<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

■【今更】秋の名月を楽しむなら「ブルームーン」しかない

0
    「セッション」、見てきたよ (え、今更!?)
    張り詰めるような緊迫感で語る、どのジャンルでも音楽でメシ食おうとする人間にマトモなやつはいない、と言うこっちの世界では割とポピュラーな話でした。
    (え、今更その感想!?)
    てかこれ、原題は曲名から取って「WHIPLASH」っていうのな。ウィプラーシュ!
    (え、今更そのネタ!?)


    2015101406

    (柏のキネマ旬報シアターで10月23日まで上映してるので、まだの人は是非。)


    さて、本題ですが、本日は「今更」つながりネタってなわけじゃないんですけど、ね。
    いやはや、あれですよ、
    旬ってのは早いうちにやっとかないとタイミングを逃すもんですわな。
    というのもですね、骨折していたのでずっと書けなかったものの中に、「月」ネタがありましてね。
    書きたかったけど、腕の骨折っちゃって、ずっと書けなかった。

    そう、
    思い起こすこと約半月前、9月28日。
    言わずもがなこの日は、かのスーパームーン。
    しかも、その前日、9月27日は、十五夜。
    つまり秋の風物詩、中秋の名月だったわけですよ。




    (イメージ画)


    あー、はいはい、あったあった。
    先月なんかそんなのあったっけ。
    空に俺も携帯かざして撮って、FBにアップしたっけ。
    そんな記憶をね、皆さんもあると思うんですな。
    てなことで、少しばかり記憶を遡りますよ。

    えー、今更ー?
    「今更、ヨシ!」


    2015101409

    (あいぽんでルーフバルコニーから撮影。
    スマホとおっちゃんの腕じゃ、よくてこの程度)


    こんな夜に、月を眺めつつウチ飲みせんで、酒飲みがつとまろうか!
    飲兵衛稼業がつとまろうか!
    いや、稼いでないから。
    アンタそれ、浪費してっから。
    垂れ流してっから。
    け、上等だ、流してやらあ、飲んでやらあ。

    月に代わって、ウチ飲みよ!


    だけど、どうせなら、こんな夜にふさわしいの飲みたい。
    そんなことを思っていた丁度前日、9月27日のお昼頃。
    届きましたよ。
    頼んでおいたブツが、ギリ間に合いましたよ。


    2015101412


    じゃーん、ブルームーンセット。
    しかも嬉しい、グラス入り。
    それが、8箱大量に!


    2015101411


    コロラドはデンバー生まれ、アメリカのNO.1クラフトビール、「ブルームーン」。
    月にちなんだこのビールほど、この夜に合うビールはなかなかないんじゃないかな・
    (今更だけど)

    このビールの飲み方は、裏ラベルにも書いてある。


    2015101401


    まずは、軽―く、ごろごろと転がす。
    こうすることで、底に沈殿しているビール酵母を混ぜてあげるのです。
    (さっき知った)


    2015101404


    ごろごろさせると、美味くなる。
    人間もそうだったらいいのにね。
    (↑なんかいいこと言ったつもりが何一つよくない)

    なんでもブルームーンの蓋は、手でも抜けるらしい。
    って、本当?
    確かめてみる。


    2015101403


    って
    痛い痛い痛い痛い!

    痛ぇーから、
    マジ痛ぇーから。

    うん、折れた手ではムリゲー。
    素直に栓抜きを使うことにしますね。


    2015101402


    で、このロゴ入りビアグラスがね、またかわええ。
    1本まるまる注ぐと、丁度いい塩梅になり、
    香りがぐうっと鼻に広がる。
    たまんない。


    2015101410


    しかもこうやってスライスしたオレンジ(オレンジガーニッシュ)を挟めば、
    ほうら、月見酒(ビール)だ!


    2015101407


    ブルームーン、オレンジムーン、
    俺の腕のギプスの中ムーン。(J-RAP風)

    しかもこうするとホラ、
    元々のスパイシーなオレンジの香りがよりくっきりとして、
    酸味もより前面に出て、美味さも倍増。
    …した気になるから不思議ね。


    2015101408


    でもほんと、美味いよねえ、ブルームーン。
    いわゆるベルジャンホワイトエールと呼ばれる、この白みがかった淡い色合いの美しさ。
    ライトでクリーミーな口当たり。
    そしてオレンジとコリアンダーの刺激とともに迫る、小麦の香りがたまんない。


    2015101405


    そんなわけで、先月の月見酒にはこのブルームーンを頂いたわけですが、
    何せ、こんなにあっからね。
    一日一本飲んでるけど、まだ残ってる。
    まだもう少しは楽しめそうです。

    常陸野ネストビール アンバーエール

    0
      FBでつい勢いにのせられ、こんな料理器具をポチってしまいました。

      問題。
      さてこいつは一体、何に使うのでしょうか。


      20150607 10


      わかりますかね?

      答え。








      ↓↓↓↓↓


      20150607 11


      そう、
      目玉焼きなのです(笑)。
      スカル目玉焼き作りキット。
      その名も、
      「SKULL EGG CORRAL」。


      使い方。(超自己流)

      まず、玉子を二つ用意します。
      それぞれ黄身がガイコツの目になり、白身が骨になる、
      ということでそれぞれを分ける必要があります。
      小さなボールに白身を入れ、黄身はくずれないように殻の中に入れたまま…


      20150607 08


      フライパンに油を加えて数十秒ばかり熱し、器具を乗せます。
      本当は油などを内側に塗ってあげるといいのかもしれないけど、面倒なので余りやりません(汗)。
      そして、目のところに黄身を、てろっと。


      20150607 07


      更に白身を流し込みます。
      こぼれ出てきたら、早いとこスプーンとかですくって再び入れてあげちゃえば、オケ(笑)。


      20150607 06


      さあ、焼けてきましたよ。
      ここまでは、うん、そんな難しくない。
      寧ろ、これから。

      「いかに黄身(目)を崩さずに焼き、取り出すか」

      この料理の一番難しいところが、このポイントなんですわ。
      どうしても黄身が崩れがちになっちゃうし、崩れまいと少しだけよく焼こうとすると黄身の硬い目玉焼きになっちゃう。
      この加減と、取り出す際のデリケートさ、
      これがこのガイコツ目玉焼きのキモ。

      初回。
      見るも無惨な、ゴアグラインド。


      20150607 09


      こうした失敗を何度か重ねて、本日は…。
      うーん、まだまだ…。


      20150607 05


      出来たら、ケチャップでアレンジ。
      しかし、きたねーなおい(笑)。

      ようつべでも作り方があるんだけど、絶対こんなうまくいかんです。
      おっかしーなあ。


      さあ、失敗は次に活かせばそれでいい。
      気分を切り替えて、休日のお昼はこいつでビール。
      本日はコイツでいきますか。


      20150607 01


      ふくろう印でお馴染み、木内酒造さんところの、「常陸野ネストビール」。
      国内コンペをはじめ、世界の名だたる賞をも受賞している日本の地ビールの最強豪として知られる、こちら。
      常陸野ネストといえばホワイトエールやエクストラハイなどが有名ですけど、実は種類もそれなりに豊富。
      なのでなかなかコンプリまで至らない。
      実を言うと、本日飲むこのアンバーエールも今回が初めて。
      ちなみに購入先は、手が沼沿いの我孫子のイオン(笑)。
      あそこ、結構置いてあんだよねー。


      20150607 03


      「常陸野ネストビール アンバーエール」
      ◆タイプ:上面発酵
      ◆スタイル:アンバーエール
      ◆アルコール度:6%


      先の通りかなりな種類を出している常陸野ネストビールの中でも、重厚かつ濃厚な味わいなのが、このアンバーエール。
      色合いは、濃いめに赤みがかった琥珀色って感じかな。
      では。

      うん、
      香りは強めのモルトに加えて、やや重層的。
      飲み口はコクの中にほんのりと甘みがあるのだが、基本的には落ち着きある味わい。
      そして何より、その後の喉を通った後の、ぐうっとガッツリ迫る苦みが、特徴的。
      この飲み終わったあとに残る苦みが、なんとも美味い。
      全体的に、なんていうのかな、抑制が利いている。
      例えば、フルーティな甘さも、パンチのきいた苦みも、ほどよく抑えられている。
      だからしっかり奥行きがあって、かつバランスが取れている。
      ああ、良く作られた、出来のいいビールなんだなあ、とそういうのがよく伝わる。


      20150607 04


      「常陸野ネストビール」はこれまで色々飲んできたけれど、
      このアンバーエールも、悪くないぞ。
      うん、もうちょっと飲んでもいいな。

      「I HARDCORE YOU インペリアルIPA」がめっちゃ美味い件

      0

        このあと滅茶苦茶 節句した。


        20150305 03


        てことで、3月3日といえばひな祭り、ですね。
        てことは、いわゆる桃の節句、ですね。
        てことは、娘かわいさと、自分の身かわいさ(注:二日酔い)で早くのお帰り、ですよ。
        そして、こういうときには、おじさま、何か作りますよ。

        桃の節句にかけて、
        桜鯛のアクアパッツァ!
        …と思いきや、真鯛の半身のいいのがあったので、それ替わりにしてみりました。
        うん、そりゃこっちのが豪勢。
        いいんだよ、こまけーことは以下略だよ。


        20150305 01


        作り方。
        鯛、焼く。
        あさり、ぶっこむ。
        ワイン、ぶっこむ。
        軽く煮詰める。
        以上。
        サレてる割に、結構簡単。
        そんで、間違いなく美味い。
        いかにも豪快、男子料理にして、実は失敗少なく、フツーに美味い。
        そんな、男子オススメメニウ、それがアクアパッツァ。
        あとで向こうのブログにレシピ書いておきますね。

        さあ、そんな料理にはお酒も必要。
        本日は、こいつをご紹介しますね。
        ワイン?
        ちげーよ、ビールだよ。
        相性?知らん。知らねーよ、そんなの。
        (本当は「墨廼江」合わせて飲んでるのはナイショ)

        「I HARDCORE YOU インペリアルIPA」


        20150305 02


        色合い、しゃらくさい濃いめのダークオレンジ。
        そしていかにもブリュードッグらしい、フレッシュなフレイヴァー。

        お馴染み、あのブリュードッグとミッケラーのコラボによるダブルネームのこちら。
        言うまでもない、そりゃ凄いわっていう、諸手あげちゃう最強コンビ。
        いうなれば、ケンシロウとレイ、
        或いは、SLAYERとPANTERAがヘッドライナーだった初回BEAST FEAST。
        え、言い過ぎ?
        え、そう?うん、ですよね、はい。
        なんでもこちら、かの「ratebeer.com」で99点という高得点を獲得したのだという。
        ふーん。
        で?
        けっ、しゃらくせえ。
        権威がなんぼのもんじゃい。
        ドントトラスト、オーソリティ。
        お前なんて飲んでやる。飲み干してくれるわ!

        口当たり。いかにもIPAらしい、がっつり感。
        でもすぐに追う、なんだろこの豊潤さは。
        口に含むと、甘い重層的なうま味が広がる。

        いかにもブリュードッグらしいホップの香り強いIPAながら、それだけに終わらない甘み。
        この甘みが、苦みからどわっと自己主張する甘みが、このビールの真骨頂。
        そしてそれを支えているのは、ホップのしっかりした強固な苦み。
        ていうか実際結構苦いはずなんだけど、それをさほどに思わせない甘みとのバランス。
        この双方のがっつりした力関係が、このビールを美味しくしている。
        うーん、美味い。
        これは確かに美味いぞ!?
        いやこりゃ相当美味いぞ!?

        というわけで、ハイ、フツーにめっちゃ美味しかったです。
        権威万歳。
        やっぱり判ってる人の評価だよねー。
        え、言ってることが違う?
        いいんだよ、こまけーことは以下略だよ。
        またこれ、買います。是非とも。

        ブリュードッグ パンク IPA、デッドポニークラブ

        0
          こないだの記事で、紹介したビールたち。
          そろそろ飲んでやる、いや飲まないでか!ということで1本ずつのご紹介を行いますよ。


          東京リカーランド(北千住) 〜東東京のクラフトビールの聖地、再訪 | フリーライター黒崎正刀の、飲んだくれ手記
          ご購入先は勿論、東京リカーランドさん


          まずはこいつ、ブリュードッグの缶もの定番二本から。
          あ、グラスのことを突っ込むのはヤボなのでやめましょう。
          みんな、大人だろ?
          思いやりを大切にしてこうぜ、な!

          はい、いつもの青ラベル、
          みんな大好きピンクOPA。


          20150126 02


          おっさん、おっさん。

          ええと、
          2007年、スコットランド北東部のフレザーバラであがった、クラフトビールの革命の狼煙。
          それが、ジェームズ・ワットとマーティン・ディッキーによるブリュードッグ・ブルワリーの始まり。
          その看板ビールが、このパンクIPAなのです。

          …て判ってますよね、うん。
          でも、もう少しだけ知らないひとのために、ご紹介させてくださいね。

          通常のラガーの40倍以上も投入したスコットランド産ホップ。
          さらに加えて、ほぼ完成に近付いた段階で、直接多量のホップを投入。
          そう、いわゆる、ドライホッピング、てやつですな。
          この手法によって加熱の加わらない新鮮なホップの香りを与え、独特の柑橘系を思わせるアロマに仕上げた逸品。
          IPAらしい強い苦みと、フレッシュな香りが売りの、一番人気なスタンダードにして、
          THIS IS THE BREWDOG、
          それがこのイングリッシュスタイルインディアペールエール、パンクIPAです。

          では、
          いつもながらのこの1本だけど、でも基本なので改めてご試飲レビューいっときましょ。
          ちなみにこの写真は、瓶モノとあわせて。
          昨年の「おじトーバーフェスト」(笑)で撮ったものを再アップ。


          20150126 01


          「ブリュードッグ パンクIPA」

          原産地:スコットランド
          アルコール度数:5.6%
          ビアスタイル:IPA


          色合いは薄い黄金色。きめの細やかな泡。
          爽やかなグレープフルーツの香りがたまりません。
          ああ、この香りやあ。
          ライトな飲み口に溌剌とした爽やかなフルーティさ。
          シトラスを彷彿させる、香りと甘みが豊かに広がる。
          その後、ビターなホップが、ぐうっと迫る。
          キレがよくて、ドライ。
          苦いけれど、爽やかで飲みやすい。
          甘みと香り、苦みのバランスの取れた、非常に美味しいビール。
          ブリュードッグの、入門にして鉄板。
          うん、やっぱり美味しい。


          さあて、本日は更にもう1本いきますよ。
          こちらも定番もの、
          同じくブリュードッグさんの、デッドポニークラブを。
          あー、こっち先に飲むべきだったか。
          でも仕方ない。


          20150126 03


          「ブリュードッグ デッドポニークラブ」

          原産地:スコットランド
          アルコール度数:3.8%
          ビアスタイル:アメリカンペールエール


          ほんのり赤みがかった濃いめの色合いがキレイ。
          やはり柑橘系の香りがそそります。
          でもこちらはアメリカンペールエール、
          よって、パンクIPAに比べると、あの強い苦みは抑えられ、より軽やかで爽快。
          しかもアルコール度数も抑えめで、さっぱりしていて、更に飲みやすい。
          夏、あるいは最初に飲むにはうってつけのビールかな。
          加えて、ややスパイシーで、ホップの香りが強め。
          それも手伝って、つい、ぐいぐい飲んじゃいそう。
          思わず、ガブガブしたくなる、そんなビール。


          うん、両方とも定番だけど、やっぱり美味い。
          なんだかんだで、やっぱり美味い。
          そんなブリュードッグの、絶対外さない安定の2本を、まずはいただきます。

          ヤッホーブルーイングとローソン共同開発のビール「僕ビール、君ビール」が予想より全然美味かった件

          0
            誰が決めたんだか知らないですけど、
            昨日、11月6日は、
            「International Stout Day(インターナショナル・スタウト・デー)」だったみたいです。


            International Stout Day is November 6, 2014!
            11/6はスタウトの日!(え?)


            そういえば、昨夜、俺もギネス飲んだっけ。
            いや、それとは全く無関係に、
            ただフツーにコンビニで買って飲んだだけなんですけどね。


            ところで、
            コンビニといえば、最近人気らしいですね。
            ローソンのオリジナルビール。
            カエルどころか売り切れで買えないらしいよ!
            (テン年代最先端ジョーク)


            ローソンらが共同開発した「僕ビール、君ビール」が売れすぎ - ライブドアニュース
            コンビニ界初のオリジナルクラフトビール!


            カエルイラストの見てくれアーティシズムといい、
            何よりこのゼロ年代以降のセカイ系ネーミングセンスといい、
            おインディーロックに目覚めちゃった自意識こじらせ文系大学生の臭いに、
            軽くおっさん身構えちゃうところなんですけどね、
            困ったことにどうも美味いらしいのですよ、これが。
            参ったなー。

            ところが、それを聞いて自分が立ち寄ったローソン数軒には、
            残念ながら置いてない!
            マジで見ない。
            確かにネットでも見るように、売り切れしてるらしい。
            何この幻のビール、
            誰かが一杯買ってんの?

            大体、こういう情報にすぐ安直に煽られて、
            すぐさま買い占めに出るような大人がいるから、
            皆に行き渡らないで消えちゃうんだよ!


            …というわけで、
            消える前に買い占めてみました!
            店の4本、まるまる全部買ってやったったwwww


            20141107 01


            ていうか幾つか回ったローソンだけど、
            最終的に一番自分ちから歩いて近い店にあったというね。
            何このちょっとした幸せの青い鳥。
            一番大切なものは、ぼくのすぐそばにずっといたんだね。
            僕ビール、君ビール!(自意識こじらせて腐敗したニヤケヅラをぶら下げつつ)


            さて、ここで!
            ついでに、ローソンといえばファミチキ。
            …じゃねーよ。
            黄金チキン、な。
            テメエんとこの商品で、しかも鶏カラで、テメエんとこのビールに合わないわけがあるまい。

            あと、
            こういうのも見たけど、僕とは契約してないので今回はスルーしました。
            つーか麻婆味って。
            わけがわからないよ。(お約束)


            20141107 03


            どうせならあんこにすれば良かったのにね。
            中は真っ黒ってね。


            さて。
            おうちに帰って、少しばかり、カエル観察。
            どうやらこれは、「セゾン」というスタイルのもので、
            新鮮な若い果実のようなアロマと、キリリと効いたホップの苦味が特徴です。
            …ってまんま缶に説明が書いてあります。
            ふーん。

            では、早速ご開封。


            20141107 05


            色合いはやや薄め。
            透明感のある、ゴールド。
            香りは確かに爽やかな柑橘系。

            それでは、ごくり。
            うん、
            新鮮な若い果実のようなアロマと、キリリと効いたホップの苦味が特徴だ!

            …てまんまですけど、
            まー確かにその通りですよ。

            なんだろね、
            すっきりしたフルーティな香りはシトラスを彷彿させつつ、
            そこに合わさるホップの程良い苦味がグレープフルーツをも思わせる。
            しかも飲み口がよく、さっぱりしていてクセがなく、飲みやすい。
            うん、クラフトビールの入門編にぴったりかも。
            (上から目線)


            それじゃ試飲も終えたので、少し合わせて飲んでみますか。
            まずは、チーズから。
            これも同じくローソンでご購入。


            20141107 02


            チーズっつーか、チー鱈だけどね。
            大人(オッサン)の味。

            うん、
            チーズの味わいを邪魔せず、すいすい飲める。
            でもその分、このビール本来の楽しさがチーズのこくや旨みに埋もれる感あるなあ。


            では、ファミチキ、
            じゃねーよ、黄金チキンを。
            これで合わなかったら、ローソンないな。


            20141107 04


            ………。

            あ、いい!(笑)

            スパイシーなチキンの味わいと、
            フルーティながらもさっぱりしたビールがマッチしてる上、
            このさっぱりした後味が、チキンの脂っこさを流してくれる。
            強めの味付けに、
            ホップの強すぎない苦味も、ぴったんこ。


            うん、最初はちと抵抗もあったけど、
            全然アリだな、僕ビール!
            とゆーことで、これからまたリピりたいと思います。

            …と思ったらなんだよ、期間限定なのかよ。
            こりゃ大人として、たっぷり買って飲まないとな!(買い占め犯誕生)

            「サッポロ 百人のキセキ 至福のブラウンエール」が美味すぎて生きるのがほどほどに楽しい件

            0
              ありのまま昨日起こったことを話すと、
              朝、葛西から幕張の客先に移動しようと思っていたらいつの間にか夜になっていて、
              何を言っているか判らないと思うけど、おじさまも何をされたかわからずジャンプを4回くらい読み返してた。

              東京千葉間の要の湾岸線橋でトラック炎上道路封鎖とか、
              逃げ道なしの超激烈渋滞とか、
              そんなチャチなもんじゃないもっと恐ろしい尿意との戦いを味わったぜ…。


              <事故>トラック炎上 2人死亡 千葉・市川 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
              市川シティ交通網、詰んでた。


              つーわけで、こないだの月曜。
              そう、ユルベルト二日目のことですよ。

              いやね、
              本当なら早めに帰って、チケ3枚くらい買って、
              んで、ユルベルトもう少しだけ楽しんじゃう、つーのもアリかなー☆
              …なんてね、
              そんなうすら甘っちょろいタワゴトを、 ニンマリしつついやらしく考えていたりなんかしちゃったりしてね。
              とにかく、そういうのがね、
              全部飛んじゃった。

              ごめん、
              ほんとごめんなさい、
              マジおうち帰らせて。
              お願い、この渋滞地獄から出させてください。
              この右折車線なんかね、軽く1時間以上いたからね。
              気分的には、一生分の右折車線経験つってもいいくらい。
              軽めにあれここ自分ちかな?とか思いかけるくらい。
              これ、地味にすげーつらい。


              20140910 05


              あとね、
              湾岸って逃げ道ないのね。
              コンビニも何もないのね。
              だからね、
              んー、きみも男だ、することは…わかるな?

              そんなわけでこの日はもう、何かな、一日車内で汗ばみながら尿意と闘っていたような、そんな記憶しかないですわ。
              葛西→幕張ごときで6時間の片道旅行。
              勿論もれなく、ステキなオープントイレの開放感つき。
              もれなくっつーか危うくもれそうになったんですけどね。


              こういうついてない日はもう、うち飲みでいいよ。
              とっとと潔く帰ってだ。
              コンビニでも寄って、カゴにビールつっこんでだ。
              で、うちでプシュ。さあ、あとは風呂、で、寝て忘れよ。
              それでいい。

              最近のお気に入りのビール、これでも買ってね。


              20140910 03


              彼女の名は、
              ​「サッポロ 百人のキセキ 至福のブラウンエール」

              みてくれも優れたべっぴんさん。
              ブラウンエールの通りの茶色をバックに、
              麦とホップをモチーフにした、シンプルでポップな外装もオサレ。


              思えば、先月。
              忘れもしない、まだ暑い夏の夜。
              いつまでも延々クソくだらねえクソ会議しやがって、残りの後頭部焼け畑にしたろかこのクソ本部長!
              といらついていたおじさまが寄った、支社近くのファミマ。
              大都会の摩天楼と、燦然ときらくめくレインボーブリッジの下。
              そこで、ぼくたちは出会ったんだ。


              20140910 04

              キレイだね…。
              え、夜景?
              …バカ、違うよ…おじさまのことだよ…


              てか、あれですよ、
              いいですか?
              かのサッポロが、エールビールですよ。
              上面発酵ですよ。


              [コンビニ限定商品 ビール]サッポロ 百人のキセキ 至福のブラウンエール | 商品情報(サッポロビール) | サッポロビール
              大事なことなので二回言うけど、あのサッポロが上面発酵!


              なんでもこのビール、
              サッポロビールさんと12000人のユーザーさんが、Facebookを介して共同開発を行った、とのことです。


              20140910 02

              百人ビール・ラボ


              まあ別にそんな開発経緯はどーでもいいんすけどね。
              美味けりゃよかろうなのだー!
              さ、まずは飲んでみましょう。


              20140910 01


              色は濃いめの琥珀色。
              まず、酵母の香りにほんのり混ざる、やや酸味を思わすライトなシトラスの香り。
              これが、いい。

              では、ごくごく。

              うん、口当たりは苦味混じりの酸味。
              スパイシーな香りも心地いい。
              そしてその後、程のいいこくを備えた喉越し。
              ラストは、さほど強すぎない苦味と柑橘系がすうっと、後を引く。

              この苦味がしかし、どぎつさをさほど感じないのは、やっぱりバランスがいいからなのか。
              確かにコクの深みについては少々弱めという気もするけれど、でも寧ろ爽やかな飲みやすさとのそのバランスが、このビールの要。
              ラガー一辺倒の人にとっても、飲みやすい、手軽で万人うけする優れものと言えるでしょう。


              これを機会に、ラガー一辺倒な大手ビールメイカーも、
              がっつり美味しいエールビール作ってくれるようにならないかなあ。
              などと上面発酵派としては思いやまないわけですが、
              まあ、とりあえずさしあたってはしばらく、こいつを夜のお供にすることにしますね。

              デイ・オブ・ザ・デッド アンバーエール〜これはかわいい!しかも美味い!

              0
                トランスフォーマー、見てきました。
                作風が変わってCGが随分アニメっぽくなってんのな。
                あとロボットじゃなくて、少女がトランスフォームする百合ものだったよ!


                20140804 06


                そんなことはさておき。

                映画も見たし、外飲みもこのところ続いているし、たまにはおうちで晩酌でもすっかなー。
                そう思いながら、いつものモラージュの輸入食材屋さんに入ったんですよ。
                うん、柏ピープルなら皆知っている、16号からちょいと入ったモラージュの1階、ヤオコー手前のお店ね。
                そこで見つけました、このクラフトビール。

                何これヤヴァイ、ラベルめっさかわええ!


                20140804 05


                20140804 02

                しかも、その名も「デイ・オブ・ザ・デッド」。
                「死霊のえじき」かよwwwww
                めっちゃおじさま心を刺激するビールやな!


                それぞれヘーフェバイツェン、アンバーエール、IPA、ポーターと、4種類。
                いずれもメキシカンなガイコツがメメントモーリっていて、スカルかわいいことこの上なし。
                これは買うだろ、普通に買うだろ!

                一目でお気に入り、その中からまずはアンバーエールを早速お買い上げ。
                では、グラスに注いで、一緒に買ったソーセージも焼いて、
                さあ。
                その名の通り、お毒味タイム。


                20140804 07


                うん、
                まずはぐいっと迫るスパイシーさと、モルトの香り。
                メキシコビールって飲んだことないけど、こういうものなのかな。
                モルトの香ばしく甘い味わいが、しかしクドくなく、程良く伝わる。
                それは毒々しいラベルを思わせるようなアクの強さではなく、割と柔らかで加減を踏まえた品のある感じ。

                いや、これ割とアリだな!

                それにやっぱり装いがいいもの。
                ラベルに書かれた、”DEATH BECOMES YOU”のメッセージ。
                しかもキャップもガイコツという、ういやつ。


                20140804 03


                調べてみると、この「デイ・オブ・ザ・デッド」、
                「死霊のえじき」でのことでは勿論なくて(笑)、死者の日、って要するにメキシコのお盆のこと。
                そしてこのビールは何でもそのメキシコのバハカリフォルニア州にあるマイクロブルワリーにて、伝統的な醸造技術で作られた、れっきとした由緒あるクラフトビールなのだとか。

                おお、そ、そうでしたか…!

                しかも4種類のうちポーターは、アメリカのビール専門誌「DRAFT MAGAZINE」の選ぶビール・オブ・ザ・イヤー2013において栄えある最高得点を獲得したという話じゃないですか。
                つって、それがどんだけ凄いんだか大したことないんだか全く判らないけど、でもよく知らないと権威に途端に弱くなるジャポネーゼなんで、へえ、と感心してみる。

                ソース。

                メキシコビール伝統の味、デイ・オブ・ザ・デッドが発売 – タイムアウト東京ブログ
                これは買いだろ!飲んで瓶飾りたいだろ!



                次はこのアンバーエール以外にも、味見してみたいもんですな。



                1/1

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                • ひとり屋(南柏) 〜昭和歌謡の情緒にひたってノスタルオヤジーに極上レバーをいただく
                  三上 比沙子
                • ■おいおまいら!この夏は「枝豆ペペロンチーノでビール」が最強ですよ
                  青いU
                • ■おいおまいら!この夏は「枝豆ペペロンチーノでビール」が最強ですよ
                  のぶ
                • 【やってみた】すき家でちょい飲み
                  はなちゃん
                • 爺爺(柏)〜接客最悪!これだったら二丁目酒場いくわ!
                  クソ爺爺
                • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
                  山口
                • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
                  黒崎正刀
                • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
                  山口
                • ■年始のご挨拶 2016
                  葉っぱ
                • ■?(門前仲町) 〜リーズナブルで居心地よし、出来れば教えたくない隠れてないけど隠れ家的上質燻製バル
                  オジサン

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode