

           

          20170214 07

           

           

          ボンゴレ。
          手賀沼を眺めながらの昼食、最高!

          お味は、うん、普通の喫茶店って感じ。

           

           

          20170214 08

           

           

          コーヒーと合わせて1,400円。
          (ランチはコーヒー200円)
          ちと高い?

          でも仕方ないかなー、このシチュじゃ。

          え、こないだ女子意識高さに1,700円なんか払えないって言ったのは誰だって?
          やだなあ、何言ってるんですかはっはっは。

           

           

          あれだなあ、
          出来ればこりゃあビールが飲みたい。
          このテラスで手賀沼見ながら、このシチュで、ランチビールをキメに来たい。
          おし決めた!
          暖かくなったらそうしよう。
          春の休日の昼にビール飲みに来よう。
          (その前に早く風邪直します…)

           

           

          ☆お店データ
          ◆店名:Cafe Garden Hasegawa
          ◆ジャンル:カフェ
          ◆場所:千葉、我孫子、北柏、手賀沼、手賀沼公園
          ◆住所:千葉県我孫子市若松126-4


          ■SIMBA'S CAFE(柏) 〜近所の地元民がダべるためだけに存在するカフェ

          0

            手賀沼周辺はいいカフェが、多い。


            …とね、

            そんな話を、こないだから何度もしてるわけなんですけど。
            なんでもちょっとだけそこから離れるけれど、手賀沼の向こう側にタイ料理の美味いカフェがあるという。

            店名は、「ガパオ」。


            へえ、

            こりゃあ行ってみないと!というわけで、早速出かけてきましたよ。

            ただしこちらのお店、営業は土日のみ。
            しかし、丁度いいことに、幸い今日は週末だ。

             

             

            場所は、柏のはずれ、昔でいう沼南町。
            近年、やたらと開発の進んでいる、「手賀の杜」とよばれるあたりだ。
            いわゆる、新興住宅地。

            しっかしここら辺、よくまあこんな家ばっか建ててんなあ。

            そんな新しい通りの中にたたずむお店を発見。
            お、ここか、ここですか「ガパオ」さん。

             

             

            20170205 09

             


            若干遅い昼になったせいか、誰もいない…

            店員さんもいない…

             

            ええ!?
            休みーー!?

             

             

            20170205 10

             

             

            ああ…まあ、ねえ…。

            インフルエンザですものねえ…。
            最近流行ってますものねえ……仕方ないですよねえ……。

            つーか、最近カフェめぐりに多いな、このパターン!


            しかしふと通りの向こう側を見ると、あれれ、向かいも新しいカフェ…なのかな?

             

             

            20170205 01

             


            シンバズ…カフェ…?

            もう、ここでいいや。

             

            と、いきなり。
            入り口のウッドデッキで、怒涛の勢いで噛み付かんばかりに唸ってる犬。
            うわあ、なんか近距離でえらい唸られてんですけど。
            常連外人の飼い犬なのだろうが、全く止める気もねえでやんの。

            おいジジイ、国籍超えてもそれは失礼ってやつなんだよ!
            うっわあ俺、ものすげえ歓迎されてんですけど…。

             

            のっけからイヤな気持ちでお店に入る。

             

             

            20170205 07

             

             

            新しげな明るい店内。
            テーブル席が3つに、ソファ。
            おばちゃんが一人できりもりしてるようだ。
            なんでも営業は、木曜から日曜までらしい。

            ちなみに普段はここ、習い事などの多目的スペースとして使われているようだ。

             

             

            20170205 08

             

             

            ランチやってますか?
            え、ピラフ?
            ピラフかあ。ピラフねえ。

            炭水化物ねえ。
            まあいいや。それで。

            あんまピラフって気分じゃねーけど、もういいや。

            えびピラフで。

             

             

            20170205 06

             

             

            アフリカっぽいインテリアが幾つか。
            ああ、「シンバ」って、あの「ライオンキング」のね、はいはい。

            まもなくピラフが出てくる。

             

             

            20170205 04

             

             

            んー、
            俺でも作れそうだな、いや確実に作れるなこのピラフセット。
            なので、まったくありがたみがない。

             

             

            20170205 05

             

             

            コーヒーは深煎で、んー、まあ…特にこれってこともなし。

            あ、デザートがつくのね。

             

             

            20170205 03

             


            これはそこそこおいしい、ごまアイス。
            お茶もついてくる。

            でもやっぱり、ふーんって感じ。

             

            結論。

            近所の人たちが歩いてきて、でだべりに来るためだけのお店、以上。

            勿論そういう店があっても全然いいんだけれど、

            でも少なくとも別にわざわざ来る必要は、まったくナシって感じっすね。
            手賀沼周辺には確かにいいカフェが多いけど、ここはちょっと、いやかなり微妙だなあ。
            これだったら…次はないわな。
            (ガパオさんのガパオライスに思いを馳せながら)

             

             

            ☆お店データ
            ◆店名:SIMBA'S CAFE
            ◆ジャンル:カフェ
            ◆場所:千葉、柏、手賀の杜、我孫子、逆井
            ◆住所:千葉県柏市手賀の杜5-21-3


            ■小綬鶏(我孫子) 〜山の中に佇むオサレカフェにいざ…!→結果www

            0

              こないだ、珍しく平日休みになりましてね。
              しかも、めっちゃ天気がいいんだ、抜けるような冬晴れなんだ、これがまた。
              こんな昼下がりは、よし、

              意を決して、少し出かけてみるとしよう。
              カフェで、ランチ。
              あらやだカタカナ続いちゃった。
              そんなオサレメン。

              そしてカフェといえば、手賀沼だ。

               

               

              20170202 01

               

               

              実は、手賀沼の周りはいいカフェが多い。
              そんな都市伝説がある。
              いや、都市伝説じゃねーよ、本当に多いんだよ。

               

              先月に紹介した、「NORTH LAKE CAFE & BOOKS」
              ついこないだここで挙げた、「キナリカフェ」

              昔からご愛用の、「ストームヴァレー」

              眺めのいい素朴さが嬉しい「手賀カフェ」…。

               

              そして、この「小綬鶏」もその一つであるという。

               

               

              ………。

               

               

              …これ、なんて読むの?

               

              え、
              「こじゅけい」?
              へえ。

              ここら辺に生息する鳥の名前なのかな。

              そんなこちらのお店は何でも静かなところにたたずむ大人のカフェなのだとか。
              早速携帯のナビに従い、向かってみました。

              我孫子の住宅街の中を進む…。

               

              クソせめえ!
              道、むちゃくちゃ、せめええええ!

              すれ違いも出来ない道を不安げに進む。

              えええーっ、こんな山道かよ!

              ここ、登んの!?

               

               

              20170202 02

               

               

              ようやくつきました。

              え、ここ本当に我孫子だよね!?

               

               

              20170202 06

               

               

              住宅地から外れた、静かな山林の中。
              つーか、ものの見事に山ん中だよこれ。

               

               

              20170202 05

               

               

              でもシチュは決して悪くない。

              自然にかこまれた、静かなカフェ。

              胸わきますねえ。
              なんでも武者小路実篤の旧宅がそばにあるのだとか。

              情緒豊かな細道を進む。

              こういう味わいは地方のカフェならでは。

               

               

              20170202 03

               


              さあ、いざ!

               

               

              20170202 04

               

               

              はいー、お休みでしたー。
              休業日でしたーってチクショー!

               

               

              これは、悔しい。
              実に残念。

              なんでも営業日は、月、火、金なのだとか。

               

              …まあ、仕方ないっすね。
              また元気あったら再訪します…。

              (すれ違いも出来ない山道を涙目で下りながら)

               

               

               

              ☆お店データ
              ◆店名:小綬鶏
              ◆ジャンル:カフェ
              ◆場所:千葉、我孫子、手賀沼
              ◆住所:千葉県我孫子市船戸2-21-9


              ■Kinari cafe(キナリカフェ)(我孫子) 〜住宅地の真ん中にある、高女子力地元カフェ

              0

                手賀沼周辺には、ナニゲにいいカフェが多い。

                 

                知っている人は知っている、
                知らない人は知らない。
                何でもは知らないわよ、知ってることだけ。
                そんな、柏我孫子地元プチ情報。

                 

                こないだのブックカフェ、「North Lake Cafe & Books」さんもそんな一つでした。

                 

                ■North Lake Cafe & Books(我孫子) 〜手賀沼ほとりで…ブックカフェ!?

                 

                で、こちらも同じ手賀沼ほとり、ド住宅地内にある「キナリカフェ」さん。
                ここもなかなかよさげですよ。

                 

                 

                20170131 13

                 

                 

                そんなわけで、こないだの三連休のさなか。
                カットをすませた黒崎くん、読みかけの本を片手に、まったりお昼のブランチを取りにきましたよ。

                 

                場所は、手賀沼沿いを走る県道8号を、柏方面を背に進行。
                手賀沼公園をぬけて少し先、
                右側の住宅地の中にある。

                …ってこんなところにあんのか!?

                まんま住宅地やで!?

                 

                 

                20170131 11

                 

                 

                おお、あった、あった、ここか!
                いやこれ、フッツー気付かねーだろこんなとこ!?

                 

                 

                20170131 01

                 

                 

                外観は、古い民家。
                それを、オサレに改築したといった感じ。
                看板も小さく、目立たない。
                駐車場もない。
                まさに、隠れ家的。
                地元民のための、手賀沼のほとりの、隠れ家的カフェ。

                 

                 

                20170131 10

                 

                 

                「キナリ」=「生成り」、というだけあって、店内は極めてナチュラル系。
                白を基調とし、ウッドをうまく使った、まさに生成りのイメージに近い、オサレ空間。

                 

                 

                20170131 08

                 

                 

                うん、いいじゃないか。
                店内は女子率高し。
                てそりゃそうですよねー。
                見るからに、ここらのおばちゃんらが平日昼間に占領してくっちゃべ…おっと、地元奥様達の憩いの場になってる感、満々です。

                 

                 

                20170131 07

                 

                 

                さて、こっちも丁度お腹が減った頃合だ。
                ランチプレートをもらうとしよう。

                 

                 

                20170131 12

                 

                 

                2種あるうち、ハンバーグをチョイス。
                1,100円。
                まあ、こんなもん…かな。
                あ、ご飯は少なめにお願いしますね。

                 

                 

                20170131 05

                 

                 

                カウンター。

                分厚い木で、悪くない。

                こういうの好きですねぼかあ。

                 

                 

                20170131 09

                 

                 

                メニューはそこそこ。

                あ、火、水はお休みのようですはい。

                 

                フロアのおばちゃんのサービスは、低姿勢で優しい感じ。
                オーダーから少し時間がかかってしまったことを謝罪。
                いや、ほんとマジ全然いっすから、読書しにゆっくりまったりしに来てんだから。
                でも、だったらコーヒーは先のがよかったな、
                尤も完全にそう伝えなかった自分の責任だけど。

                 

                 

                20170131 06

                 

                 

                前菜のスープはコンソメ。
                うん…まあ…普通っすね。
                いや、普通に美味いんだけど。

                 

                さて、しばらくすると、プレートのご到着だ。

                 

                 

                20170131 04

                 

                 

                おお!
                野菜がたっぷりで嬉しい。
                ご飯は雑穀米。
                一方、主役のハンバーグも、丁度いい大きさ。
                いかにもヘルシー。

                それにポテトサラダ、自家製ゴマパン、と色々付いてて、お得。
                野菜、味わいが濃くて、美味い。
                ポテサラも芋が中心のシンプルさで、サラサラよりゴロゴロ派なおじさまとしては嬉しい限り。

                 

                 

                20170131 03

                 

                 

                さて、
                肝心のハンバーグは…まあ、地元カフェならこのくらいかな、といったところかな。
                いや、決して不味くはないですよ、全然。
                でも、ここならではという特徴が…
                うーん、やや弱い…かな。
                つっても別に悪い意味じゃあ全然ないんだけど。

                 

                というか全体的に、本格派料理、という感じではなく、手作り感の伝わるようなタイプ。
                美味いっちゃー美味いんだけど、シンプルというか、ありきたりというか、インパクト少なく、地味っちゃー地味。
                だから、ガチ美味いもの目当てに来ると、少しばかり期待はずれするかもしれない。

                 

                でもね、こういうの、嫌いじゃないっすよ。
                まず、店内が心地よい。
                そんな心地よい空間ですごすひとときだけで、。

                ちなみにコーヒーも、まあ、そんな感じ(笑)。

                 

                 

                20170131 02

                 

                 

                結論。

                うん、女子には人気高そう、てのはよくわかった。
                地元女子がダベr…おっと、地元奥様達の憩いの場になってそうってのだけはよくわかった。
                まあでも、男子(おっさん)的にも…悪くないんじゃないかな。
                また来ます。
                 

                 

                 

                ☆お店データ
                ◆店名:Kinari cafe(キナリカフェ)
                ◆ジャンル:カフェ
                ◆場所:千葉、我孫子、手賀沼
                ◆住所:千葉県我孫子市若松153-1
                ◆ご予算:1,100円(ランチ)


                ■North Lake Cafe & Books(我孫子) 〜手賀沼ほとりで…ブックカフェ!?

                0

                  手賀沼周辺には、いいカフェが多い。

                   

                   

                  …ってね、
                  そんな話は随分と前から、ちょいちょい、聞いてはいたんですよ。
                  ま、確かにね。

                  頷けそうだ。
                  コーヒーがめっちゃうまいストリームヴァレーさんだとか、
                  手賀カフェさんだとか(あ、ここの記事まだ書いてなかった!)、

                  あと、こないだのあそこもいいよね、

                  ええと、ぶ…ブラ、ランジェリーカフェ

                   

                  でもね、

                  ごめんなさい、
                  ガチな我孫子エリアには、これまで全く手ェ出してなかった。
                  ウカツだった。
                  それを今日、思い知らされた。
                  いやはや、こんな店もあるんだねえ。

                  我孫子に、手賀沼沿いに、ブックカフェ。
                  何、この新鮮さ。
                  古本屋さんと、カフェが合わさったそんな空間。
                  それが、この「North Lake Cafe & Books」さんにあった。

                   

                   

                  20161130 11

                   

                   

                  場所は、本当に、手賀沼のほとり。
                  あの手賀沼公園のある手賀沼沿い道路。向かいはドラッグ屋さんだ。

                  うちのガキがちんまい頃には、よく来たっけなあ、手賀沼公園。
                  何せあの頃は北柏市民だったからなあ。
                  そんなことを思いつつ、店に入る。

                   

                   

                  20161130 10

                   

                   

                  へえ、ランチは2種かあ。

                  どっち食べようかな…。

                   

                   

                   

                  20161130 08

                   

                   

                  そんなことを考えながら、何気なく入った店内に、少々驚いた。

                  本!?

                  古本!?

                   

                  ずらっと並ぶ、古本。

                  え、か、カフェ…だよね?


                  ああ、でも、ええよねえ。

                  うん、ありあり。

                  こういうの、全然嫌いじゃない。
                  だって黒崎さん、こう見えても結構本の虫ですからね。
                  最近ちょっと離れ気味だけど、でも、本はいいよね。

                   

                   

                  ちなみにこちらのお店では、色々なイベントが企画されており、

                  地元のネットワークの拠点にもなってるご様子。

                  ああ、いいねえ、そういうの大事だよね。

                   

                   

                  20161130 09

                   

                   

                  さて。
                  ランチ、だ。
                  少し遅いけれど、でもランチだ。

                  チキンとほうれん草のクリーム煮、それにしよう。

                  あ、コーヒーは先にね。
                  ご飯来るまで、ゆっくり飲んでたいの、俺は。そういうタイプ。そういう主義。

                   

                   

                  20161130 07

                   

                   

                  うん、
                  コーヒーもなかなか悪くないぞ。
                  酸味と苦味のバランスが取れ、飲みやすいけれど深みがある。
                  あとオリジナルのマグカップも、ちょっとだけ気分がいい。

                   

                   

                  20161130 06

                   

                   

                  そうこうしていると、ワンプレのランチが出てくる。
                   

                   

                  20161130 04

                   

                   

                  ああ、こっちも悪くはないぞ。
                  別段凝ってはいないけれど、でも普通に美味い。
                  で、寧ろこういうのでいい。
                  しかも、程よくお腹いっぱい。
                  ガッツリ系には足りないかもだけど、おっさんには十分だ。
                  それにこのくらいのご飯量なら、糖質制限派にも罪悪感がなくていい(笑)。

                   

                   

                  20161130 03

                   

                   

                  晴れた平日の、午後2時。
                  こういう時間を、カフェでゆっくり遅めのランチに使えるのが、まず贅沢だ。
                  しかも、まったりなブックカフェで。
                  まずこのタイミングがパーフェクトじゃないか。
                  そして、こういうときに是非とも来たいお店だ、ここは。

                  手賀沼ほとりで、古本をめくりながら、カフェ。

                  いいねえ、素晴らしいじゃないか。

                   

                  ああ、
                  今度はもう少し図々しく、並んでる本を選んでぺらぺらとめくってみたりしたいなあ。
                  うん、なので、また来ます。

                   

                   

                   

                  ☆お店データ
                  ◆店名:North Lake Cafe & Books
                  ◆ジャンル:カフェ
                  ◆場所:千葉、我孫子、北柏
                  ◆住所:千葉県我孫子市緑2-11-48


                  ■ブーランジェリーカフェ・ペジーブル(北柏) 〜眺めのいいカフェで美味しいパンを

                  0

                    そういや、こないだカットに行ったんですわ。


                    お昼時、12:30に予約を取りましてね。
                    で、行ってみたら、

                    「あれ?黒崎さん、13:30ですよ?」
                    と。

                     

                    いやいや、ないない。ないから。
                    ちゃんと言ったから。
                    て…いや…

                    …え…て……
                    …え………マジで?
                    あれ、マジで…13:30って言った…かも、俺。

                     

                    はいー、こちら一名様あぶれ1時間、入りましたー。喜んでー。

                     

                    いや、喜ばない、喜ばない。
                    こうなりゃね、仕方ないからね、んもうどっかカフェでも適当に入ってつぶすかと。
                    まだメシ食ってないしね。
                    どこ行こうか。
                    あ、丁度いい、あそこにしよう。大堀川沿いの、いつものジョギングコース。
                    前に下のパン屋には何度か行ったことが何度かあるけれど、その2階がいつの間にかカフェになってた。

                    ここ走るとき、時折気になってたんだ。
                    外からチラ見しては、へえ、ってなってた。

                    ちょっと気になってた。

                    そこ、行ってみよう。
                    晴れた休日のお昼に、川沿いの緑地を眺めながら、まったり1時間ほど、ランチ。
                    ああ、悪くないな、それ。


                    さて、そんなこのお店、

                     

                    「ブーランジェリーカフェ・ペジーブル」

                     

                    え、ぶ?ぶ?ブラが、何?

                     

                    …えーと、

                    ごめんなさい、名前全然覚えらんないんだけど。

                    大体なんですか、その、えーと、

                    ぶ…ブラ、ランジェリー…カフェ?

                     

                     

                    20160918 01



                    場所は、大堀川沿い。
                    駅は、ええと、ここからだと一番近いのはJR北柏駅かな。
                    慈恵医大のすぐそばのコンビニ、
                    あれ、ローソン…だったっけ?
                    その道路向かい。

                    ちょっとこじゃれたドアを開ける。

                     

                     

                    20160918 10

                     

                     

                    階段をのぼると店内に。
                    窓際の席に座り、メニューを確認する。

                     

                     

                    20160918 06

                     

                     

                    ありゃりゃ、参った、ここはパンが売りのお店だった。
                    うーん、パン、ねえ。
                    パン、かあ…。

                     

                    いやね、勿論パンは好きなんだけどさ、おっちゃん目下糖質制限中なんだよねえ。
                    しかも最近ゆるんでっからリバウンド気味だしなあ。
                    リバウンドがキモだって、赤木キャプテンも言ってるかんなあー。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ってそっちのリバウンドじゃねーよ!

                     

                    つーかさ、
                    ちょろっと考えれば下のパン屋と関わりあるお店であることなんて、最初っからわかるわなー俺。
                    ごめん、ウカツだった。


                    でもいいや、この際。
                    上等だ、炭水化物。

                    喰らってやんよ。

                     

                    さて何にしよう。
                    ランチは3〜4種類、いずれもメインは焼きたての自家製パン。
                    てそりゃそうだ、オーケーわかってる。
                    限定のカレーってのが気になってたんだけど、残念、ベーグルに。

                    ちなみにここは、レジにて先にお支払いするシステム。
                    食ったら後は勝手に帰ってね、みたいな雰囲気。


                    ふーん。

                    まあ…別にそれはどうでもいいか。

                     

                     

                    20160918 07

                     

                     

                    そうこうしてると、出てきました前菜。

                     

                     

                    20160918 04

                     

                     

                    まずはコーンと豆乳のスープ。
                    んー、可、かなあ。
                    不可もないけど付加もない。

                     

                     

                    20160918 03

                     

                     

                    プレートが届く。
                    あ、ベーグル、美味い。

                    さすがパンを売りにするだけあって、ふっくらもっちりで、なかなか美味い。

                    しかもそのもちもちさに加えて、香りもいい。
                    糖質制限の掟を破ってもこりゃ、食べる価値があると見たね、うん。
                    中のチキンも一方で、しっとりしている。
                    それに何より、はちみつの甘みののった、粒マスタードのソースが美味い。

                     

                     

                    20160918 08

                     

                     

                    川沿いの眺めは、まあ別段にいいってわけじゃないけれど、でも開放感もあるし、晴れた日は気分がよい。
                    ちょっとした木が目の前にあって、それがいい景観のアクセントになってる。

                    尤も今は丁度、その木陰に薄着のハゲちらかったおっさんが走り疲れてハァハァ言いながら休んでる真っ最中なんだけどね…。
                    ああ、でも俺もこうやってダラダラと走る姿を女子たちに蔑まれ眺められていたのかと知り、ほんのり切なくなりました。

                     

                     

                    20160918 09

                     


                    一方、店内はこぎれいで、白の壁と木の質感を基調とした落ち着いた雰囲気で、ほどほどなレベルにオシャレ空間。
                    明るく広々とした作りといい、女子にはウケがよさそうだ。
                    実際、店内はおば…マダム達が多く、おっさん俺だけ。
                    まあカフェなんて、大概そんなもんですよねー。

                     

                     

                    20160918 02

                     


                    食後に付く、コーヒー。

                    さて如何かな…


                    って、アレ、もう出る時間!?

                    ダラダラしてたら1時間あっちゅー間やん。
                    カット予定5分前ってことで慌てて飲み干す。
                    すんません、じっくり味わいそこねました。

                     

                     

                    ぶっちゃけ。
                    この辺だと、ちぃーっとばかりお値段高め設定かな、ってな気がしないでもないけど、味も踏まえれば許容範囲。

                    って何だその上から目線。
                    まあ、あんまりコスパコスパ連呼するのも、ちょっと格好悪いしね。

                    パンも美味しいし、ええと思います。
                    関係ないけど、コスパコスパって連呼するとちょっと卑猥ですよねって、うおーい!
                    あのさあ、こういうお店の情報は女子も検索して来るかもしんねーだろ!?

                    やめようぜ、そういうのはさー。
                    はいこりゃ失礼しました。コスパコスパコスパコ。

                     

                     

                     

                    ☆お店データ
                    ◆店名:ブーランジェリーカフェ ペジーブル
                    ◆ジャンル:パン、カフェ
                    ◆場所:千葉、柏
                    ◆住所:千葉県柏市柏下135-1
                    ◆ご予算:ランチ1,000円程度
                     


                    ■自家焙煎珈琲舎アポ(取手) 〜茨城の玄関で40年やってる純喫茶

                    0

                      最終回に新キャラ二人も投入って!(今週の挨拶)

                       

                       

                      というわけで前回触れたようにですね、こないだ「ビール列車」のために久々に茨城県の玄関、取手市に行ってきたのですよ。

                       

                       

                      20160826 25

                       

                       

                      利根川を越えたらそこは常磐線沿線ベッドタウンの最果て、取手シティ。
                      そしたら、こんなのがあった。

                       

                       

                      20160826 24

                       


                      ナニナニ、駅前がビアガーデンにでもなんの? 
                      それに、木・金・土といったら「コンフリ」やってるじゃない。
                      近々覗いてみたく思います。(出来れば)

                       


                      さて。
                      話は「ビール列車」に乗る小一時間前にさかのぼります。


                      ありゃー、取手駅に思いのほか早く着いちゃった。
                      これから「ビール列車」乗るのに一人ゼロ次会ももったいない。
                      ぶらつくか、ここら辺でも、うん。

                       

                      てなわけでさして目的もなく東口を、ブラブラ。
                      この駅の東口なんて来るのいつぶりだろう。
                      大きなマンションなんか建ってるけどさ、なんつーか、随分と閑散としちゃったねえ、取手。

                      魅力のわかない田舎町。

                      でも、やっぱり懐かしい。
                      昔はね、ここにあったんだイトーヨーカ堂が。
                      で1階の入り口付近には本屋があってね、隣が花やさんでさあ。

                       

                       

                      20160828 07

                       

                       

                      そうそう、このビルだよ。
                      で、何気なく目についた喫茶店。
                      へえ、「自家焙煎珈琲舎」だってさ。

                      おっしゃ、ここで時間潰そっか。

                       

                       

                      20160828 04

                       


                      階段をのぼり、ドアを開ける。
                      こげ茶のウッドを基調としたクラシカルな雰囲気で、ジャズが静かめに流れてる。
                      落ち着いた、というより時代の止まったような喫茶店。

                      へえ、いいじゃない。そう、こういうのがいいんだよ。

                       

                       

                      20160828 03

                       

                       

                      店内はオサレではないけど、小綺麗でいい感じ。


                      窓際の椅子に座って、オリジナルのブレンドをオーダー。
                      ったく変わったんだか変わってないんだか、でも明らかに、そして深刻にサビレが進行しているなあ、この街は。
                      街に活気が見えないし、田舎らしい魅力も感じない。

                      そんなことを思いながら、日曜なのに人の少ない街中の風景を窓からぼんやり眺める。

                       

                       

                      20160828 05

                       


                      なんてやってると、珈琲がくる。

                       

                       

                      20160828 02

                       

                       

                      あ、美味しいぞ!

                      うん、マイルドで雑未がなく、香りがすうっとのぼる。

                      いいじゃないか。

                       

                       

                      20160828 06

                       

                       

                      これからビール列車乗るから、ランチはなしで。

                       

                       

                      20160828 01

                       

                       

                      なんでもこのお店、ここで営業するのは10年弱、
                      しかしなんでも40年くらいやっており、昔はイトーヨーカ堂の中にあったらしい。
                      てことは老舗だ。
                      この街でずうっとやってる、老舗の喫茶店ってことだ。
                      西口には西友があり、常総線の連絡口は木造で、駅前といえば大概はイトーヨーカ堂のある東口のことで、そのイトーヨーカ堂には4階からも入れた時代のことだ。

                       

                      …と、そんなノスタルジックなことを思いながら、しばしコーヒーをいただく。

                       


                      うん、たまに来るのもいいかもな、取手シティ。
                      そう何かがあるわけでも全然ないんだけどさ。

                       

                       

                       

                      ☆お店データ
                      ◆店名:自家焙煎珈琲舎アポ
                      ◆ジャンル:喫茶店
                      ◆場所:茨城、取手
                      ◆住所:茨城県取手市取手3-4-18長塚ビル2F
                      ◆ご予算:1,000円




                      1/2 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • ひとり屋(南柏) 〜昭和歌謡の情緒にひたってノスタルオヤジーに極上レバーをいただく
                        三上 比沙子
                      • ■おいおまいら!この夏は「枝豆ペペロンチーノでビール」が最強ですよ
                        青いU
                      • ■おいおまいら!この夏は「枝豆ペペロンチーノでビール」が最強ですよ
                        のぶ
                      • 【やってみた】すき家でちょい飲み
                        はなちゃん
                      • 爺爺(柏)〜接客最悪!これだったら二丁目酒場いくわ!
                        クソ爺爺
                      • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
                        山口
                      • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
                        黒崎正刀
                      • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
                        山口
                      • ■年始のご挨拶 2016
                        葉っぱ
                      • ■?(門前仲町) 〜リーズナブルで居心地よし、出来れば教えたくない隠れてないけど隠れ家的上質燻製バル
                        オジサン

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode