<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

■キミは幻のローソン「のどぐろ」おにぎり飲みを味わえたか!?

0
    皆さん、知ってますかね。
    先月、ローソンから企画ものの新しいおにぎりが出ていたことを。
    それがね、なんと「のどぐろ」、ですよ。
    「のどぐろ」。

    ええ、のどぐろ!?
    そう、あの「のどぐろ」。
    またの名を、アカムツ。
    高級魚として知られるこの「のどぐろ」の煮付けを使ったおにぎりがね、
    先月2月中ごろに発売されて以降、ちょっと話題になっていたんですわ。


    20160311 09


    山口県下関漁港で水揚げされた高級魚「のどぐろ」を使用。
    煮つけ風にしっかりと味付けした「のどぐろ」を、かつお昆布だしで炊き上げ、れんこん・にんじんを混ぜ込んだご飯で包みました。
    (ローソン公式サイトより)


    で、丁度発売されて一週間後くらいかな。
    こないだちょっと偶然寄ったローソンで、見つけまして。
    おお、これかと。
    これが例のブツかと。


    20160311 08


    黒い割と豪華なパッケージが目印。
    それもそう、250円以上すっからね。

    んで、早速食べますわな。
    美味い。
    まー美味いんだ、これが。
    驚いた。
    めっちゃ美味いやんけー!


    20160311 07


    だしで炊かれた野菜炒りの、割と濃い口な炊き込みご飯。
    そしてそのなかに、脂ののったのどぐろが詰まってる。

    美味い。
    美味いだけでないよ、これ。
    酒欲しくなる。
    うわー、これ日本酒欲しくなるわー。
    だってチミ、「のどぐろ」の煮付けだよ!?
    普通、日本酒でしょここは。
    なにせ、白身魚のトロと呼ばれる「のどぐろ」ですかんね。
    そんな脂ののったのどぐろの煮付けで一杯やりたくない日本酒好きっていないでしょ!?
    いやね、確かにおにぎりですよ。
    米と米ですけどね、でも炊き込みご飯とだったらぼかあ結構日本酒飲めるほうですわ。
    これはね、これだけで食べるの勿体ない。
    一杯やりたい。
    ローソンの「のどぐろ」おにぎりで、日本酒一杯やりたい!

    そう、この新発売ローソン「のどぐろ」おにぎりは、
    「コンビニ史上最も酒が欲しくなるおにぎり」
    でもあったんですわ。


    …うん、そうね、ごめん。
    言い過ぎた。大きく出すぎた。
    「史上最も」ってのはまあ一応、置いておこう。
    でもぼかあこれで一杯やりたい。

    そう思って、虎視眈々とローソン寄ってはチェックしてるんですけどね、
    2月下旬くらいから、どうも見ない。
    どこ行っても置いてないんだ、こいつ。
    地元はおろか、都内店舗、出先でなんかもちょいちょい見てるんだけど、やっぱりない。


    20160311 03


    ここにもいねえ!


    20160311 02


    ここにもイネエ!


    20160311 05


    どこにもI-NEE!!!

    ええ!?
    品薄?
    売り切れ?
    それとも、製造中止!?
    それとも、当局による隠蔽工作!?
    それとも、運命としかいえないぼくらの幸せを妬んだ神の仕業なの!?
    それともあれは、うつろいやすいあの頃の少年だけが手にとることに出来た幻だったの!?


    20160311 04


    ザブトンおにぎりも確かにそそられんだけどな、
    でも悪ぃな、
    今の俺には「のどぐろ」以外愛せないんだ、ごめんよ、他をあたってくれや…。

    そんなわけで、「のどぐろ」おにぎり飲みという小さな夢を求めて一時期ローソンをめぐっていた哀しき夢追い人がここに一人いるわけですよ。
    で、実を言うとこの下書きを3月上旬くらいに書いていたんですけどね、
    これまで今日まで一向に見ることが出来ない。
    そんなまさに夢幻のごとき「のどぐろ」おにぎりですが、ハイ。
    どうもあれはかなり期間限定的な企画商品であったことが最近わかりました。
    くっそー!
    ローソンさん、頼む、もう一度やってくれ!
    次こそは「のどぐろ」おにぎり飲みしてやる!
    そう固く心に誓う黒崎くんでありました。


    20160311 06


    ああ、もう一度味わいてえ…。


    追伸。
    仕方ないから、割引きされてたつまみを買っておうちで晩酌。
    うわ、これまっず…。

    20160311 01

     

    ■年始のご挨拶 2016

    0
      新年あけましておめでとうございます。


      20150101 02


      ってなわけで。
      いやあ、めでたくあけちまいましたね2016年。

      おじさまなんかあれですよ、
      6時に起きてちゃんと初ランしてきたからね。
      で、7時にちゃんと初日の出拝んできたからね。


      20150101 03


      つってもあれだろ、
      もうどうせ昼から酒かっくらってんだろ、お前らも。
      しかもどうせ、お前らのことだから、
      名店でオーダーしたオシャレで高めなおせちなんて豪華につまんじゃってんだろ?
      しかも、お前らのことだから、
      十四代だとか而今だとかいつもより高いお酒を、お屠蘇だなんつって昼間っからいただいちゃってんだろ!?
      ゆるゆるのバラエティとかつけながら?
      いやあ、いいお正月だねえ、なんつって?
      どうせ美味しく楽しく飲んじゃってお正月を満喫してるんだろ、コノヤロウー!
      大体、こんなねー、元旦からブログなんて更新してられっかっつーの。
      いや、するんだけどさ。
      がっつりしちゃうんだけどさ、け、しゃらくせえ!


      え、年始早々、元旦から何をそんな苛立ってるかだって?
      そりゃあ苛立つよ、苛立っちゃいもしますわなあ。
      もうあれよ、昔のデイヴ・ムステイン並みにちょっとしたことでおっちゃん、苛立つからね!

      というのもね、昨日の大晦日にね、うちのリビングのテーブルの天板のニスをね、塗りなおしたんですわ。
      何故か。急遽。流れ上。

      ていうのもですね。
      十年以上も前に、かなりいい値段出して買ったスウェーデン製のクソごっつくてバカでかい黒崎家ご愛用テーブル。
      こいつが、諸々あっていよいよ限界になりまして。
      で、天板をガリガリ削って、ニスを塗り直すことにした。
      大晦日に!
      ド年末に!
      え、これ今やること!?
      俺は俺に聞いたね、何度も、何度も。


      20150101 01


      こんなね、年の瀬にね、なんでそんなことやってんだ俺はとね、
      もう自分を問い詰めたいところだけど、流れ的にそうなっちゃったんだから仕方ない。

      でね、このニスが、まあ乾かねーんだ。
      半日経っても、一日経っても、ベッタベタ。
      え、こういうもんなの?ってYahoo!知恵袋に聞きたくなるくらい、乾きゃしねえ。
      何なのこれ、前世でカッパとかいじめたの?ってくらい、乾かない。
      年越しても、乾かない。
      あのー、これ乾いてくんねーと、ウチ、メシ食えないんですけど。

      仕方ないからね、
      食ったよね、床にメシ置いて。
      元旦にね!
      正月にね!
      年明けにね!
      もう、俺はクニに帰り損ねてカップラすすってる一人暮らしの大学生かよと。
      そりゃあ苛立ちもしますわ俺のバカヤロウ!


      さて、そんな私的苛立ちを押さえつつ、
      ぼくも大人だからね。
      新年だから新たな一歩、歩みだしますよ2016年


      今日は元旦ということもあり、
      抱かれて負けたいおじさま千葉県北地区NO.1として、年初の抱負なんぞでも語ってみましょうかね。


      20150101 04


      今年の黒崎さんはね、「酒に飲まれない2016」
      これを目指すよ。
      去年はね、飲まれまくりだったからね、酒のやつに。
      遠隔操作やってるパチ屋かっつーくらいに、飲まれまくり。
      こりゃいかん。
      今年からは、そういうのみ方はしないよぼかあ。
      そういうの、もうやめる。

      それとね、無病息災。
      去年はちょっと体壊しすぎちゃった。
      少し体をいたわりながら、お酒とつきあう。
      是非ともそういう年にしたいものですな。

      ハイオーケー、抱負出来た!
      ちょっと神様に誓ってくるわ!


      それでは、皆様、
      2016年もどうぞよろしくお願いします。

      ■年末のご挨拶 2015

      0
        大晦日、
        2015年もいよいよ終わり。
        泣いても笑ってもあがいてももがいても、もうあとわずか。

        というわけで、2015年最後のご挨拶であります。
        今年も色々飲みました、てか、飲ませていただきました、てか、飲まれさせていただきました。
        心から反省します、してます、マジでほんともう。


        【今年のお酒の思い出】
        ・酔って骨折した
        ・酔ってiPhoneなくした
        ・酔って起きたら埼玉の奥地だった

        いやああああ、やめてー!
        来年はね、そういうのないようにしますんで。
        もうね、そういうのは今年でおわり。


        20151231 03


        本年度の最後のお酒は、こちら、
        鳳凰美田。
        なんだかんだで美味い酒、鳳凰美田。
        こいつで今年を終え、きたる新年を迎えたいと思います。

        うん、やっぱり美味い。
        詳しくはまた別に。
        とりあえず、今年はこれまで!
        以上!
        終わり!
        もう風呂って、実家行って、寿司食って、紅白見て、寝る!
        それでは皆様、よいお年を!

        ■クリスマスのご挨拶と更新停滞のお詫び的なアレ

        0
          めくりクリ!(恒例ご挨拶)


          20151224 03


          というわけで、12月24日ですわ。
          俗に言うところの、クリスマスってやつですわ。
          雨が夜更けすぎに雪へと変わるっぽいアレですよ。
          サイレンナイトでボドムナイトでホーリーはダイヴァッなあの夜ですよ。
          リア充にも非リアにも、平等にくる夜、それがこのクリスマスイブですよ。
          ぼっちどもは大人しくウチで自己慰撫ですよ。
          尤も、おっさんで嫁持ち家庭持ちになると最早リア充だの非リアだのとか全く関係なくて、実際はただの家庭イベント、子供イベント、飲みイベントなんだけどね。
          でもそれはそれで楽しいからいいんだよメリクリっ!


          さて、皆様。

          そんなことよりも今まで何してたって話ですよね、ハイ。
          いやもう言いたいことはよーく判ります。
          すっかり更新が著しく遅れてしまっている、こちらでございます。
          それというのも、あれですよ、向こうのブログに総力を費やしすぎてウツツヌカしてたのと、あとね。
          おじさま体壊して、そういうモードになれてなかった。
          いやねえ、
          なんなのこれはもう、と。
          ケガはするわ、骨は折るわ、手術はしなくちゃだわ、
          何この11月から12月、呪われてんの?俺前世で何か悪いことした?と泣きたくなる始末。
          おまいらアレだかんな、厄年、ヤヴァいぜマジで。
          来るぜ、色々なものがおしよせるようにね。
          こう、のれんから「やってる?」てな感じで次々とよ…。

          とまあ、そんなわけでこのところ休業モードでしたけど、でもね、そろそろですよ。
          ほんと、そろそろいい加減に復活させますので、どうぞよろしくおねがいします。


          というわけで、まずはクリスマスのご挨拶まで。
          それでは皆様、よいクリスマスを!



          20151224 01


          今年のクリスマス酒は、伯楽星の雄町純米吟醸。
          ローストチキンにもよくあう美酒!
          これについては、次回に扱いますね。

          ■「サイゼリヤ」は最適や!(2) 〜「一人サイゼリヤ夕(夜)活」の至高の楽しみ、「一人サイゼリヤ劇場」

          0
            前回の「一人サイゼリヤ夕(夜)活」のすすめ、いかがだったでしょうか。


            ■「サイゼリヤ」は最適や!(1) 〜「サイゼリヤ」が大人の夕(夜)活に最適屋な、5の理由 | フリーライター黒崎正刀の、飲んだくれ手記


            デフレ格安ファミレスとイタリアンバルのいいところどり「サイゼリヤ」。
            だからこその、大人のセルフ夕(夜)活への最適さがお分かりいただけたことだと思います。
            こりゃちょっとやってみたいぞ、
            お読み頂ければ、そんな方々も出てきたのではないでしょうか。

            ということで、今回はその実跡編。
            「一人サイゼリヤ夕(夜)活」の中でも、これぞその醍醐味、真骨頂ともいえる「映画(DVD)夕(夜)活」について取り上げたいと思います。


            2015110213


            ■その前に復習:なぜ「一人サイゼリヤ夕(夜)活」がすばらしいのか

            なぜ「一人サイゼリヤ夕(夜)活」が、すばらしいのか。
            他の場所、例えばスタバのようなチェーン店カフェ、街中の喫茶店、居酒屋、バーなどに比べ、
            「一人サイゼリヤ夕(夜)活」が勝っている点はどこか。
            前回の通り、その理由は次の通りです。

            1.どこにでもある
            2.何と言っても、カフェからビアタイムへの移行のシームレスさ
            3.一人空間度がそれなりに高い
            4.長時間の長居にも耐えられるリラクゼーション空間と、メニューの豊富さ
            5.とにかく安い、めっちゃ安くつく

            これら5つのメリットを「総合して兼ね備えている」ところが、「サイゼリヤ」のいいところなのですね。

            で、これを考えると、自ずとこういう答えが導かれますよね。

            「長時間、途中でカフェタイムから程よく酒タイムに移行しつつ一人の時間を楽しむなら、サイゼリヤが最適や!」

            そうです、
            つまりは、こうした類の夕(夜)活こそ、「一人サイゼリヤ夕(夜)活」ならではのメリットを活かせる、というわけです。
            さあ、それは何か。
            ズバリ、「読書」と「映画」です。


            ■そうだ、映画を一本iPadに詰めて「サイゼリヤ」にいこう


            2015110208


            ま、別に映画じゃなくても、ノートPC持ってDVDや録画ドラマ詰め込んでも全然いいと思うんですけどね。
            たまたま自分がそうしたかったってことで。

            いやね、
            こないだスタバ行ったら、iPadで映画見ているご老人がいたんですよ。
            うん、柏駅前のスタバで。
            ちょっとかっこよかった。
            へえ、って思って、調べたら今、itunesでレンタル出来んのね。
            1本500円だけど。
            このサービス、悪くない。
            早速使ってみましたよ。


            iTunes Storeで映画をレンタルしよう [iTunesの使い方] All About
            iTunes Storeで映画をレンタルしよう ...


            調べてみると、他にもTSUTAYAとかでレンタルしたのをipadに動画変換させて入れるってな方法もあるみたいっすね。
            いいのか悪いのか知らないし、「ある」ってだけで別に推奨もしないし、そもそもやり方知らないけれど。
            ここはそういうブログじゃないんで、他で色々調べてみてください。


            iPod/iPhone/iPad用に動画変換しiTunesに自動登録できるソフト「どこでも!iPod&iPhone&iPad動画」 | フリーソフト,Windows PC活用情報局
            こんなアプリも。「どこでも!iPod&ipHONE&iPad動画」(実は自分も愛用させて頂いとります)


            で、実際に「サイゼリヤ」に持ってくのはこちら。


            2015110204


            ipadとイヤホン。
            あと、お金。無銭飲食ダメ、ゼッタイ。


            ■(実跡編)やってみよう

            最寄の「サイゼリヤ」にいきますね。
            ぼくの場合、「柏松ヶ崎店」のご利用確立が高いです。
            で、おもむろに席に座って、最初はドリンクバーですよ。
            最初は新聞読んだり、kindleで本読んだりと一時間ほど過ごします。


            2015110211


            そろそろかなって感じで、映画タイムの始まりですよ。
            ここで最初のビールを頼みますね、ぼくの場合。
            これが座ったままこの場でシームレスにビールタイムに移れる。
            これこそが、「サイゼリヤ」のいいところ。


            2015110108


            「うーん、そろそろビールかな、(ピンポーン)あ、ビールね」
            これがいい。
            これが魅力。

            ビールがくれば、さあ、めくるめく一人サイゼリヤ劇場の始まりです。
            あとはもうお好きに楽しみましょう。


            2015110209


            え、居酒屋で見るのとどう違うかって?
            そりゃこの一人空間さ(3)と長居できる感(4)、
            そしてこんなに楽しんでのお会計の安さ(5)に決まってるじゃないですか!
            前回の記事もちゃんと読んでくださいよー。


            ■サイゼリヤおすすめメニュー

            とはいえ、たかがデフレ格安ファミレス。
            これはやめとけモノなハズレメニューも結構あるのが、ここのウィークポイントです。
            つーか、肉系はハズレが多い。
            逆にツマミ系は割と少なめ。

            個人的に、「一人サイゼリヤ夕(夜)活」でオーダーする定番を、幾つかご紹介しますね。


            ●エスカルゴのオーブン焼き、399円

            2015110207


            ビールを頼んだ次は、直ちにこいつをオーダーすべし、
            そんなサイゼ飲みのキホンの一品。
            一言でいえば、ニンニクのめっちゃ効いた、タコか貝のアヒージョ。
            エスカルゴがどんなものか判らない貧乏人…
            じゃねーや庶民の皆さまに、「高級食材のエスカルゴってこういうもの」というイメージを与えた第一人者であると同時に、サイゼリヤビール派の必修おつまみ。


            ●熟成ミラノサラミ、299円

            2015110202


            チェーン店でこのお値段で、なのに居酒屋より本格的。
            このお値段で、伝わる熟成感。ようこんな薄く切ったなおい、と感心する程の薄っぺらさ。
            量は少ないが味は確か。
            ルッコラはサラミに挟んでもよし、残してもよし、頃合い見計らって手づかみでほおばって店員のおねいさんに見られイヤな顔されてもよし!


            ●プロシュート、399円

            2015110206


            こちらも、サイゼリヤで頼むべき屈指の「マシなメニュー」。
            しっとりとしていて、柔らか。
            しかも肉のうまみが感じられる。
            ワインと一緒にこれを頼まないと、天罰が下る。
            そう言い伝えられるくらいな、ベスト・オブ・サイゼリヤ肴の誉れ高き名君。


            ●辛味チキン、299円

            2015110203


            味はファミチキ以下。
            でもボリュームは値段以上。
            手づかみすると、iPadやノートPCのキーが汚れる。
            この金額でそこそこ腹が膨れるし、第一、腐っても肉だビールが美味い。(いや別に腐ってないけど)


            ●ほうれん草のオーブン焼き299円

            2015110205


            これ、意外と美味い。
            あと酒に合う。何にでも。
            しかも昔のメニューにパワーアップして、この中にサラミ入れる贅沢ぶり。
            おかげでコクも旨みもお得度もカロリーもアップ。
            サイゼ飲みでこれを頼まないのは、「情弱」。
            (※「情弱」…情報弱者の意として、「ネットにあるものだけが高度な情報」という視野の狭いコドモ万能感に囚われたかわいそうな井の中の村民達が、自己慰撫のために使用するジャーゴン。
            実際はよく聞くとホントどうでもいい低レベルでの貧民お得情報でしかなかったりする)


            ■最後に

            「一人サイゼリヤ夕(夜)活」、いかがでしょうか。
            ちょっと映画1本ぶち込んで、最寄の「サイゼリヤ」に行きたくなったのではないですか?
            おっと、最後に一点。
            くれぐれも車でだけは行っちゃいけませんよ。
            どーせ飲むんだから、アンタ。
            飲酒運転、ダメゼッタイ。


            2015110112

            (「Zアイランド」、面白かったー!
            感想は、向こうのブログで)


            追伸:

            サイゼリヤでモノ足りなかったら、プラス700円握って、すぐ隣の「王将」で餃子ビール。
            そんな楽しみが出来るのも、ここ「サイゼリヤ 柏松ヶ崎店」ならでは。


            2015110201


            ここの王将餃子は、美味い。
            ビールとあわせると、尚美味い。
            はっきり言って、サイゼリヤのメニューなど、ここの餃子に比べたら塵芥。
            ドラゴンボールでいえば、ヤムチャとサイバイマンくらいの戦闘力差ありますわ。
            え、大して変わらない?
            いや、そこはね、察して生きていこうぜ、大人なんだからさ!

            ■「サイゼリヤ」は最適や!(1) 〜「サイゼリヤ」が大人の夕(夜)活に「最適屋」な、5の理由

            0
              「サイゼリヤ」。


              2015110115


              デフレ外食レストランの筆頭として、90年代のバブル以降、「失われた10年」に頭角を現し、いまや全国に広がった、格安ファミレス。
              庶民のイタリアンの入り口として知られ、日本中のご家庭に親しまれているこの「サイゼリヤ」が、しかしその実優れたセンベロ・イタリアンバルであったりもする。
              無論、このことはすでに皆様もご周知のことでしょう。
              「サイゼリヤ」でビールか、激安ワイン。ついでに、エスカルゴ、とかね。
              そんな、いわゆる「サイゼリヤ」飲みをこれまで楽しんだこと、あるいは考えたことは、皆様にも一度くらいあるはず。

              そう、
              「サイゼリヤ」は、使える。
              「サイゼリヤ」は、"こっち側"だ。

              うん、ここまでは皆知っていますね、オーケー。
              しかし、なんですよ。
              この「サイゼリヤ」が、ですね、
              大人の一人夕(夜)活において、この上なく最適である、
              この事実を、諸君はご存知でしょうか。


              2015110114

              (こないだたまたまサイゼリヤで読書飲みしていたもの(笑))


              例えば、街の喫茶店。
              例えば、スタバ。
              例えば、カフェバー。
              例えば、居酒屋。
              例えば、そのほかのファミレス…。
              無論、それらもそれらは一長一短、各々に適したさまざまな使い方があります。
              しかし、あえて言おう。
              「サイゼリヤ」こそが、
              この「使えるセンベロイタリアンバル、サイゼリヤ」こそが!
              デフレ格安ファミレスとイタリアンバルのいいところどりな「サイゼリヤ」こそが、
              大人の一人夕(夜)活、飲兵衛のセルフ夕(夜)活にこの上なく最適なのだ、と。


              2015110110


              声を大に、ぼくは言いたい。
              サイゼリヤは最適や!

              そんなわけで、今回は「なぜサイゼリヤは、大人の一人夕(夜)活」としていかに「最適屋」なのかを、お伝えすることにしますね。


              ■1.どこにでもある

              まず、どこの街にもある。だからすぐ見つけて、入れる。
              加えて、格安ファミレスならではの敷居の低さも、うれしいところ。
              チェーン店展開ゆえに、全国どこに言ってもある程度の同レベルなサービスを享受出来る。
              このことは、実は意外と場所を選ばざるをえない酒場夕(夜)活に対する、ひとつの利点でもあります。


              2015110116

              (これはウィキにあったものの拝借、所沢店とか。
              ちなみに1号店の市川店には、10年くらい前にいったことがあります。
              …が、全然記憶にねえ…)


              ■2.カフェからビアタイムへの移行のシームレスさ ←何といってもこれに尽きる!

              もうね、これに尽きるわけですよ。
              要するに、これなんですよ。
              これぞ、ファミレスとイタリアンバルのミクスチャー「サイゼリヤ」のいいところなのですよ。


              2015110109

              (まずは、こいつでスタート。
               全国どの店に行っても等しくちっとも美味くないブレンド)


              しょっぱなから飲みで集中力が持たない酒場夕(夜)活と違って、最初は集中力の保てるカフェタイム。
              ここから始められるのも、こと「一人夕(夜)活」においては重要です。
              ドリンクバーだけであれこれすませ、さあ、そろそろ頃合かな。
              すんません、生中1杯。
              これが、店を移ることなく、シームレスに移行できる
              これがすばらしい。
              これがたまらない。
              これこそが「サイゼリヤ」の醍醐味だと言っても、何の過言もないでしょう。


              2015110102


              英語のリスニングも終えたし、読書も楽しくなってきた。
              そろそろかなってなときに、ピンポーン。
              「生中、一つ」
              これだ、
              このシームレスさが、いい!
              カフェタイムとビアタイムの自在さ。
              これは酒のないスタバやチェー店カフェの夕(夜)活に対する最大にして決定的な違いであり、
              また飲みしかほぼできない居酒屋などの酒場夕(夜)活との差異でもある。


              2015110108


              仕事を終えたら、この一杯。
              まずはビールでセルフ乾杯。
              この一杯が、めっちゃ美味い。
              「サイゼリヤ」だって、十分に美味い!
              しかもこれがコーヒーやソフトドリンクから難なく移れるから、嬉しい。

              そして、そこからのワインだ。


              2015110113


              ●赤ワインデカンタ500ml、399円

              ビールは2杯くらいで、こっちに切り替え。
              サイゼリヤといえば、これ。
              この量で、このお値段。
              しかも、案外イケる。
              フルーティで酸味も程良く、飲みやすいミドル寄りのライトボディ。
              こいつを空ける頃には程良く出来あがっていることうけあい。
              ただし、いいか、絶対に覚えておけ。
              決しておかわりだけはするなよ、明日死にたくなかったらな!
              (通称、悪酔い必至飲み過ぎ厳禁ワイン)



              2015110104


              段々酔いが回る。
              こいつが怖い。

              おっと、話を戻しますよ。


              ■3.一人空間感がそれなりに高い

              さすがはファミレス、居酒屋カウンターに比べて一人空間の確保ができる上、テーブルも広い。
              読書、勉学、仕事の続き、原稿書き、新聞、映画、音楽…
              なんでもできるし、邪魔されない。他の目もそんなに気にならない。
              少なくともオヤジ居酒屋のカウンターで、一人パソコンに向かってカタカタやるよりは、全然気にならない。
              ってそりゃそうだ。
              ともかく、これもまた居酒屋での夕(夜)活にはない大きなメリットなわけですよ。


              ■4.長時間の長居にも耐えられるリラクゼーション空間と、メニューの豊富さ

              ついつい一人夕(夜)活やってると、長居しちゃう。
              本もここまで、いやもーちょいあとここまで…なーんて言って、つい読みふけっちゃう。
              でも「サイゼリヤ」なら大丈夫。
              意外と疲れないすわり心地に、酒も安くメニューも豊富だから、飽きない。


              2015110107


              イタリアンときたら、ワイン。
              意外と豊富。


              2015110105

              (ハズレ食材もあるが、ここらはみんなそこそこイケる。
               少なくとも「笑笑」よりは数段マシ。しかもモノの割に安い。)


              はっきり言って、読書と一人映画(DVD)鑑賞は「サイゼリヤ」に尽きる。
              途中から酔ってグダグダ化したり、つい気持ちよくなってると高額になりがちな酒場での数時間単位の夕(夜)活より、ここは「サイゼリヤ」が一歩リードしてる利点といえそうですな。


              2015110112


              一人サイゼリヤ劇場。
              はっきり言うけど、これは楽しい!
              めっちゃ楽しい。
              自宅より集中出来るし、劇場で見るより飲めるしトイレもいけるから、ヘタすると楽しい。
              ワインが進まぬわけがない。


              ■5.とにかく安い、めっちゃ安くつく

              デフレ外食業界の先陣を駆けてきた「サイゼリヤ」、かくありなん。
              コーヒー飲んで、ドリンクバー頼んで、酒まで飲んで、このお値段。
              これこそが「サイゼリヤ」のいいところ。

              「カフェからのビール」なんて喫茶店で出来るじゃん、
              そういう意見もあろうが、じゃあ、あんなに気軽にがっばがっば頼めるだろうか。
              それを考えると、このコスパはさすが「サイゼリヤ」といったところ。
              デフレ格安ファミレスとイタリアンバルのいいところどり、ここにこそ「サイゼリヤ」の強みがある。


              2015110106

              (安っ!)


              2015110103

              (3時間くらいいて、酔っぱらって、このお値段!)


              いかがでしょうか。
              まとめると、こうなります。


              1.どこにでもある
              2.何と言っても、カフェタイムからビアタイムへの移行のシームレスさ
              3.一人空間感がそれなりに高い
              4.長時間の長居にも耐えられるリラクゼーション空間と、メニューの豊富さ
              5.とにかく安い、めっちゃ安くつく


              これらを「総合して兼ね備えている」ところが、「サイゼリヤ」のいいところなわけですね。

              逆に、難点はといえば、んー…
              そうだなー、
              余り思いつかないけれど、敢えて挙げるんだったら、
              やっぱメシがとてつもなくクソまじーこと。
              あと、コーヒーもひどくクソまず過ぎて飲めたもんじゃないこと、
              あと、キホン何でもおしなべてそこそこレベルにまじーこと、
              中でもハンバーグとか、なんだこれは何かのエサか?ってなくらいな味付けであること、
              ってことくらいかな。

              え、それじゃ最適っていえないって?
              いや、
              ほら、あれですわ、モノは使いようってね。


              2015110111

              (やべー、楽しすぎだろwwww)


              では、次回はその実跡編、
              「一人サイゼリヤ夕(夜)活」で是非ともやるべき、
              その醍醐味といえる、「一人サイゼリヤ映画飲み」につてご紹介しますね。

              (次回に続く)

              ■【遅報】骨折しました…【リハビリ更新】

              0

                恥ずかしいけど、あたし、脱ぎます…。


                2015101101


                いやはや、もうね、
                何がどうしたって、まんま表題の通りなんですけどね、
                その前にご挨拶ですよね、ハイ。

                皆様、ご無沙汰であります。
                10月に入って初の、
                そして前回からはかれこれ2週間ぶりの更新になります。

                一体どうして、ここまで空いてしまったのか。
                そう、
                表題のとおり、先月末に左手首を骨折してしまったのですよ。


                2015101102


                全治1ヶ月。
                ついでにアゴもカチ割るという始末。
                オヨヨ…。

                で、その結果、この通りギプスに固められましてね。
                およそ左手、まるまる。
                そりゃあもうアナタ、私生活もままならない状態ですわ。
                もうね、不便も不便、クソ不便。
                クソなのに不・便っていうね!
                いやマジな話、
                ウンコしてケツふくのにも最初は一苦労ですわ。
                何せ左肘上からガッツリとこう、ホールドされてますからね、
                伝家のライトハンド奏法が封じられてる。
                なんつったってアレですよ、
                「左手首、ここは俺に任せろ。
                お前にはやること、守るべきものがあるんだろ!?」
                みたいな感じでね、
                上方のギプスが肘に対峙しちゃってますから。
                ましてや腕伸ばそうとしようものなら、
                「おっと、ここはアイツとの約束で通すわけにはいかなくてね…」
                みたいなドヤ顔で立ちふさがるわけですよ、ギプスのヤロウが。
                やっべー、骨折ライフ、思いのほかハードモード!
                思いのほかのハードバトルだよ、これ。


                2015101103

                の、伸ばせねえ…。


                もうね、一事が万事そんなものだから、パソコンに向かうのもしばらくつらい状態が続いていたんですね。
                でもスチャダラパーじゃないけど、
                慣れって怖いね、結構許せてきちゃうんだよね。
                意外と、色々出来るようになる。
                ケツも、慣れたモンで、こう、くいっと軽やかに拭けるようになる。
                アナルに対し颯爽と、
                「オヤジ、釣りはいらねえぜ」
                ってなばかりに、しっかりお支払いできるようになる。
                さらに左手使わずとも、
                パソコンにも次第に向かい合えるようになる。
                そうなるともう、しめたもの。
                お酒も、少ずつ飲めるようになる。
                ブログネタも溜まる一方になってくる。
                段々更新浴ゲージもマックスになっていく。
                うおお、神よ医者よ左手よ、許したまえ!
                俺は更新がしたいんだ!

                そんなわけで、本日。
                ようやくのリハビリ更新に至った次第でありますよ。

                完治まであと、どのくらいだろ。
                1ヶ月くらいかな?
                なので多分11月半ばくらいまで、しばらくの更新はちょっとスローになるかもしれませんが、でもさ、ホラ。
                そこはひとつ、けが人のすることだからと、生暖かな目で見守っていくとしようじゃないか、みんな大人なんだから!
                ね!ね!ねっっ!?




                (今日もほろ酔いながら)

                ■そうだ夏の終わりに浴衣を着て飲みに行こう(折原商店)

                0
                  もう8月も、今日でおしまい。
                  ていうか、寧ろやっと終わってくれた。
                  ていうか、最近急激にすっかりめっきり涼しくなってきたけどさ、
                  もうね、暑いの、やだ。
                  暑いの、アレ、いらない。
                  暑くないやつがいい。
                  秋、ウェルカム。
                  秋、大好き。
                  でも、ちょっとだけ心寂しい。
                  終わりゆく夏への、ビターな寂しさ。
                  そんな夏の終わりと秋の訪れを噛みしめながら、ちょっぴりおセンチメンタルな今日この頃。

                  へい、諸君!
                  夏にやり損ねたこと、ないかい?
                  あれやこれ、あんなこんなアバンチュールも楽しめたかい?
                  今からでも遅くない、今からでもギリギリ間に合う、
                  9月になってからでも、まあいいだろ。
                  去りゆく夏に、あともう一つ、やりたいこと。
                  それが、この、

                  「浴衣で飲みに行く」

                  だ!!


                  20150831 04


                  浴衣着て、飲みに行く。
                  いいじゃないか、
                  いかにも日本の夏って感じだ。
                  是非とも夏の間に、一回くらいはやっときたい。
                  甚兵衛よりも、ここはやっぱり浴衣だろ。
                  颯爽と浴衣を着こなし、軽やか涼やかに酒をくらいに行きたい。
                  寧ろあの灼熱の暑さをしのいだ今くらいの涼しさが、一番いい頃合いだ。
                  今からだって遅くない、
                  夏を終わりきる前に、浴衣を着て街に行こう。
                  確かに男子にとっては、ちょっとばかり気恥ずかしい感がしないでもないけれど、
                  でも街に祭りやってる感さえ漂っていれば、何てこたない。
                  でも、どこに行こう?
                  どこに飲みにいこう?
                  どうせなら、下町がいいな。
                  そもそも祭り気分と言えば、下町だ。
                  下町の夏といえば、浴衣で祭りだ。
                  よくわかんないけど、多分そうだろう。

                  てことで、行ってきました、いつもの門前仲町。
                  おしごとで毎日通ってる門仲だけど、
                  でも元来。
                  門仲といえば、深川不動尊だ。富岡八幡宮だ。
                  そもそも、だからこその門前の仲町だ。
                  浴衣で行くにはうってつけの街じゃないか。
                  しかもここなら、勝手知ったる身。
                  ぴったりじゃないか、浴衣で門仲飲み!

                  どうせなら、ガキら二人にも着せてしまおう。
                  (長男だけ甚兵衛)
                  ってことで、まずは八幡宮に。


                  20150831 18


                  そして、その足で、お不動さんに。


                  20150831 16


                  いつもの門仲も、浴衣で歩くと風情が違う。
                  情緒が違う。
                  駅前からの参道の散歩も、ちょっと違って見えてくる。
                  改めて探索するのも、なかなか楽しい。


                  20150831 17


                  有名な京漬の老舗、「近為」さん。
                  ここのお昼のセットが美味しいけど、今日は覗くだけ。


                  20150831 15


                  深川メシのおにぎり。
                  これが、美味かった。

                  さあ、
                  どこで飲もう。
                  風情の下町門仲の駅前参道で、
                  昼の休みから、浴衣を着て、飲む。
                  浴衣だったら、日本酒だろやっぱり。
                  (しかも子連れだ)
                  だったら行くとこはもう、決まってる。
                  いつものアソコだ。
                  もうここしかないっ、てなもんだ。

                  いかにも浴衣でぷらっと寄りたい雰囲気の、情緒豊かな角打ち、
                  それが「折原商店」。


                  ■折原商店(門前仲町) 〜下町風情溢れる深川不動尊参道で真っ昼間から地酒かっくらえる、呑兵衛天国の角打ち | フリーライター黒崎正刀の、飲んだくれ手記
                  門仲で一番風情のある飲み屋といったらここしかない!「折原商店」


                  角打ち、つまり、「酒屋で、ちょっと立ち飲み」。
                  尤も、「ちょっと」だけですみそうにないのが、ただ一つ困ったところ。

                  今日も、まだ明るい真っ昼間っからみんな飲んでますぜ。


                  20150831 11


                  ああ、これでいいんだ、合ってるんだって思ってしまう異空間。
                  ぼくは悪くない、と裸エプロン先輩ばりに言いたくなる、そんな呑兵衛パラダイス。


                  20150831 08


                  今日もたんと揃ってますぜ、あんな酒こんな酒。

                  まずはビールから。
                  瓶ビール、お、あるじゃないか、ハートランド。
                  これから行こう。


                  20150831 14


                  乾杯―。


                  20150831 03


                  角打ちの肴、かくありなん。
                  さっくりあっさり、こういうものでいい。


                  20150831 06


                  梅水晶。
                  要するに、鶏の軟骨の梅肉和えだ。

                  最初の一本を終えたら、すぐに日本酒に移る。
                  そりゃそうだ、
                  何せこちとら、浴衣だ。
                  浴衣ときたら、日本酒だ。
                  まずは大好きな、「奥能登の白菊」から。
                  その名の通り、石川県は輪島市、奥能登に構える「白藤酒造店」さんの、言わずと知れた名品。
                  ここの夏酒「寧音(ねね)」たんは、今年も色々飲んだ夏酒の中でやっぱり一番美味かった。


                  20150831 02


                  うん、やっぱり美味い。
                  透明感となめらかさの感じられる、上品な味わい。
                  そこから喉の中で、じゅわーっとジューシーに、しかしあくまで柔らかく染みいる、この甘みがたまらない。
                  ここにきたらまずはともあれ、是非とも飲んで、その旨味を味わってほしい一本だ。


                  20150831 07


                  「閃」。
                  知らない。
                  調べてみると、先の「奥能登の白菊」と同じ石川県の、こちらは「数馬酒造」さんの醸したお酒らしい。
                  これ、いってみようか。


                  20150831 05


                  フルーティな香り、
                  …というとさもありがちだが、でもそんなお酒。
                  悪い酒じゃあないが、さして印象に残らず。

                  なおこの日は、店先で蔵元さんが出てきてました。
                  週末なのに、昼から酔っぱらい相手にどうもご苦労様です。


                  20150831 13


                  店内で知った、こんなイベント。
                  へえ、こりゃあ興味あるな。
                  でも平日の昼からかあ…!


                  20150831 09


                  一方、ガキどもはというと、店先に置いてある駄菓子コーナーで遊んでる。
                  こういうのが店先にあるのも、いかにも昔ながらっぽくていい。


                  20150831 12


                  うんうん、
                  いいじゃないか。
                  参道の角打ちの店先で、駄菓子を手に戯れる浴衣姿のガキ二人。
                  それを、酒をあおりながら、浴衣を着て眺める。
                  風流じゃないか。
                  ああ、浴衣で飲みにきて良かった。


                  20150831 10


                  いつもなら、常連さんたちと話し込み、つい長らく佇んでしまうところだけど、
                  今日はこの後予定がある。
                  それに長居もヤボってもんだ。
                  小一時間程度で、そそくさ退散。

                  うん、
                  門仲で、夏の終わりに浴衣飲み。
                  これは楽しい。
                  いいじゃないか。
                  アリじゃないか。
                  また来年もやりたい。いや、是非やるとしよう。


                  20150831 01


                  追伸。
                  その後は友人に誘われて、屋形船に乗り東京湾クルージング。
                  てゆーか実はこれに乗るために浴衣で出張ってきたってのが、実情でした。
                  こちらも楽しかったですわ。

                  ■へべれけに酔っぱらっても、iphoneをなくさない&落とさない方法(実験済み)

                  0
                    やっちまったぜ…。
                    iphone、禁断のカスタムをよう…


                    20150823 11

                    というのをね、
                    およそ3ヶ月くらい前にお話したかと思うんですね。


                    ハンス・ホールベック(守谷) 〜北関東の誇るハムソーの聖地といえばここ | フリーライター黒崎正刀の、飲んだくれ手記


                    うん、やっちゃった。割っちゃった。
                    原因は、そう、酔って落っことしちゃった。
                    でもそんな強くぶっけたわけじゃない。
                    大体、iphone6、もろすぎ。
                    あと俺、落としすぎ。
                    てか俺、だらしなさすぎ。
                    だって時々、酔って携帯なくすかんね。
                    電車ん中に忘れてっちゃう。
                    尤もこの場合、割とすぐ出てくるもんだけど、でもその見つかるまでの間の不安と不便さのストレスと自己嫌悪の重さったら、ハンパない。
                    なんだろ、これ。
                    前世の呪い?それとも病気?人格的欠陥?
                    こりゃあかんなあー…

                    よし、決めた!
                    もうへべれけになってもiphone落とさない!
                    べろべろになってもiphoneなくさない!
                    そんな、落とさない、なくさないiphoneを持つべきだ!
                    そんな仕組み作りを考えるべきだ!

                    という結論に至った次第でして。
                    こんなものを使ってみましたよ。


                    20150823 08


                    「Deff ディーフ マルチファンクション デザインケース ネックストラップ iPhone6 ブラック DCS-MI6PLSBK」

                    Amazon.co.jp: Deff ディーフ マルチファンクション デザインケース & ネックストラップ iPhone6 ブラック DCS-MI6PLSBK: 家電・カメラ
                    アマゾヌでもお取り扱いアリ。


                    …って名前長ぇな!
                    要するに、あれだ、
                    アルミニウムバンパーで有名なDeffさんの、
                    首からぶらさげられるネックストラップ付きのケースですね。
                    色々見たけれど、こいつが使い勝手も良さそうだし、見てくれも辛うじて許される(と思うことにする)。
                    よし、
                    こいつを早速、ご注文。
                    ついでに、フルカバーの強化ガラスフィルムも一緒に、ポチリ。


                    「PATCHWORKS ITG Edge for iPhone 6」

                    Amazon.co.jp: PATCHWORKS ITG Edge for iPhone 6 【特許技術により誕生したフルカバーガラスフィルム】 (iPhone 6, White): 家電・カメラ
                    幾つか比較サイトで見てみたけど、こいつがなんかよさげっぽい


                    さあ。
                    これでもう、準備万全。
                    落とすこと、なくすことは、二度とあるまい。
                    さよなら、昨日までのあたし。
                    もうそんな自分からは卒業よ。


                    20150823 07


                    ということで、早速実験してみましたよ。
                    今回の実験は、「喜多屋」さんの飲み比べ試飲会。
                    日本酒。相手にとって不足なし!


                    20150823 06


                    都内で、大好きな日本酒が(実質)飲み放題。
                    コイツの晴れ舞台には相応しい、うってつけの実験会場。
                    相手にとって不足なし。
                    思わず武者震い。
                    こりゃあなくすでェ、記憶をよう、
                    やもすればなくすでェ、携帯もよう。(いやいや)


                    20150823 05


                    きました。
                    きちゃいました。
                    のっけから、本気の純米大吟醸。
                    するりと通る、なめらかさ。
                    美味い。そりゃあ美味い。
                    美味くて、そりゃあお酒が止まらない。


                    20150823 04


                    夏酒。
                    キレを強調した、淡麗のすっきり。
                    こういう暑い日には、たまらない。
                    ついついお酒が進んじゃう。


                    20150823 03


                    特純。
                    いやーん山田大好きー!
                    ジューシーな酸味大好き!
                    当然、お酒が止まらない。

                    そんなわけで、終わった頃にはすっかりへべれけ。
                    二次会なんか、記憶全くないからねもう。


                    20150823 01


                    いや俺行ってないから、魚民なんて。
                    え、行った?
                    そこでも日本酒何杯か飲んでた?
                    うっそー、にわかに信じられない。

                    で、
                    当然こうなりますわな。


                    20150823 09


                    ダメーっ、起きてー黒崎―!
                    ここはもう貴方が住む世界じゃないわー!

                    「ZZZZZZ….」(※1)

                    そして気がついてみれば、
                    あれ、ここ…どの異世界…?
                    東京を、去って…
                    さって…
                    え、

                    「幸手」!?


                    20150823 02


                    はっと凍り付く全俺連合。
                    待て、ちょっと待て!
                    落ち着け俺よ。
                    追いついて、まずは指さし確認をするのだ俺よ。

                    カバン、あるある、ヨシッ!
                    財布、あるある、ヨシッ!
                    定期、あるある、ヨシッ!

                    iPhone…







                    「あるある!」
                    「ヨシッ!」


                    実 験 大 成 功 !!


                    さあ、
                    あとは駅前で東横インか漫喫でも探して泊まるだけだな。
                    (勿論iPhoneでグーグルマップ立ち上げつつ)
                    ありがとう、
                    Deffネックストラップ。

                    そんなわけで、性懲りもなくすぐ携帯なくすようなうっかり呑兵衛おばかさん達には、
                    これ、声を大にオススメですね☆(実験済み)



                    ※1:これはこないだ上野で飲んだとき、同じ帰る方向の友人に撮られたものらしいです。
                    てか起こしてよ!取手まで寝過ごしちゃったよ!
                    …え、起こした?マジで!?…すんません。
                    (このときも勿論、iphoneはなくさずぶら下がってました)

                    ■ほんとにあった怖い話

                    0
                      前にも書きましたけど、
                      iphoneのタッチパネルがおかしくなった。


                      キリンづくし、取手づくし 〜キリンハートランド、一番搾り取手づくり、(+コンチャ・イ・トロ サンライズ) | フリーライター黒崎正刀の、飲んだくれ手記
                      まだ実は修理に出してないという…


                      で、その後。
                      あれからしばらく経ってるんですが、実をいうと未だたまーに、iphoneのタッチが効かなくなったりする。
                      まだ完治してない。
                      しかもたまにへんなとこ勝手にタッチする時すら、ある。
                      何これ。

                      そんな、夏の夜の、本当にあった怖い話を。


                      20150708 01


                      そんなわけでアタシもね、困ったなー、参ったなーって思っていたんですけど、
                      ところが事態はそれではおさまらなかったんだな。

                      あれは、イヤーっに蒸し暑くて寝苦しい、梅雨の間の夜のこと。
                      また勝手にね、
                      アタシのiphoneが動き出した。
                      でも相変わらず、タッチパネルは効きもしない。
                      にも関わらず、iphoneがね、
                      今度は勝手に画面をタッチしてアプリを立ち上げ始めるんだ。
                      アタシ驚いちゃって。
                      やだなあ、怖いなあ、怖いなあ、気味が悪いなあー。
                      やがてiphoneは、電話帳を開き出した。
                      アタシ思った、
                      おかしい、どーもおかしい。

                      そしてそのとき!

                      そんな大して仲良くもないけど登録だけしてる、縁遠い友達の番号を勝手にタッチしたんだ!
                      アタシね、もうビクーってなっちゃって。
                      いるんだよ、電話の向こうに確かに。
                      でね、低い声で聞こえてきたんだ、

                      「もしもし…………」

                      アタシもう怖くなって、祈った、
                      何話していいかわかんないからやめてくれーって、
                      なんまいだぶ、なんまいだぶって。

                      そしたらね、
                      祈りがきいたのか急にタッチが効き始めた。
                      もうアタシ、夢中でタッチした。夢中で切った。
                      そのとき、アタシ、ハっ!て気がついちゃった。
                      わかっちゃった。

                      これ、

                      ……無言電話になっちゃったんだって…。



                      20150708 02


                      夏野菜の天ぷらで長喜楽を飲みながら、こないだ起きたことを書いてみる梅雨の夜。

                      追伸:iphoneは、明日修理に出されることになりました…。
                       



                      << 2/3 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • ひとり屋(南柏) 〜昭和歌謡の情緒にひたってノスタルオヤジーに極上レバーをいただく
                        三上 比沙子
                      • ■おいおまいら!この夏は「枝豆ペペロンチーノでビール」が最強ですよ
                        青いU
                      • ■おいおまいら!この夏は「枝豆ペペロンチーノでビール」が最強ですよ
                        のぶ
                      • 【やってみた】すき家でちょい飲み
                        はなちゃん
                      • 爺爺(柏)〜接客最悪!これだったら二丁目酒場いくわ!
                        クソ爺爺
                      • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
                        山口
                      • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
                        黒崎正刀
                      • ■大衆酒蔵 日本海 柏西口店(柏)(9) 〜日本海で日本酒飲みが意外とアリな件
                        山口
                      • ■年始のご挨拶 2016
                        葉っぱ
                      • ■?(門前仲町) 〜リーズナブルで居心地よし、出来れば教えたくない隠れてないけど隠れ家的上質燻製バル
                        オジサン

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode