<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

■中村酒店の「中村さんを囲む会」に参加してきました

0

    さて。

    取手、守谷、その周辺の地酒の名店といえばこちら、ご存じ「中村酒店」さん。

     

     

    ■中村酒店

     

     

    いつも厳選されたハイクオリオティな美味しい銘酒を、適正価格で売ってくれる、常磐線沿線の地酒の良心。

    それが「中村酒店」です。

    そんないつもお世話になっている中村酒店さんが主催するという、地酒試飲会に行ってきました。

    しかも今回は、その店長中村さんを囲む会。

    中村酒店さんになじみの深い厳選されたお酒をたらふく飲みながら、その中村さんとも一緒に飲める、というステキイベント。

     

     

    20170218 14

     

    (お酒ついでサービスしてばっかいないで、もっと飲んで中村さん!)

     

     

    今回の会場は、守谷のイタリアン、「オステリア・アルバ」。
    駅から少しばかり遠いので飲みにいったことはないけれど(今度行ってみようっと)、
    でも前に同じく中村酒店さん主催試飲イベントで出向いたことがあったっけ。

    実はこちら、地元価格の手ごろなイタリアンとワイン、そして中村さんのところの日本酒が飲める、という我々ナカムラーズにはなじみのあるお店です。

     

     

    20170218 15

     

     

    先の通り、今回は店長中村さんも交えて、一緒に主銘柄を飲みながらなじみの深いお酒を飲みなおそう、という企画。
    つい季節もので追われる(てか最近は日本酒離れしちゃってるけど汗)ことの多いこちらとしては、改めて定番品を味わう、いい機会。

    そんなわけで、ざっくり出てきたお酒の感想を、だだだっと連ねますね。

     

    (今回お酒写真撮り損ね多いです。文章ばっかで申し訳ない…)

     

     

    ■泰平海


    茨城は石岡の府中誉酒造さんのお酒。
    何でも中村酒店さんで最初に扱った地酒とのことです。
    すっきりした青りんごのような香り、すうっと入り込む優しさ。クリアな透明感。そして喉に染み入る、ほどよくジューシーな酸味。
    ああ、久しく日本酒飲んでないけれど、そうだ、こういう美味しさだったっけ。
    てか、泰平海ってこんなにも美味かったっけ。
    しばらく米も日本酒も取らないとつい味覚の強いものはしつこく(あるいは甘ったるく)感じてしまうようになってしまうのだけれど、これは違う。
    美味いなあ、としみじみ実感。

     

     

    ■武勇

     

    最近、中村酒店さんでのフューチャー度がやけに高い(ように思える笑)こちら。
    同じく茨城県は、こないだ行った結城の蔵元さんです。
    すっきりしつつ辛口でシャープ。クリアだが清廉としたおもむきで、安定感がめっちゃ高い。
    だから温度を変えても、旨みがぶれず、様々な表情を出すのだろうな。
    燗をいただく。
    ああ、そう、武勇は燗が美味いんだ。
    旨みが膨らむんだ。
    いいなあ、武勇。最近とくに好きです。

     

     

    20170218 03

     

     

    ■黒龍

     

    ようやく画像が(笑)。
    いわずと知れた、ですねこれはもう。
    福井の黒龍酒造さんのところの、これは「いっちょらい」。
    きれい。滑らか。するりと入り、すうっと通る。
    そのきれいさがときに物足りなさを感じてしまっていたのだけど、日本酒から離れてみると、そのきれいさに改めて気付く。
    はい、やっぱ美味いですよね。

     

     

    ■鶴齢

     

    新潟県は南魚沼市の青木酒造さんのお酒、鶴齢。
    スノボで新潟に行った際に出会った、自分にとってもなじみのあるお酒。
    フルーティでジューシー。酸味ものってる。
    でも最近日本酒を飲んでなかった自分には、すこーしばかりくどい感。
    あれー?
    おっかっしいなあ。
    前から鶴齢は大好きだったし、美味いと思っていたのだけど、完全に味覚が変わっちゃってる。
    フルーティさが苦手になっちゃってる。

     

     

    ■鳳凰美田


    いわずもがな、栃木県は小山市の小林酒造さんの逸品。
    ここのタイトル画像もこいつです。
    一言で言えば、華やか、優美で甘い。だがそれだけでなく土台のしっかりしたお酒。
    うん、知ってる。よーく知ってる。
    ずっと飲んできたし、銘柄比べもよくやったし、保存して年数を変えての飲み比べもやった。
    でも、ああ、この華やかさが米&日本酒離れしてると、重く感じる。
    違う、違うのですよ。
    べつに鳳凰美田のせいじゃない。
    こっちの勝手な味覚の変化のせいで、重く感じてしまうのですよ。
    ああ、どうしてだろう。

     

     

    20170218 02

     

     

    ■喜久酔


    静岡県は青島酒造さんの、喜久酔。
    純米酒でも十分に美味いとそのハイコスパで知られるこちら。
    ハイコスパっつーか、ベースが本当に強固で完成度が高く、安定感がある。
    するりと入る飲み口から、そのなめらかさを維持しつつ、じゅわっと旨みを広げる。
    ああ、こりゃあ確かに美味いわ。美味いよねえ。
    それが伝わる、いいお酒であります。

     

     

    20170218 04

     

     

    ■伯楽星

     

    これももう、言うまでもない人気名酒ですね。
    宮城県の新澤醸造店さんによる、「究極の食中酒」。
    なめらかで優しく丸みのある味わい。すうっと入る抵抗のなさ。
    もう完璧です。

     


    さて、その間にお店の美味しい肴が。

    まずはオードブルから。

     

     

    20170218 13

     

     

    奥のくるみと干し柿の白和えも美味いけれど、真ん中のうどに和えられた味噌が、うめええ!
    なんでも秋葉糀味噌醸造さんのつむぎ味噌というものらしいが、これだけで飲みたい!
    じーっくり、ちびちびつまみながら、これだけでずうっと飲んでいたい!
    聞けばこちら、茨城県の結城にあるらしい。
    ってこないだ行ったばかりやんけ!
    今度は絶対行ってやる!

     

     

    20170218 12

     

    (これだけぺろぺろしながら、酒飲める美味さ!)

     

     

    20170218 11

     

     

    お刺身。
    ベタだけど、美味い。
    ブリ刺し、
    そして白身のこれは鯛かなあ、これも美味い。

     

     

    20170218 10

     

     

    筑前煮。
    本場筑前町で学んだものらしいですが、これもいい。
    当然ながら、酒が進む。

     

     

    20170218 09

     

     

    天ぷらが数種。
    ええと最初は、なんだっけ?(汗)

     

     

    20170218 08

     

     

    ホタルイカ。
    へえ、ホタルイカの天ぷらなんて初めて。
    苦味のうまみが利いてます。美味い。

     

     

    20170218 07

     

     

    たらの芽。
    いやはや、春ですなあ。
    これまた苦味の美味い、この時期ならでは。

     

     

    20170218 06

     

     

    しいたけ。
    まあ普通です。

     

     

    20170218 05

     

     

    つみれ鍋。
    あったまるなあ。
    大根も柔らかい。
    そしてつみれがまた、美味いっす。

    最後はおじやで、シメ。

     

     

    いやあもうたっぷり摂取しちゃった、炭水化物。
    軽く一週間分は取った気分。
    でも、美味いよねえ、やっぱり日本酒は。
    早く普通に自宅の晩酌で飲めるようになりたいものであります。

     

     

    20170218 01

     

     

    追伸酒飲み談義。


    向かいの女子様が腕につけていた腕時計が、なんとツェッペリン。

    ずうっと左腕見入ってました、実は。
    ドイツ時計、メカニカルで計器っぽくて超かっちぇー!
    しかもみんな北欧ばかりの中(自分もこの日はDW着用/笑)で、めっちゃ新鮮。
    本当にええセンスしてんなあ。見習わないと。

     

    つーか女子がこういう時計をするのって、男子にとってすげーオサレ度高いし、ポイント高いし、評価と注目度高まるもんですよね。
    で、逆もまた然り。省みれば、自分も女子にほめられるのって、ストールだったりチョーカーだったりする。

    要は。
    小物って男女ともに「異性も判るいいものを」ってのは、やっぱり本当なんだなあ、ってしみじみ思い知らされました、はい。
     

     

     

    ☆お店データ

    ◆店名:オステリアアルバ
    ◆ジャンル:イタリアン、
    ◆場所:茨城、守谷、南守谷、取手、
    ◆住所:茨城県守谷市けやき台5-17-4


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ひとり屋(南柏) 〜昭和歌謡の情緒にひたってノスタルオヤジーに極上レバーをいただく
      三上 比沙子
    • ■おいおまいら!この夏は「枝豆ペペロンチーノでビール」が最強ですよ
      青いU
    • ■おいおまいら!この夏は「枝豆ペペロンチーノでビール」が最強ですよ
      のぶ
    • 【やってみた】すき家でちょい飲み
      はなちゃん
    • 爺爺(柏)〜接客最悪!これだったら二丁目酒場いくわ!
      クソ爺爺
    • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
      山口
    • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
      黒崎正刀
    • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
      山口
    • ■年始のご挨拶 2016
      葉っぱ
    • ■?(門前仲町) 〜リーズナブルで居心地よし、出来れば教えたくない隠れてないけど隠れ家的上質燻製バル
      オジサン

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode