<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

■残念な店で飲んだときの後悔感は何故あんなにハンパないのか

0

    別に、何か悪態つきたいわけじゃない。
    ましてや店名をさらして悪口言いたいわけでも更々ない。

    しかも実際、そんなに悪い気分だったわけでもない。

    どころか、例えば接客面でもっとクソな店も世にはあるわけで、そういう意味ではまあ、そんな悪い店だったともさほど思わない。

    だから寧ろ、余り触れたくない。関わりたくない。

     

    でもね、

    それでも、ですよ。

    我々客は、その店に期待してお金や時間を用意して向かうわけでね、

    だから残念な店に入ると、うわーやっちゃったわ、とね、ぶっちゃけ思うわけです。

    いやダメでしょ、と。
    しくじっちまったなー、勿体ねーなあと。
    長いこと呑兵衛やってると、たまーに、そういうハズレがある。

     

    今日はそんな話です。

     

     

    20170527 06

     

    (今回は話題上、毒性が高まってきたら中和のために天使画像を入れて中和をはかることにしますね)

     

     

    きっかけは、客先での会話。
    このお客さん、偶然にもうちの近所だった。
    そういや、あそこの居酒屋さん、ちょっと前に新しく変わったんだよねー、と。

    近くのスーパーに寄るとき通からいっつも気になるんだけど、あそこってどうなんですかねー、と。

    それで試しに覗いてみた。

    で、これが、完全に失敗でしたわ。


    いやね、そこまで悪い気分になったわけじゃ、実は全然ないんだ。
    マスターは気さくな人だったし、こんな一見さんにもそんな排他的に向かうわけじゃない。
    だけどね、つくづく残念さに満ちていた。

    なんだろ、完全にど素人商売だった。

    それに開き直ってる店だった。

     

     

    20170527 04

     

     

    カウンターだけの小さな居酒屋。

    いや、それは別に何の問題もない。
    でも、メニューはたかが5品程度で、いずれにしても全くそそられないものばかりが並んでる。

    やれ、からあげだ云々でこっから選ぶの?って感じ。

    加えてお酒も、ろくに揃ってない。

    つーか、店のコンセプトそのものがよく判らない。

    判らないというか作れてない、そもそも何も考えてない、って感じ。


    マスターいわく、


    「これっていうのがないのが、寧ろこの店の売りかなーって(笑)」

     

    いや、笑えないから。
    こっちゃ金払って、様々な選択の中で来てんだから。

    全然笑えない。

     

     

    20170527 03

     

     

    仕方ない、

    まずは500円の生ビールを。

    あーあ、こんな環境で、生500円かあ…。

     

    さて。

    つまみ…ですかあ。

    どれ頼んでもハズレ感、ハンパない。

    でも悩んでも仕方ない、無難そうなベーコン炒め、それもらおうか。

     

     

    20170527 02

     

     

    はいー、ものの見事なハズレでした。

    店の前のスーパーで買ってきた安ベーコンと菜っ葉炒めたのがこちらです。

    普通に、カウンターの目の前でスーパーのベーコン切って炒めてた。
    一瞬軽く真顔でヒいたよね。

    こんなん酔った俺でも普通に作れんじゃん、と。
    寧ろ俺のがうめーから。工夫もすっから。

    なのに、これで500円。
    200円の間違いじゃないの?

     

     

    20170527 05

     

    (おっと、中和、中和っと…)

     

     

    聞けばマスター、なんと酒嫌いらしい。

     

    って、えええー!?
    でも、何となく判るかも。

    大体、自分が売るものを好きでない人が、好きじゃない空間で売って、そんな商売がうまくいくわけねーじゃん。

    こっち楽しくなるわけねーじゃん。

    顔では笑ったり、へえーそうなんすかーとか対応しつつ、心もち悲しくなりながらのウーロンハイ。

     

     

    20170527 01

     

     

    (あー…減らねえ…(笑))


    とにかく、


    「居ぬきで安く手に入ったから、脱サラして居酒屋やっても何とかなんだろ」

     

    とね、
    店からは明らかに、そんな無計画で勉強も研鑽もろくにしないドシロウトの安直さと短絡さが伝わってくる。

     

    となると、地元常連さんのたまり場というのが唯一の存在価値だ。

    実際、ここでビール飲んでおしゃべりしたい方々が主なお客さんだ。

    いや、別に全然いいんですよ。

    うん、
    常連だけがたむろして、細々やってる。
    そういう店が、別にあってもいいと思います。
    ホント、いいと思うんね。それ自体は。無問題。いいじゃないですか。
    でもね、

    「それだけしか価値がない」っつーと、こりゃ完全に別問題っすよね?

    そもそも俺、別におっさんと話しこみたくてここに来てるわけじゃないんですけど。

    フツーに、美味いもんつまみつつ軽く一杯やれるかどうかで、ここ来たんですけど。

     

     

    20170527 07

     

    (おっと、中和…)

     

     

    あーあ、


    こういうところで酒飲んだときってホント、もったいなくなる。
    お金も、時間も、機会も、カロリーも、感情も。
    まあ仕方ない、酒は一期一会。
    たまにゃこういう日も、こういう店もあるさ。
    でも、ただ一つだけ確かにいえること。

    それは…

     

    二度と再訪はないな。

     

     

     

    本日の教訓、「酒は飲んでも舐めんなよ」、と。
     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ひとり屋(南柏) 〜昭和歌謡の情緒にひたってノスタルオヤジーに極上レバーをいただく
      三上 比沙子
    • ■おいおまいら!この夏は「枝豆ペペロンチーノでビール」が最強ですよ
      青いU
    • ■おいおまいら!この夏は「枝豆ペペロンチーノでビール」が最強ですよ
      のぶ
    • 【やってみた】すき家でちょい飲み
      はなちゃん
    • 爺爺(柏)〜接客最悪!これだったら二丁目酒場いくわ!
      クソ爺爺
    • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
      山口
    • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
      黒崎正刀
    • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
      山口
    • ■年始のご挨拶 2016
      葉っぱ
    • ■?(門前仲町) 〜リーズナブルで居心地よし、出来れば教えたくない隠れてないけど隠れ家的上質燻製バル
      オジサン

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode