<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

■三平(柏) 〜サービスタイムにサンパチ生を狙い撃ち

0

    デブるにはワケがある。

     

     

     

     

    こんな深夜に、何食ってんの俺!

     

     

    さて。

    こないだ、ちょろっと柏を歩いていると、おやっと目に付いた看板が。

     

     

    20170524 03

     


    サービスタイムの21:00まで、中生がサンパチ!?
    大瓶サンパチってのは、まぁいつもの日本海でもあるだけど、生までやるか!

     

    ここは柏駅東口、駅前の道沿い。

    二丁目酒場の並びに見つけた、「三平」なる居酒屋。

    一見、こぶりにひっそりとたたずむ、やや汚なめのいかにも大衆居酒屋。

    よっしゃ、ちょいと覗いてみるのも、悪くない。

     

     

    20170524 02

     

     

    ガラリ。

    まだ少し早めなせいか、平日だからか、或いはいつもそうなのか、

    よく判らないけれど客はまばら。

     

    奥に縦長の作りは、しかし決して広くはない。
    テーブル席に、小上がりが2、3組、あとカウンター数人でもう一杯、といった感じ。
    一人だからカウンターにつく。

     

     

    20170524 09

     

     

    古いが、悪くはないテーブル。

    しかし少々油っぽいな。

    内装は、いかにも大衆居酒屋といったおもむきで、良くも悪くも何にもない。

     

     

    20170524 10

     

     

    おっと、これがそのサービスタイムメニューね。

    サービスタイム終了まであと2時間ちょい。
    なーに、一人飲みでホロリといくなら丁度いいくらいじゃないか。
    まずは生からいこうか。勿論、サンパチだ。

     

     

    20170524 08

     

     

    来ました。

    泡少し多め。

    ちなみにお通しはやっこ。
    まあ、なんてもんじゃない。

     

     

    20170524 07

     

     

    いかにも安居酒屋といった店内は、やや年いった夫婦で回しているご様子。
    柏駅前でひっそり頑張る安居酒屋、といった感じか。

     

    さあて、ここで何食べようか。

    おつまみセット、これいってみよう。

    よく判らないけれど、まずはこいつからだ。

     

     

    20170524 06

     


    一皿に、とんさきと、タコウィンナーと、ごぼう揚げにキャベツサラダがのって出てくる。

    何というもんじゃあない。
    ああ、でもこういうの悪くないかも。
    いかにもセンベロって感じで、しかもサンパチビールにはいい相性だ。

    え、味?
    うーん、まあこういうところだからねえ。
    決して、期待は禁物だ。
    値段相応、とでも言っておこう。
    でもサンパチビールを楽しむんだったら、存外悪いもんじゃない。

     

    そうこうしてると、あっという間にビールがあく。
    もう一杯くらい、ビールいきたい。

    今度は瓶でいこう。

     

     

    20170524 05

     


    こうなると、もう1品くらい欲しくなってくる。
    どれにしようか。
    ここでメニューを初めてじっくり確認する。
    おや?

    ここ、意外と値段…しない…か…?

    いや、枝豆とか奴とかは、確かに安い。

    でも揚げ物とか炒めものは、ほぼ500円超え。

    ボリュームがあるのか判らない。
    判らないけれど、サンパチビールに比べるとちょっといいお値段だ。

    しかも、この銚子だとそれ程までに期待出来そうにもない。

    何せ冷凍品を揚げたり、といったレベルだ。

    うーん、

    少し考える。

     

    焼き鳥1本100円、うん、これだ。

     

    マスター、つくね頂戴。

    マスターが答える。

     

    「へい、何本?」

     

    「うーん、何本から頼めんの?」

     

    「食べたいだけ」

     

    あははは。
    じゃあね、つくね1本と、それだけじゃ悪いからタンも1本頂戴。

     

     

    20170524 04

     

     

    うん、これもまあ、全然普通。
    1本100円だからね、こんなもんでしょ。これでいいの。

    お値段相応。

    恐らく全部、そんな感じ。そんなお店だ。

     

     

    ごっつぁん、お勘定。
    2000円でお釣りの来る、サンパチ生ビール飲み。
    値段は確かに相応だけど、一人飲みなら悪い選択じゃあない。
    そうだな、お金がないときに…また寄ろうかな。
     

     

     

    ☆お店データ
    ◆店名:三平
    ◆ジャンル:居酒屋
    ◆場所:千葉、柏
    ◆住所:千葉県柏市柏2-8-17


    ■喜多方ラーメン坂内 小法師 京橋店(2)(京橋) 〜働いた後の昼ラー飲みも存外悪くない

    0

      休出。
      サラリーマンにとっての、暗鬱な日曜がこれだ。
      朝から、だるい。
      やってらんない。

      それでも午前で仕事も終わらせ、自分へのご褒美。
      さあ、後は自由だ。

      もう帰るだけ。
      少し遅くなったお昼だ、折角だ、ちょっぴり昼酒といこうじゃないか。

      何せこちとら朝から休みに出てきて午前中たっぷり働いたんだ、バチはあたるめえ。

       

       

      本日の出先は、京橋。
      ガチでオフィス街なここらじゃ、週末、ましてや日曜のランチはどこもやってない。
      ましてやランチタイム外すと、かなりつらい。
      でもここ「喜多方ラーメン坂内 小法師」は、鉄壁。
      しかも昼酒、オッケー。
      昼飲みメニューも、そこそこ揃ってる。
      なんとも頼もしいラーメン屋だ。

      誰もいないオフィス街の午後のラー飲み、これを楽しいと言わないで何が酒飲みか。

       

       

      20170522 09

       

       

      ガラリと入る。
      喜多方らしい飾り付けのされた店内。
      昼どきの喧騒もとうに過ぎてまったりしたこの時間帯は、一人ラー飲みにはうってつけだ。

      カウンターに座る。

       

       

      20170522 07

       

       

       

      「明日があるさセット」。
      おっと、だまされないよ。

      こいつは地雷だ。


      これね、前に頼んだけど、ハズレだった。
      つーか、ここ確か、生ビールじゃない気がする。

      今はわかんないけど。

       

       

      ■喜多方ラーメン坂内

       


      だからここはね、冷酒一択。
      ちょい飲みボトル。これが、丁度いい。

       

       

      20170522 10

       


      それでつまみは勿論、「お楽しみプレート」。これでお楽しんじゃう、これがここの正解。

       

       

      20170522 06

       

       

      ちなむとお楽しみプレートの中身は、左から
      冷モヤシ、田楽、炙りネギ叉焼3枚、お漬物、の4点セット。
      これで十分、ちょい飲みボトルが多からず少なからずぴったんこな感じ。
      この塩梅も、いい。

       

       

      20170522 05

       


      叉焼。
      ネギをちょいとのせて、カラシをちょろっとつけて、ぱくり。
      これが美味い。程良く焦げの入った、ジューシーな叉焼。
      このお皿の中の花形だ。
      こいつを口にして、であぶらを流す冷酒がまた、たまんない。

       

       

      20170522 04

       

       

      田楽も、これ、なかなかイケる。
      花形スターの叉焼に対する、クールな二枚目ってやつか。

       

      でもね、こいつらの中での意外な伏兵がお漬物なんだ。
      派手さには欠けるが、しっかり者なデキるやつ。

      中身は福島名物、大根のシソ巻きと浅漬けなんだけどね、先のやつらの合間にこいつらをちょいちょいハシでつまむ。
      残った酒との微調整も効いて、これが実にありがたい。

       

      なお、冷酒は、まあ飲みやすい、程良い銘柄。
      いいの、昼のラー飲みでそこまでこだわってねーから。

       

       

      なんだかんだで丁度いい。
      いつもならこれで終わるんだけど、今日はね、もう少しいきたい。
      働いた後なんだから、もうちょっとだけ、いきたい。
      そんなときゃーね、もう一本つけちゃうんだ。
      冷酒を。おかわり。

       

       

      20170522 08

       


      カウンターで、一人冷酒飲み、いやあ楽しくなってきた。

      つまみも空いたし、何いこか。
      ラーメン屋のつまみの定番といったら、餃子だ。
      ここは3個からオーダーが出来るのも嬉しい。

       

       

      20170522 03

       


      そうそう、こんくらいのかわいいやつ。

      6個も8個もいらない。

      こんくらいで、オヤジはやりたいの。
      ちびりたいの。

       

      餃子はといえば、野菜中心にした味わい。
      …と言えば聞こえはいいが、ぶっちゃけ味は別に格別よくも悪くもない。
      強いていえば、さっぱり目なだけ、昼酒のツマミにゃ合ってるか。
      ま、いいんだよ、安いし、昼はこんなんで。

       

       

      さあて、半分くらいお酒が余っちゃった。
      どうしよう。少しだけ迷って、よしこいつだ。
      センベロの心強き味方、ギョニソーだ。190円。

       

       

      20170522 01

       

       

      日曜午後にラーメン屋で冷酒かっくらって、ギョニソー。

      少々悲しくなりかけるところだけど…って、ばっ、おまっ、ち、ちげーんだよ!我に秘策あり、ってやつだ。

      これを、余った餃子のタレにちょろっとつけて、いただくの。

       

       

      20170522 02

       

       

      ほら、美味い!

      物足りなかったコクや味わいが加わって、アリじゃないかこれは。
      冷酒との相性も、悪くない。

       

       

      ふう。
      なんかちょっといつもより少し頑張りすぎちゃったか。
      昼飲みにしては少しばかりずっしり感、ある。
      でもいいだろ、これくらい。

      シメラー?

      うん、いらない。

      ここ、ラーメン確かに美味しいんだけれど、でも今日はいらないな。

       


      さあて、帰り道に酔いでも覚ましたら頑張ってジムでも行ってくっか。
      で、風呂って、汗流して、でまたビールだ。

      だから昼はこの位で勘弁してあげる。

       

      うん、

      働いた後の昼ラー飲み、悪くないじゃないか。
       


      ■柏の葉T-SITE(2) 〜柏のトレンド最先端スポットで意識低く(?)まったり読書酒

      0

        そんなわけで、柏の葉「T-SITE」、ですよ。

         

         

        20170523 01

         

         

        この春オープンして以来、すっかり意識高い系柏キッズたちのトレンドスポット、サブカル文系(笑)デート&おでかけコースになっているこちら。

        好きな本を読みながら、まったりコーヒーなんてプチ意識高い系気分が堪能できるってことで柏市民にすっかりご好評を得ているわけですけど。

        まあ、詳しいことは前回を読んで頂くとして、ですね。

         

         

        ■「柏の葉T-SITE」(1) 〜いつの間に柏にこんな意識高い系空間が出来ていた件

         

         

        20170521 10

         

         

        あー。
        はいはい、
        いいよ、いいよそういうのは。
        こちとら酒飲み、コーヒーもいいけど、飲みたいのはどっちかっつーとそれじゃねえんだ。
        なのにどうせおまえらときたら?
        マッシュヘアでアンクルパンツ履いた程度でトレンドヅラして?
        スタバで抹茶クリームフラペチーノとか頼んでみて?
        わかりもしねーくせにヴィヴィアン・マイヤの写真集とか棚から取り出してきて?
        誰にも聞こえない程度のボソリ声で「やっぱライカ欲しいなー…」とかほざいたりすんだろこのやろう!
        (注:一部偏見にまみれている可能性があります)

         

        でもいいの、いいの。
        みんな好きにすればいい。
        だからおじさまも好きにする。
        いやね、実際んところですよ。
        好きな本をめくりながら、酒が飲めたらこりゃ最高。本好き飲兵衛のヘヴンになることうけあいじゃねーっすか。
        ところがね、
        これがね、
        出来るんですわ、
        読書酒が!
        え、まじで?!
        こんなオサレ空間で、赤ら顔許されんの!?

         

        いやね、別に禁じられてはいない。
        一応、場の空気読みながらって感じですけどね、とがめられてはいない。
        だってお酒だって「生活提案型商業施設」の一つの提案だからね!

         

         

        20170523 05

         


        重要なことなので、強調しますね。

        「この施設内では、場内で販売している飲食物を本を読みながら食べることが出来ます。」

         

        そう、

        売っているものなら、買って飲める。

        ここが大事。


        つーことで、

        はい、

        前回の通りウチならではの企画、

         

        「柏の葉T-SITEで、まったり読書酒」

         

        をお送りしまーす。

         


        まず、幾つかお酒を扱っているところをチェックしときましょう。
        ハンバーガー屋さん、「サニーディナー」。

         

         

        20170523 11

         

        (画像、中央上注目!)


        ここでは生ビールが飲める。

        勿論、テイクアウトも可能。

        つまり、買って持って行ける。

         

         

        20170523 03

         

        (右下注目!)

         


        でも要注意だ。
        ここのビール、500円以上もして、しかもすっくねーの!

        検尿カップかよっつーくらいで、500円以上も取りやがんの。


        まあ、いいや。ここじゃ贅沢はいわない。

        一つ頂戴。

         

         

        20170523 09

         

        飲みかけ失礼(笑)。

        ビール飲むなら、お供はやっぱりこんな本でしょ。

        或いはこんなところ…

         

         

        20170523 02

         

         

        うーん、でもなんか納得できねえ。

        検尿カップビールじゃあ、呑兵衛の気分がおさまらねえ。

         

        ふと探すと、お、意外とあるじゃねっすか。
        日本酒もあるし、缶ビールも、ワインもある。

         

         

        20170523 12

         

         

        まあこういう場所だ、飲むなら少し自重しつつ、缶ビール程度に。

        新潟ビール。250円ちょい。


        ではこのビールをレジでお買い上げ。

        そして前から気になっていた小説を選んで、席を選んで。
        それでは乾杯ー。
        プシュ。

         

         

        20170523 07

         

         

        うん、
        あのね。
        やってみると、これがなかなか楽しい(笑)。
        てか楽しくないわけがない。
        酒もページも、進むわ進むわ。

         

         

        20170523 06

         

         

        お勧めは、この2階のテラスかな。
        ソファに座りながら、ビール片手に小説。
        眺めも良好なり。
        あー、こりゃ幸せやあ。
        本好き飲兵衛の幸せやあ。
        特にこの時期は日没も遅くてゆっくり楽しめるし、暑からず寒からずで気候も悪くない。
        実に楽しい。

        いやあ、楽しい。

        いいじゃないか、「T-SITE」。
        え、意識高い系だって?
        どこの誰だそんなクソしょうもねえこと言ってたバカヤロウは。
        えっ、アンクルパンツ?全然いいじゃないの、つーか今履いてっから俺。
        えっ、抹茶クリームフラペチーノ?美味いじゃないの、フツーに。
        えっ、ヴィヴィアン・マイヤ?ごめん、よく知らない。
        えっ、ライカ?ごめん、そんなんあったらメルカリで売っ払うわ。

         

         

        そんなわけで。
        意識高い系にも、低い系にも、なくなる系(飲兵衛)にも、どなたにも生活提案型の商業施設、それが柏の葉「T-Site」でありました。

        さあ今週末も行くよ!
        (赤ら顔で)


        ■柏の葉T-SITE(1) 〜いつの間に柏にこんな意識高い系空間が出来ていた件

        0

           

           

          この春に柏の葉に新しく出来た、「T-SITE」。


          そうです、昨年の工事時期から多くの16号通行者に対し、「ここ一体何作ってんだろ、けったいなライトアップしてんですけど?」と勿体ぶらせていた、この施設。
          それがまさかの、あの代官山や六本木にある「T-SITE」の柏の葉店だったと驚かされたのが、はや先々月のこと。
          それが今じゃもう、すっかり柏の葉を代表するオサレスポット&お出かけコースになっているっていうね。

           

           

          20170521 06

           

           

          つーかなんだよ「T-SETE」って!っていう方、おるでしょう。
          わかる、わかる、おっちゃんもそうだった。
          なので、少々解説しておくとですね、
          公式サイトいわく、「蔦屋書店を中核とした生活提案型商業施設」とのことらしい。

          へえー、そうなんだー…。

          へえー…。

           

           

          じゃねーよ!


          これじゃ何のこっちゃわかんねーから。
          なんだかやたら意識高い系ファミリー向け施設だっつーのは判ったけど、これじゃ何が何だか全然わかんねーっつーの。

           

          で。
          要するに立ち読み座り読み、アンド飲食自由という本好きのオアシスみたいな空間なんですわ。
          皆、コーヒーを片手に、オサレな空間でゆったりと好きな本や雑誌をめくる。そんな柏の葉の意識高い系オサレ最先端。
          寧ろ本屋ってよりも図書館、いやもっと自由度の高い…なんだろ、本のテーマパーク?あちょっと違うか、いや全然違うけど、まいっか。

           

           

          20170521 12

           

           

          入り口も意識高め。
          まさに柏の代官山(笑)。

           

           

          20170521 13

           

           

          夜なんかすっかりライトアップされてっからね。

           

           

          20170521 02

           

           

          何この照明効果。
          ついこないだまでここ、ただの水たまりやったかんね。

          その水たまりが、え、なになに、「Aqua Terrace」だって?
           

           

          20170521 14

           

           

          アクアテラス(笑)。

          しかもこれが生意気にも意外といい散歩道なんだわ。

          んじゃ俺も意識高く?パシャリ。

           

           

          20170521 15

           

           

          しかもこの「T-SITE」、中入ると色々なお店がある。
          まずはキホンのスタバ。

           

           

          20170521 05

           

           

          みんなここで何とかフラペチーノとかいうの買って、サブカル系の本めくるかノートPC向かって自己演出してる。

          (←勝手な偏見に満ちた憶測)

           

           

          20170521 04

           

           

          ちなみにここに置かれている本のジャンルはそれこそ、絵本から専門書まで多岐にわたる。
          ただし、コミック、漫画雑誌、ラノベなどは見あたらない。
          そりゃそうだ、だって意識高い系空間だもの。
          そういうところではないのです。
          (あー、超漫画読みてえ!)

           

           

          20170521 11

           

           

          他にお店は、ハンバーガー屋さんからパン屋、スイーツ…

           

           

          20170521 09

           


          そしてジュース屋。
          これも自販じゃねーからね。
          オサレナチュラル志向で果物とかちゃんと搾ってるアレだ。
          でもここのいちごジュースは、娘ちゃんのお気に入り。

          二階の絵本コーナーはガk…おこさま連れた家族連ればかり。

           

           

          20170521 07

           

          (実際んとこ、娘ちゃんデートにはピッタリ。

          こんだけ言っててすっかり毎週通ってやんの俺)

           

           

          さらには眼鏡屋、服屋も…
          お、「KOE」もあるやん。
          でもレディースしかねえのかよ!
          入れようよメンズも。俺も意識高くなっから!
          (↑えー、KOEって意識高ぇか?)

           

           

          20170521 08

           

           

          それでは自分もご参加を…。

          iPadのKindleで読んでる途中だった小説を、敢えて紙の本で。(うわ!)

           

           

          20170521 03

           

          しかも本屋大賞作とかwwww

          うっせーよ、おもしれーんだからいいんだよ!

           

           

          うーん、
          この本の重みや厚みと紙の質感、ぺらりとめくる手ごたえ…。

          電子書籍は確かに便利だけど(てかこんな分厚い小説を満員電車に揺られながら読みたかないが)、やっぱり「読む」という体感の満足度は、紙の本のが味わいあるなあ…。
          (意識高めに)

           

           

          20170521 01

           

           

          さて。
          そんな柏シティのオサレスポット「T-SITE」のご紹介はここまでにするとして。


          あのね、ぶっちゃけこんな紹介は他にお任せすりゃーいいのよ。
          大体もうタイミングも失ってるし、今頃かよ感もあるじゃないですか。
          でも、いいの。
          うちは、あくまで酒ブログ。
          やっぱ飲んでなんぼでしょ。
          飲まなくちゃあかんでしょ。
          意識なんか高くなくていいんだよ。
          寧ろ意識なんかなくなろーぜ、酩酊で。

           

          そんなわけで、次回はウチならでは企画、
          「柏の葉T-SITEで(意識低く)まったり読書酒」をお送りいたします!

           

          それでは、後編に続く。

           


          ■カフェ・ド・ジュアン(樹杏)(柏) 〜ボリューミーでデザートが3種もついてくる、お得なケーキ屋さんのランチ

          0

            ぼけーーーーーっ!

             

             

            としてたら、すっかり更新が滞ってしまいました。

            しかも世間じゃもうGWっすよ。連休っすよ。


            そんなぼけもんな黒崎さんですが、久しぶりの更新です。
            しかもそんなご無沙汰更新なのに、酒ネタじゃないっていうね!
            大丈夫、マイペース、マイペース。

             

            柏・我孫子の休日地元カフェめぐりシリーズ、
            今日はこちら、柏の「樹杏」さんをご紹介。

             

             

            201705 02

             


            柏の高島屋や柏の葉ららぽーとにも出店している、松葉町のスイーツの名店「樹杏」さん。
            そのカフェ店が、16号からちょっと入ったところにある。
            つーか、ウチからかなりご近所さんだったりする。

            つーか、いつものジョギングコースのすぐそばだったりする。

            にも関らず、一回も行ったことがない。
            もうここに住んでそろそろ10年だっつーのに、行ったことがない。
            そういや出来たなーなんて引っ越した頃思って、目の前いっつも走って通ってんのに、でも行ったことがない。
            いやね、なんだってわけでもないし、それなりに気にはなってたけど、何ー故ーか、行くタイミングがなかった。
            気にはなりながら、10年行かねーっつーね。
            タイミングスルーし続けて10年。
            まあ、酒飲みなんて別にスイーツさほど興味ないし、うん、あるあるそういうこと。

            そんなわけで、いい機会だから行ってきた。
            お目当ては、デザートも付くというここのランチ。

            娘ちゃんがね、急にケーキ食べたいっとか言いだしやがったので、じゃあランチでもってな流れであります。

            じゃないとなかなかいかないわなー、10年くらいは。

             

             

            201705 16

             


            場所は、柏中央高校そば、柏警察の交差点を逆に入って少し行った右側。
            ちなみに柏駅からは多分30分くらい歩くことになりますね。

            外装はこの通り、オサレな田舎のカフェといった趣。
            つってもぶっちゃけ、ご近所なので完全に見慣れてる感ありありなんですけど(笑)。

             

             

            201705 15

             

             

             

            店内は、思いのほか広めで、キレイ。
            まずはショーケースのケーキがお出迎え。

             

             

            201705 13

             

             

            名物?

            カシワニのシュークリームも。

             

             

            201705 03

             

             

            ランチコーナーは、その奥に。
            明るく吹き抜けの心地よい空間。

             

             

            201705 11

             


            こういう暖かな日は、外で食べるのも気持ちよさそう。

             

             

            201705 10

             


            なお、大堀川のドッグランと近いせいか、こちらのテラスではワン公連れも可なのだとか。

             

             

            201705 14

             

             

            ランチはパスタやカレーといったオーソドックスなもの。
            いずれもサラダとスープ、デザート、ドリンク付き。

            パスタからカルボナーラを選ぶ。
            あ、デザートを先にね。
            娘と一緒に食べるから。
            (娘は来る前におうちで軽く昼飯済み)

             

             

            201705 09

             

             

            しばらくすると、サラダとコンソメスープが到着。
            具はシンプルに、きのことタマネギ。

            まあ、フツーですな。

             

            まもなくデザートが到着。
             

             

            201705 08

             

             

            なんと!
            3品もあるじゃないですか!
            3品も!

            オレンジのゼリーと、ケーキと、アイス。
            軽めのデザートじゃない、しっかり本格派なのはケーキ屋さんならでは。

            というかこいつがここのランチの、影の主役。

            いや、影でもないかな。

             

            一口ずつ娘から味見したけど、ケーキ!
            これがしっとりやわらかくてダントツに美味い。
            さすが、柏界隈では名の高いケーキ屋さんのものだけはある。

             

             

            201705 07

             

             

            しばらくしてると、先にクロワッサンが。
            あ、これサックサク!
            カリサクな歯ごたえに、中身もふわっ。
            加えてバターの香り濃厚で、かなり美味い。

            娘も気に入った様子で、カルボナーラ来る前に完食しかねない勢い。

             

             

            201705 06

             

             

             

            そうこうしてると、メインのカルボナーラが。

             

            って、でっけえなおい!

            かなりのボリューム。
            通りで最初に取り分け皿が出てきたわけだ。
            多すぎるので、娘にも取り分けて、では、いただきまーす。

             

             

            201705 05

             

             

            うむ、

            濃厚な生クリームは、さすがケーキ屋さんならではか。
            このソースが、美味い。
            具は、ベーコン、ほうれん草。
            ただまあ全体的にこれについては…うーん、平均点レベルかな。
            いや、不味くはないです。

             

            娘に1/3位取られながらも、そこそこ満腹。
            そしてドリンクはホットコーヒーが。

             

             

            201705 04

             

             

            器、でかっ!
            こんなに飲めるか?

             

            ふう、満腹。
            これ、甘いの一杯食べられないような飲兵衛には、子供と1セットでいいな。
            しかも、それでいて「樹杏」のケーキも食べられるし、ランチも美味いし、いわゆるハイコスパってやつ。
            わがままをいえば、あと少しメインを頑張ってくれたら満足度もうちょい高かったと思うんだけど、でも3品のデザートがそれを補って余りある。


            うん、近いしまた来ます。
            今度は10年しないうちに。

             

             

             

            ☆お店データ
            ◆店名:カフェ・ド・ジュアン (樹杏)
            ◆ジャンル:ケーキ
            ◆場所:千葉、柏、柏の葉、北柏
            ◆住所;千葉県柏市松ヶ崎812-2


            ■カフェガパオ(柏) 〜春の休日にテラスでタイビール&タイ料理(まだ寒い)

            0

              先月お店まで行ってみたら何と急遽のお休みだった、「カフェ・ガパオ」。

               

              インフルエンザって!

               

               

              20170205 10

               

               

              …い、いやね、そりゃね、

              まあね、そりゃ仕方ないっすよね、病気じゃあねえ…。

               

               

              さて。

              そんな悔しい思いを抱いたまま、本日!
              ようやくそのリベンジを果たしてきました。
              いえーいパクチー大好きー!

               

               

              場所は、昔でいう沼南町。
              ここは今、「手賀の杜」といわれて、かなり大規模な新興住宅地エリアとなってます。
              あちこちに新しい分譲住宅が一杯。
              ちなみにうちの嫁さん、「てがのしゃ」って言ってました。
              「しゃ」じゃねーよ、「社」じゃ。どこの企業だよ!

               

               

              20170304 15

               

               

              外観は一見すると、普通のおうちと変わらない。
              ぱっと見モダンな一軒家といった趣。


              そう、
              手賀沼周辺はいいカフェが多い。
              しばしば伝えられるそんな話ですが、ここもその一つ。

               

              尤もこちらはカフェというか、いやそりゃ全然カフェなんですけどっつーか、もう「カフェ・ガパオ」つってるくらいなんだから勿論その通りカフェなんですけど。

              でもどっちかといえば、アジアン料理メインのカフェといった感じ。

              ただし営業は、土日限定。
              それもランチタイム。
              (11:00〜16:00)
              それでも、美味しいガパオライスやカレーが食べられる、ということで地元でも結構な人気をほこっている様子。
              この日も、お昼前に着いたにも関らずお店の中は予約で一杯。

              ただしテラス席ならまだ座れますということで、お外に陣取ることに。

               

               

              20170304 14

               


              さて、まずは気になっていたガパオライスをオーダー。
              いえーいパクチー大好きー!

               

               

              20170304 13

               


              しかもプラス200円で、生春巻とドリンク、デザートが付いてくるというではないですか。
              こりゃお得!
              頼まない手はない。

               

              …と考えたが、いやちょっと待てよ、

              ビールセット。
              そんなものもあるのか!

               

               

              20170304 04

               

               

              ビールと生春巻で600円。

              ふむふむ、

              テラスで、パクチりつつ休日ビールかあ。
              そりゃあ悪くない、いや最高だな。

              よっしゃ、そいつでいこう。

               

               

              20170304 12

               

               

              春の休日にテラスで、生春巻とタイビール。

              なんてステキなんだ。

              運転は嫁さんがしてくれる、
              そんじゃあまっ昼間っから、頂いちまいますぜ!
              乾杯ー。

               

               

              20170304 11

               

               

              ちなむとこのビール、かなりあっさりしてます。
              コクや苦味が薄く、喉越しにちょいキレがある。
              スパイシーなタイ料理には寧ろぴったり。

               

              一方、生春巻のソースは、3種。
              チリは勿論、ピーナッツが意外と合っていて美味い。
              甘味噌は、まあ普通かな。
              もっちりしていて、美味しい。
              ガパオライスへの期待が俄然高まる。

               

               

              20170304 10

               

               

              んでね、

              あのね、3月のテラスビールね、
              これやってみた感想を一言で言うと、

               

              めっちゃさみいー!

               

               

              20170304 09

               

              (さみいいいいいいー!)

               

               

              まだ春といっても3月のバリバリ上旬、風も全然冷たい。
              もう少し春も進まないと、正直、テラス席はちょっとつらい。
              でも逆に暖かくなってきたら、テラスビールは最高だろうなあ。

               

               

              20170304 07

               

               

              なーんてビールかっくらいつつやってると、
              メインのガパオライスの登場。
              正式名、「ガイ・ガパオ・ラーカオ」。
              プラス50円でパクチー追加しました。

              追いパクガパオ。

               

               

              20170304 06

               


              お、ちゃんとタイ米でありますよ。
              細長さが特徴的な、いわゆるインディカってやつ。

              そしてこの目玉焼きが、実にいい具合。
              黄身は勿論のこと、白身もほんの少しだけ半熟で、とろみが残ってる。
              早速割って、まぜまぜ。

               

               

              20170304 05

               

               

              さてこのガパオライスが、また美味なのですよ。
              豚肉を使っているためずっしりとパワフルで、そしてスパイシー。
              程よくしっかり炒められて、肉の旨みを引き出されている。
              しかもこれに加わる大量のパクチーがまた、たまんない。
              一方、ご飯はといえば、ほどほどに固め。ジャスミンの香りがこれまたいい。
              これがひき肉のナンプラーに混ざって、なんともいえない風味になる。
              ご飯ものだけど、全然ビールのツマミにイケるぞこれは。

               

               

              20170304 08

               

               

              一方、嫁さんはカレーを。
              これはどうも週替わりとのこと。
              今週はちなみに、こちら。

               

               

              20170304 01

               


              一口、頂くと…

               

              かれええええーーーーーっ!

               

              ゲホッ、
              ゲホッ、
              ゲホッー!

               

              咳き込む辛さ。
              でも、複雑に折り重なった香辛料の風味が、後をひく。
              そしてまろやかなココナッツミルクのコク。
              チキンもめっちゃ柔らかくて美味し。

               

               

              20170304 03

               

               

              デザートは、3種。
              今回は、マンゴープリンと杏仁豆腐を。
              ああ、この杏仁豆腐、おいしいなあ。
              マンゴープリンも濃厚で悪くない。

               

               

              20170304 02

               

               

              ご馳走様。
              極上ガパオライスに生春、ドリンク、デザートついて、1000円いかない。
              何このコスパ。
              何この懐への優しさ。
              こりゃあ人気出るはずだわ。
              是非また行きたい。
              今度はフォーも食べたい。
              あと暖かくなったテラスでタイビール飲みたい。

              また晴れた暖かな週末昼に、寄らせていただきます。

               

               

               

              ☆お店データ

              ◆店名:カフェガパオ

              ◆ジャンル:タイ料理、ガパオライス、カレー、カフェ

              ◆場所:千葉県、柏、逆井、手賀沼、手賀の杜、我孫子
              ◆住所:千葉県柏市手賀の杜5-6-6


              ■はんなりや(篠崎) 〜知られざるうどん屋さんのスペシャルうどんは本当にスペシャルだった

              0

                江戸川区の、篠崎。
                得意先のすぐ近くに、有名なうどん屋さんがあるという。

                 

                ええー!?

                月3〜4回は通ってる道のはずなんだけど、あったっけそんなとこにうどん屋さんなんて。
                え?

                サイゼリヤの斜め向かいで?

                うんうん。
                イレブンの並びに?

                 

                …あったっけ…?

                 

                 

                20170303 08

                 

                 

                って、

                 

                 

                20170303 09

                 

                 

                判るかんなもんーーーーー!!!!

                 

                そんな、よーく意識していないと通りすごしてしまいそうなこちら、「はんなりや」。
                看板も地味っつーか、ないも同然だし、ほんとここ大丈夫だろうか…と不安になったのだけど、ところが。

                これがなかなかいいのですよ。

                なんでもちょっとばかり前に、こちらに移転してきたらしい。
                どうやら製麺所が経営している、ということ。
                こりゃ期待できそうだぞ。

                 

                がらっと入る。

                まだ12時ちょっと前、混んではいるがピークという感じでもない。
                気取らない、というかただの食堂のような店内は、しかし意外と広めな上に回転も早めで席も取りやすい。

                 

                 

                20170303 07

                 

                 

                壁に貼られたメニューを眺める。

                うーん、どれにしよう。

                 

                 

                20170303 06

                 

                 

                券売機上の「裏メニュー」表。

                こーいうの裏メニューっていうんだっけ?(笑汗)

                 

                 

                20170303 05

                 

                 

                何にしようか悩みかけるも、あれこれと入ったスペシャルうどんが目に入る。

                メニューにも書いてある、

                「悩んだらこれ」。


                うん、悩んだからこれにしよう。
                食券を買って、カウンターへ。
                その際、番号札を渡され、おばちゃんが運んできてくれるシステム。

                 

                 

                20170303 04

                 

                 

                少しばかりスマホを弄っていると、到着しましたスペシャルうどん。

                 

                 

                20170303 03

                 

                 

                かきあげに半熟玉子、ねぎ、牛肉、おかか、カイワレ、とろろこんぶ…

                と、その名の通りスペシャルに色々入ったこちらが、なんと510円。

                 

                って、安ーーーーー!

                 

                コスパもスペシャルだよ!

                 

                ではいただきます。

                 

                 

                20170303 01

                 


                さすが製麺所のうどんやさん。

                まず、麺は太くて、もっちもちのぷるんぷるん。
                ほどよくコシがあって、歯ごたえがある。


                一方、つゆはシンプルでやや甘口。
                しかも、このスペシャルの場合、中のとろろこんぶやおかか、肉など、具の箇所次第で表情が変わるのが楽しい。
                なかでもおかかはだしにマッチしている。

                 

                タマネギが多いかき揚げは、まあ、こんなものかな。
                カリっとしているけれど、少し揚げすぎな気もしないでもない。

                 

                 

                 

                ふう。完食。
                美味しかった。つゆまで全部飲んじゃったからもう、お腹いっぱい。
                しかしこんなところに、こんなうどん屋さんがあるとは知らなかった。

                知らなかったっつーか、知られないだろ普通にこれじゃ。

                 

                 

                20170303 09

                 

                 

                こんなんで判るやついるか!!

                 

                でももう知っちゃった。

                地元では人気なんだろうなー。
                月イチのお昼に、また来ます。
                 

                 

                ☆お店データ

                ◆店名:はんなりや篠崎店

                ◆ジャンル:うどん

                ◆場所:東京、
                江戸川区、南篠崎、篠崎、瑞江、
                ◆住所:東京都江戸川区南篠崎町5-10-4


                ■コンフリ(取手)(4) 〜さようなら&今までありがとう、コンフリ解体前夜祭

                0

                  ついに、閉店となった取手駅前の「コンフリ」さん。
                  その最終夜は、お店にある酒飲み尽くし!
                  しかも2000円!
                  ということで、マスターへの挨拶がてら、「解体前夜祭」にお邪魔させて頂きました。

                   

                   

                  20170302 09

                   

                   

                  ここねえ、ほんとにいいお店だった。
                  真に素敵な、取手ではありえない、けど取手にしかありえない日本酒バルだった。

                   

                   

                  ■コンフリ(取手) 〜ええー!?取手で唯一無比のこんな素敵な日本酒バルがなくなってしまうだってー!?

                   

                   

                  まずお酒は、関東随一希代の地酒名店「中村酒店」さんによるセレクトだから、間違えるわけがない。間違いようがない。
                  だからここにはいっつも、厳選されたおいしい地酒が置いてある。

                  しかも料理美味いんだ、ここ。
                  となればお高くなるのが常識だけど、そこはもう取手価格。

                  えがっぺ、えがっぺ。
                  いやそれだけじゃない、若者や学生諸君も常連としてよく来るここは、それもあってか彼等にも優しい本当に良心的なお値段設定だった。
                  しかもこの最強コスパに加え、アーティストであるマスターの感性で作られた内装は、ここほんとに取手なの?と勘違いをおこすくらいオサレ。
                  ほんとね、なんでここ取手にあんの?柏に欲しい!是非欲しい!というお店。
                  しかし。
                  ここのマスターは地元にも密着していて、様々な取手の地域活動に関っている。
                  だから、言ってみればお店自体が、地元のコミュニティのようでもあった。

                  先の通り、まさに、「取手ではありえない、けど取手だからこそ、いや取手にしかありえない」お店だった。

                   

                   

                  20170302 08

                   

                   

                  と、こんなにも素敵な「コンフリ」が、しかし駅前再開発のためビル取り壊しとのことになり、やむなく閉店。
                  こりゃあ最終夜は飲むしかねえ!

                  飲み倒すしかあるめえ!

                   

                   

                  20170302 07

                   

                   

                  当然の如く店内、満員御礼。

                  所狭し。

                  スペース半分をDJブースにして、半分クラブ感覚になってました。

                  こういう空間も若者にはきっと嬉しいだろうね。

                  よかよか。

                   

                   

                  20170302 06

                   

                   

                  はいそんなわけでもーひたすら飲みまくり、しゃべりまくっていたので、ほとんどお酒覚えてません。

                   

                  鶴齢、飲んだなー多分。
                  大那、飲んだなー確か。
                  三連星、飲んだなー恐らく。
                  津島屋、飲んだなーきっと。

                  明鏡止水、飲んだなー大方。

                  どれも一切覚えてないけれど。

                   

                   

                  ってこれじゃあ記事にも何にもならんので、記憶にあるものだけ少々触れておきます。

                   

                   

                  20170302 01

                   

                   

                  黒龍しずく。

                  洗練されてますわ、やっぱり。

                  するーっと滑らかで柔らかくてクリア。

                  勿論美味かったです。

                   

                  にわのうぐいす。

                  銘柄、忘れました。
                  好きなんだ、こいつ。
                  地味だけど、やさしくて透明感があり、味わいがある。

                  ぬる燗にして、緩やかに香りを開かせてほっこりと飲みたい。

                   

                   

                  20170302 03

                   

                   

                  にわうぐのチェイサー(笑)、ハートランド。
                  取手といったらハートランドだ。
                  キレのある、上品なビール。

                   

                  あとは…何飲んだかな(汗)。

                  ここらは一通り制覇したはず。

                   

                   

                  20170302 05

                   

                   

                  そんな「コンフリ」ラストナイトでしたが、しかしなんと!
                  マスターいわく、

                   

                  「6月くらいに、場所を取手の東口に移して復活」

                   

                  とのこと。
                  ですよねー!

                  こんな素敵なお店がなくなってしまうのは、余りに勿体ない。
                  マスターとまたカウンターで会える日を楽しみにしています。

                   

                   

                  20170302 04

                   

                   

                  マスター、これまでありがとうございました&お疲れ様でした&ごちそうさまでした!

                  早くの復活を期待しています。

                   




                  << 2/56 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  • ひとり屋(南柏) 〜昭和歌謡の情緒にひたってノスタルオヤジーに極上レバーをいただく
                    三上 比沙子
                  • ■おいおまいら!この夏は「枝豆ペペロンチーノでビール」が最強ですよ
                    青いU
                  • ■おいおまいら!この夏は「枝豆ペペロンチーノでビール」が最強ですよ
                    のぶ
                  • 【やってみた】すき家でちょい飲み
                    はなちゃん
                  • 爺爺(柏)〜接客最悪!これだったら二丁目酒場いくわ!
                    クソ爺爺
                  • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
                    山口
                  • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
                    黒崎正刀
                  • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
                    山口
                  • ■年始のご挨拶 2016
                    葉っぱ
                  • ■?(門前仲町) 〜リーズナブルで居心地よし、出来れば教えたくない隠れてないけど隠れ家的上質燻製バル
                    オジサン

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode